歯周病の予防

  • 作成日:2017.06.01
  • 更新日:2017.05.31
健康

歯周病の予防について解説します。歯周病は進行すれば、ひどい口臭に悩まされたり、歯が抜け落ちてしまったりと深刻な状態をもたらしてしまいます。そうならないために、歯周病の予防に必要なことや選ぶべき歯ブラシ、歯磨き粉の成分をご紹介します。最後には、おすすめのケア商品も。

スポンサーリンク

歯周病予防に必要な3つのポイント

36391_1

歯周病を予防するために、できることは主に次の3つです。

1、セルフケアの徹底(自分自身での歯磨き)

歯周病の始まりは歯肉炎、歯肉炎の原因は磨き残し、歯垢です。歯垢が残らないような徹底した歯磨きをご自宅で行うことが大切です。歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやフロスも併用して磨き残しを少なくしましょう。

歯磨きの方法については歯科医師や歯科衛生士に指導をしてもらうと良いでしょう。

2、生活習慣の改善

歯周病は生活習慣病の一種とも言われています。歯周病を進行させるリスクファクターには、喫煙や食生活の乱れなども挙げられます。

特に、喫煙は歯周病を進行させるのに加え、歯肉の血行を悪くし、歯周病の症状を感じにくくしたり、歯周病の治療をしても治癒を遅れさせる原因にもなります。

3、歯科医院での定期的なメンテナンス

ご自分での歯磨きでは行きとどかない部分を定期的に歯科医院でクリーニングしてもらってください。多くの方はすでに歯周病を発症しているため、歯周ポケットが存在します。

歯周ポケット内は自分自身での歯磨きではどうしてもきれいにすることができないため、歯周病菌の温床になります。定期メンテナンスできちんとケアしてもらいましょう。

歯ブラシの選び方

36391_2

音波ブラシなら振動数が決め手に

歯周病を予防したい場合、現段階で歯周病になっていないのであれば、歯垢を効率よく、除去してくれる歯ブラシがおすすめです。そうなると、歯垢を最も簡単に、効率よく除去できるのは、音波ブラシではないでしょうか。

様々なメーカーから音波ブラシは販売されていますが、1分間の振動数が3万回以上のものを選んでいただければ間違いありません。

歯周病の原因は、そもそもは磨き残し=歯垢です。ですので、歯周病を予防するためには、歯垢をしっかりと除去することが必要なのです。すでに歯周病になってしまっていて、歯と歯の間が広くなっている方には、歯間ブラシも併用していただくと良いでしょう。

歯周病予防に歯ブラシの毛先が細くなっている必要はない

歯周病は、歯と歯の間や磨きにくい部分から進行していきますので、歯間ブラシの使用は、歯周病をこれ以上進行させないためには必須です。

歯周病予防を謳う歯ブラシで、歯ブラシの毛の先端が細くっているものもありますが、まだ歯周病になっていない人では、歯周ポケットがないので、毛の先端が細くなっている必要はあまりありません。

毛の先端が細くなっているものは、歯周ポケット内には入りますが、歯垢除去能力が低いので、歯周病になっていない人が歯磨きをするのには、歯垢除去率の面で劣るでしょう。

歯周病を予防するためには、歯ブラシの種類よりも、どのように磨いているかの方が重要ではないかと思います。

歯磨き粉の成分

36391_3

歯周病用の歯磨き粉が数々販売されています。歯周病用の歯磨き粉では薬効成分として

  • 塩化クロルヘキシジン
  • トラネキサム酸
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • β-グリチルリチン酸
  • 塩化ナトリウム
  • イソプロピルメチルフェノール(IPMP)
  • 塩化セチルビリジニウム(CPC)
  • 酢酸dl-α-トコフェロール

などが含まれています。このような薬効成分の中には、歯周病菌に対して殺菌作用の強いもの、炎症を抑えるもの、歯茎に対して収斂(歯茎を引き締める)作用のあるものがありますが、全て含まれているものも多くあります。

歯周病菌の働きを弱めるための殺菌成分と、歯周病によって腫れてしまった歯茎を引き締める収斂作用、どちらも歯周病を予防したり、症状を一時的に落ち着かせる作用があります。

しかし、歯周病の原因となっている歯周病菌は、歯周ポケットの奥深くで繁殖していますので、歯周病用の歯磨き粉用の歯磨き粉を使用したからと言って、劇的に症状が改善されると言うことはありません。あくまでも、歯周病予防、歯周病治療の補助的なのとして使用していただくのが良いかと思います。

おすすめの歯磨き粉の成分

おすすめの歯磨き粉としては、

  • 塩化クロルヘキシジン
  • イソプロピルメチルフェノール

などが歯周病菌に特に殺菌効果を発揮すると言われていますので、これらが含まれているものが良いのではないでしょうか。

おすすめの歯周病予防商品

薬用オーラルクリスター・ゼロ


ブラッシングと併用することで歯周病・歯肉炎・虫歯予防・ホワイトニングと4つのメリットを得ることができます。歯周病からくる口臭に対してケアもできるため、お手軽に対策ができる優れものです。


ブリアン


歯周病だけでなく、虫歯や歯周トラブルに効果を発揮する歯磨き粉です。身体に悪影響を与える成分を排除し、安心・安全に使い続けることができます。また、口臭予防にもなるため、普段使いの歯磨き粉としておすすめです。


※この記事は、歯科医・歯科衛生士の資格を保有している方によって執筆されました。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。