副鼻腔炎が再発しないようにするには? 再発したらどんな治療を受けるのか

  • 作成日:2017.06.23
  • 更新日:2017.06.19
健康

痛みを伴う副鼻腔炎。何度も繰り返す可能性もあり、苦しんでいる人もいます。副鼻腔炎を再発させないためには、どのようなことが必要なのでしょうか。

50代男性からの相談:「副鼻腔炎の手術とはどのようなものでしょうか」

1年ほど前に歯の痛みを感じて歯科で診てもらった時に歯には異常がなく、もしかしたら副鼻腔炎ではないかとアドバイスをもらい、耳鼻咽喉科で検査してもらったところ、かなり症状の重い副鼻腔炎でした。
その時は3ヵ月間抗菌剤を色々と変えながら服用して一応完治したのですが、最悪の場合は粘膜を取り除くような手術が必要になると言われていました。
そこで質問ですが、再発するようなことがないように気をつけた方がよいことはありますか? もし再発して手術が必要になった場合、どのような治療を行うのでしょうか。また苦痛や痛みは伴う手術なのか教えて頂きたいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>副鼻腔炎って治るの?

副鼻腔炎の再発を防ぐためにすべきことは?

副鼻腔炎が再発しないようにどのようなことが予防につながるのでしょうか。また、再発してしまった場合、どのような治療を受けることになるのでしょうか。専門家にお聞きしました。

副鼻腔炎とは、顔の空洞になっている額や頬骨の中で炎症が起きることでなります。この原因が鼻から膿(青っ鼻)がでてこないことが大半になります。しっかりと、鼻づまりを予防して鼻水を取ることで、ほとんどの場合は副鼻腔炎にならずにすみますが、一度副鼻腔炎になっている方は、ならない方に比べてなりやすい構造にあると考えられます。(看護師)
しっかりと鼻水が出せるように水分をとること、鼻をかむこと、鼻づまりがあれば解消することが基本的な予防になります。もし、再発して手術が必要な場合は、鼻の構造に異常があれば鼻をまっすぐにする手術と、額や頬にある空洞に鼻から針のようなものをいれて、膿が出やすいように穴を広げる手術になります。(看護師)
薬などを行って、何度も繰り返したり治りが良くない場合には手術を行います。手術をすることによって、鼻の中を綺麗にして鼻の状態を良くします。多くの場合には10日くらいは入院をすることが多いですが、状態次第では日帰りで受けることもできます。(看護師)
手術をすることによって、鼻の中を触ると出血しやすくなっているので注意が必要です。人によっては、酷い痛みがあることもあります。(看護師)
このような手術の場合は痛みが伴うことが多いですが、個人差が大きくでる傾向にあります。しかし、痛みに関しては、病院で様々な痛み止めを使用することが出来るため、深刻に考える必要はありません。(看護師)
また、鼻の中を綺麗にしてもらったから二度とならないということはありません。残念ながら、何らかのアレルギーなど、刺激によって再発してしまう可能性はあります。ですが、再発してもまたすぐに手術をしなくてはいけない、ということはありません。(看護師)

副鼻腔炎は再発する恐れのある病気です。鼻の中をきれいにするように努めたりすることで、再発予防にはなるかもしれません。しかし、一度副鼻腔炎になると、再発しやすい体質である可能性もあります。その際には、医師の指示に従って治療を進めていきましょう。

【9月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
圧倒的なコスパ!15円でオメガプラスを摂取!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!