健康

2015/01/12

タウリンのサプリを愛用。効果はあるが過剰摂取に注意!

タウリンのサプリを愛用。効果はあるが過剰摂取に注意!

タウリンは身体に良さそうなイメージがあり、積極的に摂取している人も多いのではないでしょうか。しかし、そんなタウリンといえど過剰摂取などは注意する必要がありそうです。今回はタウリンのサプリの愛用者からの相談です。



タウリンのサプリを飲んでいるのですが…


疲れを吹き飛ばすため、タウリンのサプリを愛用しています。ですが、最近栄養の過剰摂取が身体に良くないとして、その中にタウリンも摂り過ぎが良くないと書いてありました。

もともとは取り過ぎても尿として排出されると思っていたのですが…正しい知識を教えて下さい。また、タウリンを摂り過ぎると体にどういう影響があるのでしょうか?(30代男性)

タウリンとは


3613_タウリンとは

タウリン(アミノエチルスルホン酸)には身体や細胞を正常に保つ作用があり、とくに肝臓の機能を高めたり、コレステロールを体外への排出を促す作用があります。

・肝機能を改善して正常に戻す


タウリンの働きには、胆汁の分泌を盛んにして、肝臓の働きを助けること、肝細胞の再生を促進することです。そのため、アルコールを分解して脂肪肝を予防したり、インスリンの分泌を促進して、血糖値を下げて糖尿病を予防したり、そしてコレステロールも下げる効果もあると言われています。

逆にタウリンが不足すると、脳が興奮し、てんかん発作を起こしたり、こむら返りを起こしやすくなったりします。普段の食事で積極的に取り入れたい栄養素です。(看護師)

・疲労回復効果がある


肉体に溜まった疲労を回復させる力はありませんが、いろいろな部分への効果を発揮することによって、結果的に体力の回復につながってきます。タウリンが回復させるものとしては以下になります。

  • 脳疲労の回復
  • 精神的疲労の回復(ストレスなど)
  • 肝機能の回復
  • 睡眠の質を改善

これらを回復・改善させることによって疲労が回復するのです。そのため、タウリンを摂ったからといってすぐに疲れが吹き飛ぶわけではありません。


・血中コレステロールと中性脂肪を低下させる


肝臓にはコレステロールを材料にして、胆汁酸をせっせと作る働きがあります。この生成を活発にさせるのがタウリンなのです。

胆汁酸の生成が活発になれば体内にあるコレステロールをガンガン使い、その結果血中コレステロールと中性脂肪が低下するというわけです。


・アセトアルデヒドの分解を促進して二日酔いの症状軽減


二日酔いは摂取したアルコールが肝臓内でアセトアルデヒドという物質に変化します。この物質は、通常のアルコール量であれば、さらに分解され体外へとポイッと排出されるのですが、飲み過ぎた場合が問題なのです。

飲み過ぎて分解、排出されなかったこの物質は血液中へ流れ出てしまい、これが頭痛や吐き気の原因となります。

そこで、アセトアルデヒドの分解を早めてくれるのが、タウリンなのです。


・血糖値を下げて糖尿病も予防


タウリンには、血糖値を下げる為のインスリンの分泌を促す働きがあるため、糖尿病を気にしている方にも有効です。


・血圧低下の作用で血管の病気リスクを回避


交感神経が優位になるとノルアドレナリンというホルモンが分泌され、興奮状態になります。このノルアドレナリンには、血管を収縮させる作用があるため、その結果血圧が高くなってしまいます。

ですが、タウリンにはノルアドレナリンの分泌を抑える働きがありますので、摂取することで血圧を低下させることが可能です。血圧を下げることによって脳卒中や、動脈硬化、心臓病のリスクを回避することができます。


・勃起力の改善


なぜ勃起不全になるのかというと、いくつか原因はありますが、動脈硬化などで血管の伸縮性が失われると、興奮したときにペニスの海綿体へと流れるべき血液が、そこまで届かなくなってしまいます。

そこで、タウリンによるノルアドレナリンの分泌抑制が効果を発揮します。ノルアドレナリンの分泌を抑えることで、血管を柔らかくしてくれるのです。

また、コレステロールを低下させることによって動脈硬化を改善し、ドロドロ血液からサラサラ血液へ。すると海綿体まで血が届くようになるので、勃起力が改善されます。


・ダイエットが成功しやすい体を作る?!


