健康

2017/07/04

アモバンの副作用で口が苦い! 解消法や代わりの薬はある?

アモバンの副作用で口が苦い! 解消法や代わりの薬はある?

眠りを助けるアモバンという薬には、口が苦くなるという副作用があります。副作用に悩んでいる相談者さんからは、その解消法が知りたいというご質問を頂きました。アモバンの副作用にどう対処すればいいのでしょうか。

40代男性からの相談:「アモバンで出る口の中の苦味はどう解消すればいい?」

このところ眠りの途中で目が覚めてしまうことが多く、医師から睡眠薬を処方してもらいました。
最初に処方されたのはベルソムラでしたが、あまり効果が感じられませんでした。そのため医師に相談したところ、今度はアモバンを処方してくれました。アモバンを服用したところ翌朝まで目覚めることなく、久しぶりに熟睡でき嬉しく思いました。
しかし一つ気になるのは、アモバンを服用すると口の中が苦くなってしまうことです。この苦味は歯を磨いたり飴をなめたりしても、消えることがなく困っています。もし何か良い対策方法があれば教えていただきたいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>血圧を下げる薬「降圧剤」の副作用について

アモバンの副作用への対処法

アモバンで起こる口の苦味にはどのような対処法があるでしょうか。薬剤師の方にお聞きしました。

アモバンを飲むと口の中が苦くなるというのは、よくお聞きしますね。これは、体に吸収されたアモバンの成分が、唾液から分泌されて苦味を感じます。そのため、飲んだ次の日の日中まで苦味を感じてしまう場合もあります。そのため、口直しにガムをかんだり、飴をなめたりすると唾液量が増えて、さらに苦味が強くなることもあります。(薬剤師)
アモバンは飲んだ時だけでなく翌日まで苦みが残ってしまうのは、薬の中の苦み成分が、身体に吸収されたあと再び唾液から分泌されてしまうからです。(薬剤師)
苦みの感じ方には個人差があるようで、苦みを感じない人も中にはいらっしゃいますが、耐え難いという方もいらっしゃいます。残念ながら、この苦みを消す方法はありません。ガムや飴で紛らわそうとすると、かえって唾液が分泌され、苦みが悪化してしまうことがあります。(薬剤師)
この苦味の対処法としては、基本、我慢できる程度の苦味であれば我慢するか、他の薬へ変更するかしかありません。薬の効果が見られるようであれば、減量してみるのもひとつの方法です。減量により唾液からの成分の分泌量も減るため、苦味が軽減する可能性があります。(薬剤師)
しばらく様子をみて、苦みに慣れない、耐えられないようでしたら、アモバンに類似の薬で苦みを改良した睡眠薬(ルネスタ)もありますので、医師に相談してみてください。こちらも全く苦みを感じないわけではないので、よく主治医と相談しながら薬を使用してください。(薬剤師)
他の薬への変更の場合は、ルネスタという薬に変えてみる方法があります。ルネスタとは、アモバンを改良した薬で、アモバンの有効成分のみを取り出したものです。アモバンよりも少ない投与量で効果がみられるため、唾液から分泌される苦味成分の量も少なくなり、苦味が軽減されると考えられます。アモバン服用で、耐え難い苦味である場合は、医師に相談し、薬の変更などを考慮されるとよいでしょう。(薬剤師)

アモバンの副作用である口の苦味には個人差があるようです。耐えられないほどの苦味であれば、医師に相談して薬を変えてもらうなどの対処を取ってもらうといいでしょう。苦味という比較的深刻度が低そうな状態でも副作用は副作用です。きちんと医師に報告するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加