健康

2017/06/01

歯周病の治療

歯周病の治療

歯周病の治療について解説します。一度進行・悪化してしまった歯周病は自然治癒することはありません。そこで、歯科医院で行われる歯周病の治療についてご紹介します。歯周病の治療法、薬、費用について知っておきましょう。

歯周病の治療


36388_1

歯周病を引き起こす、悪化させる原因の一つに、歯垢、歯石があります。そのため、まずはどの段階の歯周病であっても歯垢、歯石の除去を行います。合わせて、歯垢が残らない歯磨きの方法を練習することも必要でしょう。

その後は進行の状況によってですが、歯周ポケットが深く、歯肉の中にも歯石が着いている場合にはSRP(scaling and root planing/スケーリングとルートプレーニング)という治療で歯肉内の歯石も除去していきます。このときに、歯周病の進行具合を調べるための歯周ポケット測定という検査も行われます。

この治療でも歯周病の症状が改善しない、深い歯周ポケットが残ってしまうと言う場合には、歯周外科を行います。歯周外科では、歯肉を開いて直接、歯根面に着いた歯石を取り除いていきます。

他にも、歯周病菌の種類によっては歯周内科、抗生剤などの薬物も併用した治療を行います。しかし、歯周病は原因を取り除くだけでは、進行の抑制、現状維持しかできません。一度溶かされてしまった歯槽骨はなかなか簡単には戻ってきません。

歯槽骨が著しく失われてしまっている場合には、エムドゲインやGTR法などの歯周組織再生療法という、歯槽骨や歯肉を再生させる処置が行われます。歯周病は、非常に再発しやすい病気ですので、治療後には定期的なメインテナンスも行っていきます。


スケーリングとルートプレーニング

スケーリングとルートプレーニングという言葉をお聞きになったことありますか? どちらも歯周病の治療を行なう上で、欠かせないものです。

  • スケーリング
    歯に付いた歯石を取り除く治療
  • ルートプレーニング
    歯根の表面をつるつるに磨き上げる治療

歯石とは、歯の表面についた石の様に硬い白い色をした付着物のことです。下の前歯の裏側や、上の奥歯の表側によくついていますが、歯ならどの歯にもついてきます。歯石がついていると、その周囲がきちんと歯みがきをすることが出来なくなります。そして、その部分で歯周病菌が増えていきます。その結果、歯周病になってしまいます。

ですので、歯石が歯についている状態はよくないので、取り除かなければなりません。しかし、歯石は残念ながら歯みがきだけでは取り除けません。取り除くためには専用の器械を使わなければなりません。そのためにスケーリングという治療が必要となってきます。

スケーリング

スケーリングは、主に超音波スケーラーという器械を使って行なわれます。歯の表面についた歯石を取り除くと、歯根の部分の歯茎の内側に、黒い点々としたものが見えてくることがあります。

これは、歯根についた歯石です。歯茎の裏側についた歯石は黒い色をしているのです。つまり、歯茎の内側についた歯石は、スケーリングではとりきれないのです。

ルートプレーニング

そこで行なわれるのがルートプレーニングになります。ルートプレーニングでは、歯根の表面についた歯石を取り除くのですが、それだけでなく歯根の表面をきれいにみがき、つるつるした状態にまでします。

スケーリングでは、つるつるにすることまでは要求されませんが、ルートプレーニングではそれが求められます。なぜならルートプレーニングが行なわれる歯根の表面は歯茎の内側にあるため、目で見ることが出来ないからです。そのために、歯石が完全に取り除けたかどうかがわからないのです。

つるつるした状態にまでなっていれば、歯石が完全に取り除けたことを意味します。そこで、つるつるにできたかどうかを、歯根の歯石を取り除けたかどうかの指標にしているのです。こうして歯石をきれいにすることで、歯やその周囲の歯茎や歯槽骨という歯を支えている骨の健康を保つ様にするのです。


