健康

2017/05/31

お金をかけずに歯を白くするには?

お金をかけずに歯を白くするには?

白い歯を手に入れるためには、それ相応の金額が必要になります。しかし、お金をかけずに歯を白くする方法はあるのでしょうか。

30代男性からの相談:「費用を抑えて歯を完全に白くするには何がいい?」

歯磨きをしているのですが歯の色が変わってしまいます。タバコやコーヒーなどの着色だと思うのですが、歯医者に行ってホワイトニングして欲しいと思うのですが、完全に白くできるのでしょうか。費用のことも気になります。

ネットの通販などで歯を白く蘇らせるといった歯磨き粉もでていますが本当に効くのでしょうか。たまに歯医者さんオススメといった記事もあるのですが、歯医者に行かずに元の白い歯を手にいれることはできるのですか。なるべく費用を抑えたいのでいい方法があれば教えてください。

似た質問もチェックしてみましょう

>>歯を磨いても黄ばむのはなぜ? 考えられる3つの原因

費用を抑えて歯を白くする方法

歯の専門家に、お金をかけずに歯を白くする方法についてお答えいただきました。

歯の色が変わってきたら、特に前歯の色なら目立ちますし、歯だけでなく外見にも影響しかねないので、困りますよね。質問者様がおっしゃる通り、タバコやコーヒーは歯の表面に色をつけてしまいます。それ以外にも、緑茶やワイン、イソジンのうがい薬も着色の原因になってくる事が知られています。(歯科医)
こうした場合歯科医院では、いきなりホワイトニングをするのではなく、まずは着色を取り除く事から開始します。汚れや着色を物理的に除去し、歯の本来の表面を露出させます。そのうえで、更に白くしたい場合は、ホワイトニングを考えてもらう様になります。(歯科医)
ところで、歯磨き粉ですが、さまざまな商品が発売されています。中には、歯を白くする効果をうたったものもあります。そうした歯磨き粉には研磨剤が配合されているので、確かに着色はとれます。しかし、限度があり、歯科医院で除去してもらうほどにはとりきれないのが現状です。特にたばこのヤニはまずとれません。ご自身での着色予防を考えるなら、まずは禁煙から始めた方がいいでしょう。(歯科医)
完全に白くという「完全」とはどういった意味でしょうか? 歯医者に行ってクリーニングを受けていただければある程度の白さ、と言うか、着色をとってもらうことはできるでしょう。しかし、タバコによる着色と言うのは、歯科医院によっては健康保険での治療では大まかにしか除去してくれないこともあります。(歯科衛生士)
そのため、費用を抑えて歯を白くというのは少し難しいかもしれません。また、歯を白くするホワイトニングは、健康保険適応外の治療になりますので、ある程度の費用はかかると思った方が良いでしょう。(歯科衛生士)
市販の歯を白くすると言う歯磨き粉は、効果がないことはありません。しかし、歯自体の色を白くすることはできませんし、タバコやコーヒーを飲むたびに歯磨きをしていれば着色を着かなくすることもできますが、そうもいかないと思いますので、効果は何とも言えません。(歯科衛生士)
費用を抑えてと考えているのであれば、まずは禁煙をして着色の原因を取り除くのが一番良いかと思います。(歯科衛生士)

お金をかけずに歯を白くするには、まずなによりも歯に色がつくようなことをしない、ということにつきます。歯に色がつかなければ、歯を白くする必要もありません。タバコやコーヒーが歯に色をつける原因だとわかっていれば、それをやめるのが先決です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加