口臭

2017/06/16

歯を磨いても口が臭いのは病気が原因?

歯を磨いても口が臭いのは病気が原因?

口臭ケアのために歯を磨いているのに口が臭いのはなぜなのでしょうか? 

30代男性からの相談:「歯を磨いていても口が臭いのは、病気だからでしょうか?」

私の悩みは口臭です。毎食後、歯を磨いても臭いのです。自分の口臭が気になり始めたのは2年前のことです。外出中に、友人に「口が臭い」と指摘されました。家を出る前に歯磨きをしてきたのにこれですから、ショックでした。
きちんと口臭ケアをしているつもりだったのに、何がいけないのか自分ではわからなかったのです。それからは外出時にはガムを噛むようにしています。それでも、まだ口臭がするのではないかと不安でたまりません。
きちんと口臭ケアをしているのに臭う場合は、何か病気を疑ったほうがよろしいのでしょうか。教えてください。

似た質問もチェックしてみましょう

>>歯石・虫歯がないのに口臭が…ニオイのもとはどこ?

歯を磨いても口が臭い時に考えられる原因とは?

歯を磨いても口が臭くなる原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか。専門家の回答です。

ほかの人から口臭を指摘されると、誰しもショックを受けるものです。歯みがきをしてから出会ったのに、そう言われればなおさらでしょう。口臭は、原因から「生理的口臭」と「病的口臭」に分けられます。生理的口臭は、朝起きたときや食後の口臭です。寝ている間は、お口を何時間も閉じた状態になります。長い間履いた靴が臭うのと同じ理屈で、暗く温かく湿った環境であるお口の中で細菌が繁殖するため、朝起きた時に口臭がするのです。また、食べたものによっては、口臭を生じます。こうした口臭は、正常なので治療対象とはなってきません。(歯科医)
一方、病的とされる口臭は、そうではありません。治療が必要となる病的口臭の代表格は、歯周病です。歯周病になると歯茎が腫れ、場合によっては膿を溜めてきます。こうして歯周病が原因で口臭が生じます。(歯科医)
歯みがきを頑張っていても、それだけでは歯周病は残念ながら治りません。歯みがきではとりきれない歯石やプラークを、専用の器械を使って取り除く治療が必要です。(歯科医)
きちんと口臭ケアはされているということですが、歯科医院で定期検診などはされていますか? もしかすると、歯周病や大きな虫歯があったりすると、歯磨きをいくら頑張っていても、細菌が繁殖し臭いの原因になってしまうことがあります。また、古い被せ物なども、隙間に汚れが溜まりやすく、臭いの原因となっている可能性があります。(歯科衛生士)
あとは、質問者様もご心配なさっている全身の問題です。消化器系の内臓疾患がある方では口臭を発生させてしまうと言うこともありますし、糖尿病や腎臓病も、病気特有の口臭がすることがあります。もし、かなり口臭を心配されているようでしたら、口臭を得意として取り扱っている歯科医院で、口臭測定などをしてもらい、きちんと口臭の原因を突き止めると安心かもしれません。(歯科衛生士)
それ以外にも、深いむし歯も口臭の原因となりますので、いちど歯科医院を受診して、こうした病気がないかどうかを診てもらってください。もし、そうではない場合は、内科的な病気、たとえば糖尿病や腎臓病などからの口臭の可能性を考慮しなければならないでしょう。(歯科医)

歯を磨いても口が臭くなるのには様々な要因が考えられます。しかし、その原因を独力で見つけ出すのは難しいかもしれません。どうしても気になるようなら、歯科医院や病院を受診してみるのもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加