エムドゲイン

歯周病とは、歯周組織とよばれる歯を支える組織に生じる病気です。歯周組織は、歯茎、歯槽骨という歯を支えている骨、歯根膜という歯と歯槽骨を繋げている靭帯の様な薄い膜状の部分、セメント質という歯根の表面についている歯根膜と結びつけている部分からなりたっています。

歯周病が進行すると歯槽骨が吸収されて減ってくるので、次第に歯がグラグラし、最終的には抜けて落ちてしまうようになります。

エムドゲインとは、歯周病でダメージを受けた歯周組織を回復させるために開発された薬剤です。スウェーデンで開発され、我が国では2002年に厚生労働省により使用が承認、導入されました。

歯周病の治療は、まず歯周基本治療という治療から開始されます。これは、スケーリングやルートプレーニングとよばれる歯石を取り除き、歯根の表面をきれいな状態にする治療のことです。これを何回か行なって歯周組織の改善を図るのですが、その効果が乏しい場合、歯周外科治療という治療にうつります。局所麻酔を行なって、歯周組織を外科的に治していく治療です。

エムドゲインを用いた治療は、その一環として行なわれます。ただし、歯周基本治療や一般的な歯周外科治療が保険診療の適応を受けていることに対し、エムドゲインによる治療は、保険診療の適応を受けていませんので、自費診療となります。

この治療は、局所麻酔をした後、歯茎を切開し、歯と歯茎の隙間にエムドゲインを注入するというものです。エムドゲインを注入すると、まず歯根の表面にセメント質が再生します。次いで、歯根膜、歯槽骨がよみがえり、歯周病が改善されていきます。

ただし、どんな歯周病でも使えるわけではありません。たとえば、歯槽骨が歯の全周にわたりほぼ均等に吸収されてくる水平整骨吸収という状態では、エムドゲインの効果は期待しにくいです。

エムドゲインは、とても優れた薬ですが、適応をしっかりと確認してから治療に取りかかることが大切です。エムドゲインによる治療を考えている場合は、一度主治医の歯科医師に相談してみてください。


歯周病の薬


36388_2

歯茎が腫れて歯がグラグラ、ムズムズして、最後には歯が抜けてしまう歯周病。歯周病は、なんと歯を失う原因1位なのです。歯周病は、歯の表面につくプラーク(歯垢)により歯茎や歯の土台となる骨が炎症を起こし、壊れてしまう病気です。プラークとは、細菌の塊で、このプラークが作り出す毒素によって、歯茎や骨が壊されます。歯周病の予防や治療には、毎日の歯磨きなどでプラークを取り除くことがとても大切です。


歯周病の市販薬のタイプと主な成分

  • 指にとって歯茎に塗り込むタイプ(炎症を抑え歯茎の腫れや赤みを改善、血行の改善、口臭を抑える)
  • 歯ブラシにつけてブラッシングするタイプ
  • マウスウォッシュタイプ

などがあります。配合されている成分は薬によってさまざまですが、主に、

  • 炎症を抑える成分(グリチルリチン酸二カリウムなど)
  • 粘膜を修復する成分(アラントインなど)
  • 血行を良くする成分(ビタミンEなど)
  • 殺菌作用のある成分(ヒノキチオールなど)

などが配合されています。また、痛みがある場合には、消炎鎮痛薬が効果があります。しかし、歯周病が進行していて、症状が重い場合は、市販薬では改善が難しい場合があります。

歯周病の根本的な治療は、早期に歯科を受診して、ブラッシングの指導や歯石の除去などを受けることが大切です。その際、歯周病は、プラーク(細菌の塊)が原因である感染症であることから、細菌の増殖を抑えるため、抗生物質が用いられる場合があります。

抗生物質の中でもマクロライド系抗生物質(アジスロマイシン)の内服薬が使用されます。ただし、抗生物質で除菌しても、その後のブラッシングによる歯垢の除去がおろそかになったり、不十分であると、再び細菌が増えて、歯周病が再発します。

