子供にコレステロールの制限を設けるべきか?

  • 作成日:2017.06.15
  • 更新日:2017.06.12
健康

大人にとってコレステロールは気にすべき数値のひとつですが、子供にとってはどうでしょうか。チーズが好きな親子にとって食べる量を制限する必要があるでしょうか。

30代男性からの相談:「子供もコレステロールが高いと健康によくないのでしょうか?」

自分も4歳児の子供もチーズが好きで、毎日パンにスライスチーズを乗せて食べたり、キャンディーチーズを二人で1日で食べ終わったりするのですが、嫁がチーズはコレステロールが高いので、食べすぎには気を付けてと言われました。
自分は会社で健康診断をしていて、特に問題なしと結果が出たのですが、子供は検診をしていないので、コレステロールが心配です。子供もコレステロールが高いとなにかしらの病気になるのでしょうか? よろしくお願いします。

似た質問もチェックしてみましょう

>>チーズとコレステロールの関係について…チーズ好きは注意!

子供にコレステロール制限をすべきか

子供にとってもコレステロールはよくないものなのでしょうか? 子供に対するコレステロールの摂取制限はすべきなのでしょうか。専門家の回答です。

大人にとってはコレステロールは大敵でも、子供にとってはコレステロールの適度な摂取は成長のためには大切なので、うまく取り入れることが大切です。(看護師)
特に幼児期から学童期にかけては身体の成長も著しく、食事制限などを行う必要は通常はありません。脂質に関しても、少なすぎても正常な発育に支障が出るため、適量を摂る必要があります。(看護師)
しかし、近年では子供の脂質異常、高コレステロールも問題になっています。すぐに重篤な病気に繋がることはなくても、子供の脂質異常は、主に食生活が原因のため、その食習慣がずっと続くことにより、肥満や若年期での高血圧や心筋梗塞などの心疾患、脳卒中や脳梗塞などの脳疾患のリスクを高めます。(看護師)
食習慣は一度身につくと改善するのは難しいです。特に思春期から若年期に食事制限を行うのは本人の負担も増えますし、間違ったやり方をすることもあります。幼児期から規則正しい食生活、バランスの取れた食事メニューを当たり前に習得しておくことは、将来の子供の健康に繋がります。(看護師)
子供は運動をしたり活発に動いているので、高脂血症にならないと思っている人もいるでしょうが、それは間違いです。最近では肥満や運動不足、偏った食事で子供の高脂血症も増えつつあります。(看護師)
肥満でないから大丈夫と言うことではありません。子供も高脂血症で大人と同じように心筋梗塞や脳卒中のリスクは上がります。(看護師)
コレステロールはチーズだけでなく、肉や油にも含まれているので、摂り過ぎは良くはありません。パンにチーズを使用しているのであれば、それ以上にチーズを購入しない方が食べずに済むので良いのではないでしょうか。(看護師)
あとは、適度な運動と食物繊維を含む食材を、おやつや食事に取り入れることは大切です。また、最近では野菜不足からコレステロールが上がりやすい体質になっている子供も増えているようですので、野菜や果物でビタミンや食物繊維をうまく取り入れて、バランスの良い食事を心がけて見てはどうでしょうか。(看護師)
しかし、食べる喜びを知る大切な時期でもあるため、極端に厳しくするのではなく、ある程度は子供の好きなものを食べさせてあげるように大人が管理するのが最善です。(看護師)

子供の食習慣は家庭が作るものです。その食習慣が子供の成長によくない影響を与えてしまうのならば、バランスのいい食事を心がけるべきかもしれません。しかし、食育という言葉もあるように食から学ぶことが多いのも事実です。多くのものを食べるようにしていけばいいのかもしれません。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。