薄毛を改善する民間療法…卵の殻と焼酎が薄毛にいい?!

  • 作成日:2017.06.15
  • 更新日:2017.06.12
薄毛

薄毛が気になるけど、病院に行く気は起こらない。お金もあまりかけたくない。そんな時に、どんな薄毛対策があるのでしょうか。薄毛を改善する民間療法とは? 専門家の回答です。

30代男性からの相談:「病院に行かずに薄毛を治すにはどうすればいいですか?」

くせ毛がひどく、いつも長時間温風でドライヤーを当ててセットしていましたが、最近つむじ周りから髪が薄くなってきたので、頭皮に優しい冷風で髪をセットするようにしています。
近年では通院して薄毛を治療するという事ができるようですが、私は病気でもないのに病院に行くのには抵抗があります。また、保険適用外なので継続的に治療する場合はお金がかかります。
家庭でできる薄毛対策として、今は育毛剤を使用していますがあまり効果が見られません。周りからは「遺伝だから仕方がないよ。」と言われていますが、まだ諦めきれません。年を重ねるごとに薄毛が加速してきています。
民間療法で薄毛対策がありましたら教えて下さい。

似た質問もチェックしてみましょう

>>頭頂部の薄毛が治らない…どうしたら毛が生えてくる?

薄毛を改善する民間療法とは?

病院に行かずに薄毛を改善するにはどのような方法があるのでしょうか。専門家にお聞きしました。

相談者さんのように、薄毛で悩んでいる人でもすぐに病院に行って治療をしてもらうというのは抵抗がある人も多いです。(看護師)
治療には時間がかかりますし、経済的にも負担はかかります。薄毛になる原因は、遺伝やストレス、食生活や生活習慣などがあります。(看護師)
薄毛にも種類があります。男性に起こる薄毛のほとんどは男性型脱毛性と言う病気です。主につむじ、頭頂部、前頭部の薄毛が特徴です。この薄毛の場合は「M字ハゲ」や「てっぺんハゲ」のように言われるので想像がつきやすいと思います。(看護師)
もう一つは頭皮の血行不良や頭皮の炎症や乾燥などのトラブルによる薄毛です。この場合は特に部位は関係なく頭部全体的に薄くなってくることがあります。(看護師)
前者は男性ホルモンの影響により薄毛になってしまうので、生活習慣の改善など民間療法だけでは改善することは不可能だと考えます。後者であれば体調を整えたり生活習慣を改善することで、頭皮環境を改善できれば薄毛も改善できるでしょう。(看護師)
つむじ部分は男性型脱毛性の可能性もありますが、頭部中でも頭頂部は特に血液の流れが悪くなりやすい場所なので、頭皮トラブルによるものかもしれません。(看護師)
民間療法としては薄毛に効果のある食材など言われていますが、重要なのはそれだけにこだわらず栄養バランスのとれた食事、しっかり睡眠をとること、ストレス発散、運動の習慣などが挙げられます。また、頭皮のマッサージも継続して行うことで血行を促進できると言われているので、自身で頭皮マッサージをすることも有効でしょう。(看護師)
民間療法としては、卵の殻の内側にある薄い膜を洗い乾燥させて、焼酎に入れて1週間くらい置いた育毛剤を頭皮につける、という自分で作った育毛剤などをつける療法があります。(看護師)
その他、黒ゴマやワカメ、海藻とよく知られているモノを多く摂取するなど食事に気をつけたり、米ぬかやアロエを頭皮に塗るのも良いですし、マッサージをするなども効果があると言われています。ただ、どれだけの効果があるのかは個人差があるのではっきりとはわかりません。(看護師)

薄毛を改善するには、頭皮の環境や生活習慣を改善することが大切になってきます。しかし、ホルモンが原因となる男性型脱毛症は、しっかりとした対策を講じなければ薄毛が悪化してしまう可能性があります。きちんとした対策を行えるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。