歯周病のコントロールは、毎日の歯磨きと定期的な歯科でのメンテナンスがとても重要です。


ジスロマックの歯周病への作用

歯茎が腫れて、歯がグラグラしたり、出血したり、口臭が強くなったり、歯周病は大変困った病気ですね。歯周病の治療では、歯垢や歯石を除去し、歯垢が再び付かないように歯磨きをしっかり行うことが重要ですが、その際に、歯周病菌の増殖を抑えるために、ジスロマックという抗生物質を使用する場合があります。

ジスロマックは、アジスロマイシンというマクロライド系の抗生物質です。マクロライド系抗生物質は、細菌のタンパク質の合成を阻害して、増殖を抑えます。ジスロマックは、組織への移行性が高い薬で、1日1回の服用を3日間行うことで、約7日間効果が持続します。(1回服用で約7日間効果が持続するタイプの製剤もあります。)

また、免疫を担当する白血球に移行して、感染している場所に選択的に運ばれ効果を示すファゴサイト・デリバリーという性質があり、効率的な効果が期待できます。

ヒトも細菌も細胞は、タンパク質からできているため、タンパク質の合成を阻害されると、新しい細胞を作れなくなり、増殖できなくなりますが、タンパク質を合成するリボソームという器官の形態がヒトと細菌では異なっています。

ジスロマックは、細菌のリボソームのみ阻害するため、ヒトには大きな影響を与えず、細菌のみに作用します。そのため副作用は比較的少ないですが、薬である以上注意が必要です。

下痢や発疹、蕁麻疹などのアレルギー症状、全身倦怠感などの症状が服用後にみられたら、速やかに医師の診察を受けましょう。また、ジスロマックとの飲み合わせに注意が必要な薬がありますので、服用中の薬がある場合、治療の際には、歯科、他の病気で受診している診療科の医師に伝えましょう。


歯周病治療の費用


36388_3

歯周病の治療は、保険診療で受けることが出来ます。保険診療での窓口での負担割合は、一般的に3割が多いので、これに基づいて説明します。また、ここに上げる費用は初診料や再診料、薬剤費用は除いた金額ですので、ご了承下さい。

まず歯周病の検査を歯周基本検査といいます。歯周病があるかどうかを調べる検査ですので、これをしないと歯周病の治療は始まりません。この検査費用は、歯の本数に応じて異なります。

  • 歯が1~9本:150円
  • 歯が10~19本:330円
  • 歯が20本以上:600円

歯周基本検査が終わった後、歯周基本治療が行なわれます。いわゆるスケーリングとよばれる歯石の除去と歯の掃除です。お口全体の歯石の除去と歯の掃除で、1000円ほどになります。

また、歯茎の炎症具合に応じて、月に1回30円ほどで抗菌剤の軟膏を歯茎に注入したりします。歯周基本治療が終了した後は、歯周組織の状態を再評価します。再評価は、歯周基本検査を再び行なうことにより行なわれます。ただし、スケーリングだけでは改善が難しそうな場合は、歯茎を切開したりする外科処置の適応となりますが、この場合は再評価の際に歯周精密検査を行ないます。

歯周精密検査の費用は、検査方法が細かくなるので、歯周基本検査の2倍です。再評価の後、歯茎より深い歯根の表面についた汚れが見つかれば、歯根の表面の掃除を行います。これをSRPといいます。SRPは、歯の場所に応じて変わります。

  • 前歯は1本当たり180円
  • 小臼歯という小ぶりの奥歯は1本当たり200円弱
  • 大臼歯という奥歯は1本当たり200円強

SRPが必要でない場合は、スケーリングをもう一度行なうことがあります。この場合は、1回目の半分の費用となります。




※この記事は、歯科医・歯科衛生士・薬剤師の資格を保有している方によって執筆されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加