健康

2017/07/18

ほくろが増える原因は? ほくろの多い人と少ない人では何が違うか

ほくろが増える原因は? ほくろの多い人と少ない人では何が違うか

ふとした時に気になってしまうのがほくろです。思いもよらぬ場所にできていたり、以前にはなかった場所にできていたりと、不思議です。ほくろはなぜできるのでしょうか? そして、なぜほくろの多い人と少ない人がいるのでしょうか。

30代男性からの相談:「ほくろが増えるのはなぜ? ほくろの多い人と少ない人の違いは?」

昔と比べるとほくろが増えてきました。何か月か前には見なかったような気がする場所に新しいほくろができていたりして、ついつい数えてしまいます。
ほくろが増える原因は何なのでしょうか? ほくろががんになるんじゃないかと不安です。それから、どうしてほくろが多い人と少ない人がいるんでしょうか。遺伝子かなんかで決まっているんでしょうか。

似た記事もチェックしてみましょう

>>頭皮にできものができる7つの原因と対処法・予防法とは?

ほくろはなぜできるのか

ほくろができる原因について専門家にお聞きしました。

ほくろは、生まれつき持ったものです。先天性に原因があり、体のDNAが刷り込まれもともとほくろができやすい仕組みになっています。(医師)
ほくろは、医学的には、色素細胞母班・色素性母班・母班細胞班など呼ばれるものがあります。皮膚の皮膚表面にメラサイトが定着して出来た単純性黒子や、皮膚層にメラサイトが増殖して出来た色素性母班などがあります。(医師)
単純性黒子は増殖しない限り良性です。年を取って現れるものに老人性色素班は、長い間紫外線にあたりすぎる原因です。紫外線の刺激でメラノサイトが皮膚に定着してほくろやそばかす・シミになります。(医師)
紫外線の他に、ほくろの原因には、ストレスやホルモンバランス・生活習慣の乱れも関与しています。ほくろは基本良性です。細胞の変異が起こると危険なほくろへと変化します。(医師)
ほくろというのは、メラノサイトやメラニンが一部の皮膚に集中したためにできたモノです。これは、紫外線の刺激によって起こったり刺激を受けることによって肌を守るためにできてしまったりします。(看護師)
その他、寝不足やストレス、日常生活が乱れていることによってもできます。ほくろが多い人と少ない人の違いは、紫外線の浴びる量やストレスが多いかどうか、食生活が乱れているかどうかです。(看護師)
この他のほくろが増える原因としては、皮膚ガンです。ほくろは、紫外線対策や保湿をすることで予防することができます。(看護師)
ほくろをそのままにしておいても問題がないのか、病気で治療が必要なのかは詳しく検査をしてみなくてはわかりません。ですが、病気であればほくろの大きさが変化してくるので見ていればわかることもあります。気になるようであれば、検査をしてもらいましょう。(看護師)

ほくろは生活習慣によって増えてしまうといいます。基本的には健康に害はないものの、不自然な広がりをしたりしている場合は皮膚がんの可能性もあるため注意が必要です。ほくろを増やしたくなければ、規則正しい生活とバランスのいい栄養素を摂取することが望まれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加