健康

2017/07/06

目が充血しやすいのは目の病気ですか?

目が充血しやすいのは目の病気ですか?

目が充血しやすくて困っていませんか? 真っ赤の目のまま人前に出るのも気が引けてしまうでしょう。今回は、目が充血する原因とその対処法についてご紹介します。

40代男性からの相談:「目が充血することが多いです。眼科を受診した方がいい?」

最近、「目が充血しているよ」とよく人から言われます。決して前日に飲みすぎたり、夜更かしをしてたりしたわけではなく、普通に生活をしていたのですが、頻繁に充血を指摘されるのです。
冬の時期だから乾燥しているせいもあるのだろうと思い、ドラッグストアで充血をとる目薬を買ってきて使用してみました。しかし、その時は充血がとれ、きれいな白目になるのですが、数時間するとまた元のように充血しています。おまけに一日に何度も目薬を使用すると、今度はさらに充血がひどくなることもあり、困っています。
一度眼科を受診した方がよいのでしょうか?

似た質問もチェックしてみましょう

>>目の疲れを取るための工夫でデスクワークを効率的に

目が充血しやすい原因と対処法

目が充血しやすいのは何が原因なのでしょうか。専門家にお聞きしました。

まず充血とは、目の細い血管が膨らみ浮き出てくる事によって、白い部分が赤く見える状態です。充血には、結膜充血と毛様充血があります。結膜充血は白目の周囲外側が赤くなっている状態と、瞼の裏側も赤く充血している状態です。(医師)
なぜ充血するのかですが、目が疲れたり、乾燥したり、コンタクトを長時間使用したり、目を酷使したりすると起こります。毛様充血は黒目の周りが充血が酷い状態です。瞼の裏側は充血しません。この現象は角膜や強膜、ブドウ膜などの炎症によって起こります。眼薬はいろいろとありますので、合ったものを使用してください。どちらにせよ、一度眼科に受診して目の健康状態を知ることが大切です。(医師)
目の充血には様々な原因があります。多いのは、結膜炎です。結膜炎は、疲れや寝不足などでも起こりますが、花粉やハウスダストなどのアレルギー症状の一つとしても起こります。また、乾燥による目の乾きでも起こります。(看護師)
ドラッグストアの目薬を使うと目が楽になったり、充血が取れたりするのであれば、対症療法として用いるという面では有効でしょう。(看護師)
しかし、充血する原因が分からずにいると、充血を繰り返したり、ますますひどくなる可能性もあります。また、充血の原因がほかの眼の病気(流行り目やものもらいなど)の場合には、早めに治療をした方が良いこともあります。(看護師)
相談者様のように、市販の目薬での効果があまり無い、もしくは症状がひどくなるという場合には、眼科を受診して充血の原因を特定して治療することをお勧めします。(看護師)

目の異常は気づきやすいものです。だからこそ、異常が出た場合には適切な処置が必要になってきます。自分なりに思い当たる原因があったとしても、その判断が正しいかどうかは医師に委ねるといいでしょう。目の異常を解消するには、正確な原因の把握が不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加