健康

2017/06/21

若さを保つために気をつけることは? ほうれい線はどう消せばいい?

若さを保つために気をつけることは? ほうれい線はどう消せばいい?

年齢を重ねてくると、どうしても見た目が気になってしまうもの。若さを保つためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。また、ほうれい線を消すにはどうすればいいのでしょうか。

40代男性からの相談:「若さを保つために体の内側からできることはありますか?」

46歳という歳のせいか、体は運動やスポーツ、筋トレなどで何とか維持をしていますが、最近顔のほうれい線が目立つようになって老けて見えるようになりました。
自分で色々サイトなどで調べてベロ回し運動や頬骨を斜め上に引っ張る運動、口をつぼめたり頬っぺたを膨らませたり色々なことを2ヵ月くらい続けていますが全然改善されません。年齢には逆らえないですができれば彼女のためにも若い容姿でいたいです。
何か秘策みたいなのがありましたら教えていただきたいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>いつまでもたるみのないお腹でいたい! 引き締まった身体を維持する方法は?

若さを保つために…今日からできることはなにか?

加齢はある程度は抗うことのできないものです。しかし、工夫次第によっては身体を健康に若く保つこともできるかもしれません。専門家にお聞きしました。

お顔などの見た目の若さを保つ方法について、運動に関しては十分にされているようですので、それ以外でご紹介したいと思います。まず、体型が痩せすぎていると顔の筋肉の張り感がなくなり、シワが目立ち老けて見えることがあります。太りすぎは良くないですが、標準的な体型を維持するのが良いでしょう。(看護師)
次に、シミやシワの原因となるのは、紫外線、喫煙、カフェインなどです。これらは、細胞を酸化させて老化現象を進める要因になります。強い紫外線を予防したり、禁煙、コーヒーや栄養ドリンクを飲み過ぎないようにしましょう。(看護師)
そのほかに、砂糖の摂り過ぎ、肉ばかりの食生活も老化を早めてしまいます。また、水分補給は細胞に潤いを与えるためには必要不可欠です。1日に1~2リットルくらいの水分を摂るようにしましょう。(看護師)
ほうれい線は確かに年齢で衰えて来るのは仕方がないかもしれません。ですが、ほうれい線もやり方次第では改善出来る場合があります。肩こりや頭痛がひどい時がありますか? 肩こりがひどいと血流が滞るので顔の筋肉もこり、むくみやほうれい線が出る場合があります。肩回しやストレッチで肩こりをほぐすようにしてみてはどうでしょうか。(看護師)
また、頭の表面を自分でマッサージしたり頭を上に引っ張ったりすることも、ほうれい線が改善される場合があります。舌の運動をする時にも顔を上に向けたり向きを変えながら舌を出すことで、色んな筋肉が刺激されて顔のむくみも改善されて効果的です。(看護師)
年齢を重ねるごとの日々の食生活や生活習慣が皮膚の状態として出やすくなります。栄養バランスを考えて体の中から皮膚の改善を図り、良質な睡眠やストレスをため込まない工夫も大切です。是非、行ってみてください。(看護師)

アンチエイジングには色々な方法があります。自分に合った方法を探し出すことが最初の一歩なのかもしれません。しかし、もっと大切なことは自分自身を受け入れるということ。自分の中に思い描く理想と現実の間の妥協点を見出すことなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加