ED

2015/01/14

精力を高めるトレーニング、どんなことをすればいい?

精力を高めるトレーニング、どんなことをすればいい?

食べ物やサプリ、運動などで精力アップを目指しているという男性から、さらに精力をつけるためのトレーニング方法を知りたいという相談です。具体的にどんな方法があるのでしょうか。

40代男性からの相談:「精力のトレーニングについて」

精の付く食べ物を摂取したり、各種サプリを飲んだりして、いざという時の精力を蓄えています。最近は身体を動かすことも行っているのですが、具体的にやっておくと精力のつくトレーニングなどはありますか?あれば取り入れたいと思います。

毎日の運動で代謝を高め、身体を鍛える

運動することで代謝が高まり、男性ホルモンの分泌も高まるとともに、血行も促進されるため勃起力にもつながります。身構えてスポーツをはじめる必要はなく、歩いたり階段を使ったりと生活の中で行うことができる運動で十分です。

精力増強に有効なのは、新陳代謝を高めること、健康な身体づくりをすること、バランスのとれた食事をすることと思います。全身の代謝を高めることで、男性ホルモンの分泌も促進されます。規則正しい生活を心がけ、毎日30分は歩くこと、できるだけエレベーターを使わず階段を利用すること、軽いジョギングをするなど、少し汗をかくぐらいの運動量がいいと思います。特に下半身を鍛える運動が有効といわれています。(看護師)
特定のスポーツではなく、一般的な運動でかまいません。運動が精力をアップする理由は、1.体力が向上します。2.運動によって男性ホルモンの分泌が促進されます。3.全身の血行が良くなり、勃起もしやすくなります。4.筋肉が引き締まることで見た目がよくなり、自信がもてるようになります。 (看護師)

食生活が精力の増進と減退を左右する

亜鉛を取り入れたバランスよく規則正しい食生活をし、気力を低下させる食物を避けます。乳製品や大豆製品は、精力減退につながりかねないものの、必要な成分も含んでいるので適度に取り入れ、極端にならないようにしましょう。

遅い時間の食事や暴飲、暴食は避け、喫煙、飲酒も控えましょう。食事では、精力増強に効果があると言われる、亜鉛を含む貝類、レバー、卵、うなぎ、山芋などと一緒に、魚や野菜、果物、海藻類など色々な食品を摂るようにしてください。(看護師)
摂らない方がよい食べ物には、ジャンクフードや甘いお菓子、スナック菓子などの脂っこいもの、乳製品、大豆があります。ジャンクフードなど脂っこいものには、トランス脂肪という脂肪が多く含まれており、この脂肪は、人を無気力にすると言われています。甘いものは、血糖値を上げ、それによって気力が低下します。(看護師)
チーズなど乳製品は倦怠感を強めてしまうと言われ、精力の減退につながります。大豆には、ご存じのように、大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じ働きをしますから、男性が多く摂ると、精力が減退します。しかし、乳製品も大豆も健康に必要なタンパク質、カルシウム、乳酸菌などを含んでいますから、食べ過ぎない程度で、食事には摂りいれるようにしてください。(看護師)

いざという時のために精力をトレーニングするといっても、基本は平素から節制と鍛錬を行ない、健康で健全な身体と精神を作り上げておくことのようです。いつか実際にその時が来たら、日ごろの成果が十分に発揮されるといいですね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加