プロテインでハゲるというのは本当か? 噂を検証

  • 作成日:2017.06.21
  • 更新日:2017.08.09
薄毛

「プロテインでハゲる」という噂を聞いたことはありませんか? その噂ははたして本当なのでしょうか? その真偽について検証していきます。プロテインと薄毛の関係性について正しい知識をご紹介します。

スポンサーリンク

「プロテインでハゲる」のは真実か?

37467_1

プロテインではハゲることはないというのが結論

プロテインは髪の毛の成分であるたんぱく質です。

必要な栄養を摂ったのにハゲてしまうということがあるのでしょうか。結論から言うと、栄養分を摂取してそれが原因でハゲるということは医学的には考えにくいといえます。

では、なぜプロテインでハゲという噂が生まれたのでしょうか。

心理的な理由によってプロテインが悪者扱いに

人は、納得の行かない現象が起こると、原因を見つけて納得しようとします。それが、受け入れがたい状態だったらなおさらです。

ハゲたくないという男性は多いです。年齢で髪が抜けていくのは加齢とホルモンの変化、遺伝的要因であるのに「何かのせいにしたい」という気持ちが強く働きます。

「年齢のせいじゃない、年なんか取っていない。遺伝のせいじゃない、プロテインを止めたらきっと生えてくる」と。「そういえば、プロテインを取り始めたからかも…」と思いたいのです。

何かのせいにすることで納得いかない気持ちが落ち着くのかもしれません。プロテインを摂取している間も年齢は重ねています。その間男性ホルモンに変化があるのに、プロテインを悪者にしたいのです。

プロテインでハゲるという噂は、そうした心理的なものからも生まれているのかもしれません。

プロテインでハゲるという噂はどこからやってきた? 2つの可能性

それでも、実際にプロテイン摂取後から脱毛を自覚する方が一部いらっしゃいます。原因となっているのはどのような事でしょうか。

1、アレルギーによるもの

すべての蛋白源はアレルゲンとなりうるのです。動物の毛・フルーツ・ハウスダストでさえ、核となる蛋白源がアレルゲンとなりえます。たんぱく質を含まないものはアレルゲンとはなりえません。

プロテインに含まれる蛋白源は、乳製品や大豆製品など様々です。落花生の成分が含まれている事もあります。それらが体質に合わずアレルゲンとなり、皮膚炎を起こした結果、脱毛が起こるということがあります。

ただし、アレルギー物質は血液にのって運ばれるので、アレルギー反応を起こすとしたら、「頭皮だけ症状が出る」ということは無いですね。飲むことによっておこるアレルギーで頭皮に炎症を起こすのなら顔や首、お腹や胸など他の体の部位に左右対称に起こるはずです。

この場合、可逆性の変化なので、蛋白源であるプロテインの摂取を中止すれば脱毛は改善されていくでしょう。

アレルギーを起こすかどうかは体質であり、完全にアレルギーが無くなることはありません。また、どの蛋白源が合わないのかは血液検査をしない限り事前に知ることはできないのです。

もともとアレルギー体質がある方は、プロテインの摂取をせず、食事からたんぱく質をとることをお勧めします。

特に乳製品、大豆製品にアレルギーのある方はプロテインは禁忌ですね。

2、ダイエットによるもの

プロテインを飲む方は体型を気にして食事のカロリー制限をしたり、筋トレなどの運動をしている方が多いですね。

ダイエットによる極端なカロリー制限は、抜け毛の原因になります。毛髪部分は比較的細胞分裂が盛んで未分化の細胞が多いので栄養不足で脱毛になりうるのです。

ハードな筋トレをしすぎると、筋肉を修復するためにエネルギーが使われて髪に栄養が行かなくなることがあります。ただ、いずれも遺伝的にハゲる家系でなければ薄くなることは無いでしょう。

ポイント

  • プロテインでハゲることはない。感情的にプロテインはハゲの原因にされている
  • たんぱく質のアレルギーや過剰なダイエットが原因でハゲることはある

プロテインには抜け毛を減らす効果がある!

37467_2

プロテインと髪の関係について

毛髪の成分は約8割がケラチンという硬いたんぱく質です。ダイエットで髪が抜ける人がいるのはたんぱく質不足が原因です。

日本人の食生活では炭水化物が多く、たんぱく質が少なめであることが多いのです。

働く男性の皆さんは、お昼にうどんやラーメンを食べる機会が多くないですか? 一日のたんぱく質量は50gが必要といわれていますが、その半分も摂れていないのが現実です。

プロテインの摂取はたんぱく質を補い、抜け毛予防に役立ちます。もちろん、普段の食生活もバランスよくとることが大事です。

ポイント

  • プロテインはたんぱく質を豊富に含む。そして、髪は大半がたんぱく質でできている。

プロテインを飲む時の注意点

37467_3

プロテインを飲むタイミング

いつ摂ってもきちんと吸収はされます。

ただ、よりよい効果を狙うのであれば、運動をしている方は運動後。栄養の吸収を良くしたい場合は夜ですね。

プロテインを飲む量

プロテインも取りすぎるとカロリーオーバーになります。

プロテイン自体に加え、牛乳で溶かす場合にはそのカロリーも入るからです。たんぱく質をたくさん摂ればいいと思って、用法容量を守らずに摂りすぎる事は注意が必要です。肥満の原因にもなりかねません。

経済的・身体的負担を考えよう

抜け毛予防に効果を期待してプロテインを飲むのも良いのです。

しかし、それを一生飲み続けることが出来るのでしょうか。経済的にも負担なうえに、肝臓にも多少なりとも負担はかけるでしょう。栄養の補給はやはり、一番は食事からとる事だと考えます。

油の多い炭水化物が多くてたんぱく質やミネラルが不足していないか食生活を振り返る。健康な体があってこその見た目ではないでしょうか。これを機会にご自分の食生活を見直してはいかがですか?

ポイント

  • プロテインは運動後・夜に飲むといい
  • プロテインでカロリーを摂りすぎないように
  • プロテインもいいが、バランスのいい食事を

まとめ

37467_4

プロテインでハゲるという噂は、あくまで噂にすぎませんでした。

しかし、その噂のもとになった事実には、プロテインに関連する事柄が薄毛に繋がっていました。プロテインと薄毛の関係を正しく理解して、薄毛対策をしっかり行っていくことが大切です。

※この記事は、看護師の資格を保有している方によって執筆されました。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。