CPR(炎症反応)の数値に気をつけていればがんも早期発見できるか?

  • 作成日:2017.06.12
  • 更新日:2017.06.02
健康

血液検査の中にCPRという項目があります。これは炎症反応に従って数値が高まるものです。CPRの数値をチェックすれば、がんなどの重大な病気を早期発見できるのでしょうか?

30代男性からの相談:「CPRに気をつけていれば、がんも早期発見できますか?」

血液検査は年に1回ほど受けております。血液検査で「CPR」という項目があるそうですが、私が受けている血液検査にはその項目がありません。
「CPR」というのは体内で炎症が起こっている際に数値が高くなるそうですが、それは「ガン」などの場合も同様に数値が高まったりするということでしょうか? 定期的に「CPR」の項目がある血液検査を受けていればがんのような重い病も早期発見できるということなのでしょうか? ご回答よろしくお願いいたします。

似た質問もチェックしてみましょう

>>ウォーキングはがんなどの病気予防に効果がある!

CPRでがんの早期発見は可能か?

がんなどの重大な病気を早期発見するためにCPRは有効なのでしょうか。また、もし重大な病気を早期発見したいのであれば、どのようなことを気にすればいいのでしょうか。専門家の解説です。

CRPは炎症反応と言われる検査です。風邪や他の病気で体に炎症が起きているときの目安に検査をします。がんの早期発見には使われることはありません。(看護師)
がんの血液検査では、その場所によって血液検査で分かる項目もありますが、確定まではできません。確定検査は細胞診をして確定されます。(看護師)
がんの早期発見には、人間ドックなどでレントゲンにプラスして、CTやMRI、内視鏡検査などが有効です。1年に1回が目安となります。ご家族に癌を患った方がいる場合は、体質的になりやすい場合があるので、医師に検査の回数を相談してください。(看護師)
CRPは炎症反応を診る血液検査項目で、風邪などの感染症や胃炎や肝炎などの内臓疾患、怪我などでも高い値が出ます。当然、がんなどの病気でも高い値が出ますが、CRPだけでガンの予防や早期発見をするのは難しいでしょう。(看護師)
がんなどの病気を早期発見するには、健康診断をきちんと受けること、気になる症状がある時には早めに病院を受診することが大切です。(看護師)
また、血液検査の項目で腫瘍マーカーを追加して検査するのも良いでしょう。腫瘍マーカーとは、それぞれのガン特有の成分があるかどうかを調べる検査です。これらの検査は、通常は自費になりますが、クリニックなどでも調べることができます。気になるようであれば、近くの病院やクリニックで相談されると良いです。(看護師)

たったひとつだけの数値に着目して重大な病気を早期発見するのは至難の業です。数ある病気に対応した検査もありますので、自分が気になる病気について知りたい場合はその旨を相談してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。