タウリンに即効性はありませんが、コレステロールや中性脂肪を下げたり、肝臓の機能を高めてくれる働きがあります。さらには、代謝アップの作用も持っているためダイエットが成功しやすい体にしてくれます。


一緒に摂取することでより効果的なもの


3613_一緒に摂取することでより効果的なもの

・オルニチン


オルニチンとはアミノ酸の一種で、摂取すると体内に吸収され、肝臓や腎臓の機能を向上させるホルモンの分泌を促す働きがあります。また、肝細胞を回復させる効能も備えているのです。

では、なぜタウリンと一緒に摂るのがいいかというと、それぞれ肝臓へ効果を発揮するのですが、働きかける部分が異なるからです。同時に摂ることで相乗効果が見込めます。

オルニチンが豊富に含まれている代表的な食材はシジミです。お味噌汁なんかでいただくと効率的に摂取することができるでしょう。


・亜鉛


サプリメントでよく配合されているのが亜鉛です。なぜ一緒に摂ることがいいのかというと、亜鉛にも肝機能を向上させる働きがあるからです。

タウリンと同時に摂ることでこちらも相乗効果が見込めます。亜鉛を多く含む食材としては、牡蠣があげられますので、鍋などで魚介類と一緒に食べると効率的でしょう。


合成タウリンと天然タウリンの違い


3613_合成タウリンと天然タウリンの違い

タウリンには、合成タウリンと、天然タウリンの2種類が存在しています。その違いは何かというと、とても簡単です。自然界にあるものか、人が作ったものか、です。

・天然タウリン
自然界にあるものですので、魚や貝などの魚介類などの食材にタウリンが含まれています。お肉にもタウリンは含まれているのですが、魚介類に比べると微々たるものです。

・合成タウリン
こちらは人が化学合成によってつくりますので、栄養ドリンクによく含有されています。サプリメントは? と思うかもしれませんが、合成タウリンは医薬品となるため健康補助食品であるサプリメントには入っていません。

サプリメントには天然タウリンが使われてます。ただ、どちらも同じタウリンですので、得られる効果に違いはほとんどありません。


タウリンサプリメントの安全性や選び方


3613_タウリンサプリメントの安全性や選び方

国内サプリメントについて

タウリン単体のサプリメントで目的の成分を効率よく摂取したいと思うかもしれませんが、日本ではタウリン単体のサプリは販売できない決まりとなっているため、販売されていないのです。

その代わり、タウリンと相性のいい成分が配合されているため、健康をサポートしてくれます。

海外サプリメントの危険性や注意点

日本とは違って、海外サイトであればタウリン単体のサプリを購入することが可能です。しかし、日本で販売していないということは、健康へのリスクがあるからといえるでしょう。

含有量も日本とは異なり多かったりするため、海外の通販サイトで購入した人が、身体に異常をきたしてしまっていることが実際にあります。これは簡単にネットで購入できる時代だからこそ起こってしまうことです。

あまり海外製のサプリメント購入はオススメしません。


タウリンとオルニチン配合のおすすめサプリ比較


・レバリズム


静岡県産のしじみエキス(オルニチン)、岡山県産の牡蠣エキスによるタウリンで肝臓の解毒作用を助け、日本人に足りていないといわれている亜鉛も摂取。

さらに、血液をサラサラにしてくれる成分スクワレンや、必須アミノ酸である9種類すべてが含まれている、健康サポートサプリメントです。

飲み会が多い人、肝臓の数値が気になる人にピッタリ!

