腎臓が弱ると体臭はアンモニア臭くなる?

  • 作成日:2017.06.23
  • 更新日:2017.06.19
体臭

施設に入所している高齢者のご親族の身体からアンモニア臭がするという相談者さん。腎臓の働きとアンモニア臭には関連があるのでしょうか。そこには、施設暮らしの高齢者だからこそ起こりえることもありました。

30代男性からの相談:「腎機能が衰えるとアンモニア臭がするのでしょうか?」

施設に入所している祖母がいます。施設の職員さんから腎臓の機能が低下していることを告げられました。
最近、そういえば祖母の近くに立っていると、失禁をしていないのにアンモニア臭に近いような、酸っぱい臭いがします。これは腎臓の機能が低下していることと関連性があるのでしょうか。
亡くなった父に足の裏をマッサージしてあげたら、私の手になんとも例えようのない臭いがついてとれませんでした。この時、父は腎機能が低下していました。

関連する記事もチェックしてみましょう

>>身体からおしっこの臭いがする! 疲労臭の改善方法とは?

身体からアンモニア臭がする原因は腎臓かそれとも…

身体からアンモニア臭がする原因について専門家にお聞きしました。

身体や頭、口臭などからアンモニア臭がする場合、腎機能や肝機能が低下していることが原因と考えられます。腎臓は尿を作り出す器官で、食物の消化吸収で排出された不要物を体外へ出す重要な機能を司っています。(看護師)
特に、タンパク質をエネルギーへ変換する際に出る物質にはアンモニアの一種が含まれており、身体に有毒です。それらの物質も尿として排出するのですが、腎機能が低下すると血液中にこの物質が停滞し、汗や呼気として発散されます。(看護師)
そのため、酸っぱいようなツンとする体臭が感じられるのです。内臓系の病気や老衰で亡くなる方は、全体的に内臓の機能低下がみられます。そのため、特有の体臭がすることがあります。(看護師)
また、塩分過多による濃い味のものをたくさん食べると一時的に腎臓に負担がかかり、尿による代謝機能が低下してアンモニア臭がすることもあります。(看護師)

一方で、高齢者介護という観点に立つと違った体臭の原因も見えてきました。

腎機能の低下とアンモニア臭はあまり関係がありません。尿臭がしてしまうのは、失禁が多いためだと思います。常に尿失禁がある状態だと常に尿に汚染されている状態になってしまうので、尿臭が染み付いて残ってしまいます。特に施設の場合は、保清の内容にも差があります。(看護師)
毎日陰部を洗浄してくれている所もあれば、しない場所もあります。また、着替えの頻度によっても変わります。着替えの頻度が毎日でなかったりするので、尿臭が残ります。(看護師)
気になるようでしたら、毎日着替えをしてくださいと伝えてみてください。また、ご家族が気づいたことをスタッフに伝えないと放置されることもあるので、遠慮しないで言う事をお勧めします。(看護師)

身体からアンモニア臭がする時には腎臓や肝臓の機能低下も考えられますが、高齢者ならではの生活環境による要因も考えられそうです、ご本人のためにも、施設の方としっかりとコミュニケーションをとることで防げるという可能性もありますので、確認してみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。