健康

2015/01/21

前立腺肥大の治療方法。手術しなくても治せる?

前立腺肥大の治療方法。手術しなくても治せる?

前立腺肥大といえば高齢者に多い病気ですが、30代で前立腺肥大と診断され、レーザー手術を薦められたという相談者。薬だけで治療している人もいると聞き、疑問をもったとのこと。薬と手術の違いはいったい何なのでしょう。

30代男性からの相談:「前立腺肥大の治療について」

頻繁にトイレに行きたくなるもののおしっこの出は悪いため、検査をしたところ、前立腺肥大と診断されました。レーザーでの手術を薦められたのですが「手術をしなくても効果がある薬を処方してもらった人もいる」と友人から聞きました。具体的にはどのようなものなのでしょうか?また、専門のクリニックなどあるのでしょうか?

薬の開発によって手術をしないでよいケースも。専門外来で相談を。

薬は尿の通りをよくしてくれるものですが、年とともに効果が得にくくなるなど、人によって効果はさまざまのようです。前立腺肥大の専門外来も増えているので受診してみては、との意見が寄せられました。

前立腺肥大が尿の通過障害を引き起こす理由として、2つのメカニズムが考えられます。ひとつは前立腺の平滑筋に対する交感神経の緊張が亢進して前立腺が収縮し、尿道を圧迫して起きるものです。もうひとつは、大きくなった前立腺が尿道を圧迫し、通りを悪くすることによって起こるものです。(看護師)
薬は前立腺平滑筋にある交感神経の受容体を遮断することにより、前立腺の平滑筋を緩め、尿が通りやすくします。また、前立腺を小さくして、前立腺肥大による尿道の物理的な圧迫を軽減します。薬物治療を行っても十分な改善が見られない場合は手術治療を薦められます。(看護師)
専門のクリニックについてですが、泌尿器科の中に前立腺センターなどの機能をもった病院もあるようです。前立腺肥大と診断した医師にお聞きになってはいかがでしょうか。(看護師)
前立腺肥大症は主に泌尿器科を受診しますが、最近では薬の開発が進み、手術をしなくても改善する場合もあるようです。もっとも年齢を重ねると薬の効果が半減してくることもあるようです。前立腺専門の泌尿器科も増えているので一度インターネットで調べてみるとよいと思いますよ。(看護師)

薬か手術かはその人の状態によって違うようです。担当医に手術を薦められたら、セカンドオピニオンとして専門外来で相談してみてもよいかもしれませんね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加