口臭

2015/01/17

リステリンは本当に口臭予防に効果がありますか

リステリンは本当に口臭予防に効果がありますか

身だしなみを整えるのと同様、口臭にも気をつけたいものですが、歯を磨く時間が取れない場合もあるかもしれません。そのような時に、果たしてリステリンなどの洗口剤は効果が期待できるのでしょうか。

30代男性からの質問:「口臭対策にリステリンは使えますか」

口臭を抑えるために、大事な用事の前などは歯を磨いたりガムを噛んだりしています。時間がない場合はリステリンなどが使えるとよりよいと思っているのですが、リステリンで口臭を抑えることは可能ですか。

口臭だけでなく、殺菌効果にも有効

一時的とはいえ、リステリンで口臭を抑えることはできるようです。その他にも、殺菌効果や消炎作用が期待できます。

洗口剤は口臭に効果があるので、歯磨きの後や、歯磨きができない時に使用するといいでしょう。しかしながら歯の疾患には効果がありません。口臭の原因には、歯垢、虫歯、歯石、歯槽膿漏、歯肉炎、舌苔(舌についた白い苔のようなもの)、唾液の分泌低下など口腔内の問題も考えられます。歯の疾患があれば、歯科で治療してください。(看護師)
リステリンは口臭予防の他に殺菌・消炎・腐敗防止効果もあり、一時的であれば抑えることは可能です。時間がある時には、歯磨きの後にリステリンを使用することで歯の表面に残っている細菌を殺菌するなどの相乗効果がありますので、ぜひ試してみて頂ければと思います。(看護師)

他にもある、口臭の予防方法

洗口剤による処置以外にも、日頃から口臭を防ぐような食事や、口腔ケアに気を遣うことができれば、いざという時に困らないかもしれません。

舌苔は、歯磨きの際に舌ブラシでやさしくブラッシングして除去しましょう。歯磨きは歯間ブラシなども使って、歯垢が残らないよう隅々まで磨いてください。唾液の分泌が低下しないように、食事の前に耳の下から顎にかけてをマッサージし、よく噛んで食べるようにしてください。(看護師)
水分補給やガムを噛むなど、口が乾燥しないようにしてください。食事は臭いのきつい物、脂肪分の多いもの、脂身の多い肉やバターを多く使ったパン、洋菓子、チョコレートなどの甘い物は控えめに。野菜や果物、海藻類やキノコ類、大豆製品、乳製品など、バランスのとれた食事で腸内環境を整えてください。リンゴやパイナップルは天然の歯磨きともいわれていますし、レモンは口をさっぱりさせ、唾液の分泌も促します。(看護師)
便秘も口臭の原因になりますので、軽い運動をして腸の動きをよくしてください。飲酒や喫煙もやめるか控えてください。疲れやストレスで体調が崩れている時や内臓疾患がある時も口臭が発生します。睡眠を充分にとって身体を休め、体調が悪ければ、病院で検査を受けてください。(看護師)

リステリンによる口臭ケアで得られるメリットは大きいですが、口腔内の疾患などに心当たりがある場合は、早めの受診が賢明です。また、規則正しい生活も、口臭予防において重要なポイントになります。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加