薄毛

2015/01/23

若ハゲは遺伝が原因であきらめるしかないのか?

若ハゲは遺伝が原因であきらめるしかないのか?

若いころから薄毛の不安を抱えているという男性から、若はげの原因は遺伝なのか、手の施しようはないのかという相談です。何か良い解決策があるのでしょうか。

30代男性からの相談:「若はげの原因はなにか」

若いころから髪が薄く、いかにもハゲそうな髪質でした。案の定、生え際を中心に髪の毛が薄くなりました。若はげは遺伝が原因なのでしょうか?遺伝が原因でもう解決のしようがないものなのでしょうか。

AGAでも薬に頼る前に食事の改善から。

男性ホルモンに関連した薄毛の原因であるAGA(男性型脱毛症)、遺伝的要素が強いとのことですが、あきらめるしかないというわけではありません。お薬を使う前に、食事を含む生活習慣を見直すことで、薄毛の改善や進行予防につながります。

いわゆるAGAと呼ばれるもので、母方からの遺伝と言われていますが100%遺伝する訳ではありません。男性ホルモンであるテストステロンが酵素によってジヒドロテストステロンに換えられ、それが髪の成長サイクルを乱してしまうため、髪が太く長くなる前に抜けてしまうのです。(看護師)
治療に使われる代表的なお薬はプロベシアで、ジヒドロテストステロンの生成を阻害するものです。お薬に頼らずとも生活習慣を改善することで、薄毛の改善や進行を予防することができると言われています。(看護師)
できるだけ規則的な生活を心がけ、バランスのとれた食事をとるようにしましょう。髪によいと言われるミネラルを含む海藻類、髪の栄養分になる蛋白質を含む大豆製品、卵、それらの働きを助けるビタミンを含む、緑黄色野菜や果物などを摂るようにしてください。(看護師)
夜遅い時間の食事や、高脂肪のもの、ファーストフードやインスタント食品、レトルト食品などは、血液をどろどろにし、頭皮の血行も悪くなりますから、避けるようにしてください。(看護師)

頭皮ケアやストレス対策も有効。

洗髪方法の見直しをはじめ、休息や運動、ストレス対策など、頭皮や髪のために行なえることはいろいろあります。

頭皮のケアとして、髪に優しい、アミノ酸系、天然素材、ノンアルコールのシャンプーをお勧めします。お湯で髪のよごれはほとんど落ちますから、充分にお湯で流し、シャンプーは手で泡立て、頭皮をマッサージするように優しく洗います。リンスやトリートメントは髪につけます。(看護師)
シャンプーや水分が残っていると、毛根に雑菌が繁殖しやすく、フケ、かゆみ、抜け毛の原因になります。シャンプーのあとは充分すぎるほどすすぎ、洗髪後はドライヤーでよく乾かしてください。(看護師)
ストレスが溜まると頭皮の皮脂の分泌が活発になりますし、髪を作るのに必要な成長ホルモンの分泌が低下します。運動や趣味などによりストレスを解消することが大切です。(看護師)
夜寝ている間に髪を作り出す成長ホルモンが分泌されます。休息が不十分であれば成長ホルモンの分泌も低下し、髪の成長サイクルが乱れます。(看護師)
運動により全身の血行が良くなり、頭皮と毛母細胞へ栄養が届きやすくなります。(看護師)

遺伝による若ハゲといっても、状況は思っているほど絶望的ではないようです。生活習慣の改善と頭皮ケアで、ある程度の改善や進行予防を期待できます。悲観的にならず、ひとつずつ意識してみてはいかがでしょうか。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加