価格 初回モニター980円(税込)
評価 ★★★★★
キャンペーン 初回限定定期コースは先着500名様

レバリズム



・海乳EX

海乳EX

瀬戸内海のぷりっぷりの牡蠣を、1袋に155個と贅沢に使用。

タウリンと亜鉛、さらに夜の活力となるアルギニン(アミノ酸)や、そのほか「19種類以上のアミノ酸」「12種類以上のミネラル」「11種類以上のビタミン」など配合。

疲れやすい人、お酒をよく飲む人、夜の活力が欲しい人にピッタリ!

価格 初回購入980円(税込)
評価 ★★★★☆
キャンペーン 定期コース申し込みで
水晶ブレスレットプレゼント

海乳EX



・オルニパワーZnプラス


しじみエキスはもちろんのこと、不足しがちな栄養素をバランス良く配合。1日4粒の中に、業界トップクラスのオルニチン800mg、アスタキサンチン、亜鉛12mgを配合。

また、管理栄養士にいつでも相談が可能なため、食生活で不安なことはすぐ解決。

疲労回復や二日酔い対策に有効です!

価格 初回購入980円(税込)
評価 ★★★☆☆
キャンペーン 30日間の安心返金保証付

オルニパワーZnプラス



タウリンの1日の摂取量


3613_タウリンの1日の摂取量

タウリンは健康を促進する成分ですが、一方で過剰摂取をすると副作用として、嘔気や下痢、食欲不振などを引き起こす可能性があります。

また、人工タウリンの場合は、生活習慣病やがんとの関連性があるとの見方もあり、摂取には注意が必要です。

過剰摂取による副作用や血圧のリバウンドなど、危険も潜んでいる!?

1日の推奨摂取量は3,000mg程度と言われており、厚生省が発表した副作用は嘔気、下痢、腹部不快感、便秘、食欲不振、過敏反応(アレルギー)とあります。(看護師)
タウリンは体内でも生成され、言われるように、不要なものは体外に排泄されますから、普段の食事では、過剰摂取の心配はありません。

しかし、サプリメントを併用した場合は過剰摂取になることもあり、肝臓に負担をかけたり、低血糖を起こしたり、胃酸の分泌が促進され、胃潰瘍のリスクが高くなると言われています。(看護師)
また、痛み止めや解熱剤と一緒に服用すると、アスピリンの相乗効果が現れることがありますから、ほかの薬と併用される時は、主治医に相談してからにしてください。(看護師)
調べてもタウリン自体を過剰に摂取することによる問題は見つかりませんでしたが、いくつか気になるものがありました。

1.ボディビルディングの男性がタウリン14,000mgとインシュリン注射の後、突然死したという記事がありました。

2.タウリンには血圧を下げる作用があるため長期服用すると、血圧が低く保たれる状態になります。ですが、突然飲むのを止めるとまた血圧が元の高さに戻りますよね。この「リバウンド」が恐ろしいと書いてある文献もありました。

3.アラブ連合の中には人工的に製造されたタウリンの使用を禁止している国もあります。正式な研究結果はありませんが、生活習慣病や癌などの発病に人工タウリンが関連しているとの見方があるからです。(看護師)

タウリンを多く含む食材

タウリンは、タコやイカ、帆立やアサリなどの魚介類に多く含まれます。(看護師)

タウリン含有量一覧表?
サザエ 945mg-1500mg
トコブシ 1250mg
牡蠣 70mg-1180mg
ホタテ 116mg-1000mg
カツオ 160mg-830mg
ミル貝 638-730mg
やりイカ 700mg
180mg-670mg
ほっき貝 596mg
真蛸 593mg
550mg
赤貝 472mg
ズワイガニ 450mg
イガイ 440mg
あさり 210mg-420mg
するめいか 360mg
真鯛 230mg
ホッケ 216mg

貝の歯ごたえや味、以前食あたりをして食べられなくなってしまったり、魚の臭さが苦手だったりする人もいるかと思いますので、そんな人にはサプリメントがオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加