健康

2017/05/27

部分入れ歯をつけたまま寝ることで起こるよくないこと

部分入れ歯をつけたまま寝ることで起こるよくないこと

部分入れ歯を使っている方もいらっしゃるでしょう。外すのが面倒で、部分入れ歯をつけたまま寝てしまっている人はいませんか? そんな時、口の中ではどのようなことが起こっているのでしょうか。

50代男性からの相談:「部分入れ歯をつけたまま寝てしまうとどんな悪影響がありますか?」

部分入れ歯を使用しています。毎日お風呂に入った際に洗っていますし、定期的に入れ歯洗浄剤も使用して除菌などにも努めています。

気になるのは飲み会があった時や仕事でとても疲れている時など、ついつい入れ歯を外さずにそのまま寝てしまうことが時々あります。きちんと入れ歯の手入れはしているつもりですし、朝起きた時も特に違和感はないのですが、入れ歯を付けたまま就寝してしまうことのデメリットや危険性などあれば具体的に教えてください。

似た質問もチェックしてみましょう

>>ブリッジにすると虫歯になりやすくなるのはなぜ?

部分入れ歯をつけたまま寝ることで起こるデメリット

ついつい部分入れ歯をつけたまま寝てしまった…。そんな時のリスクについて専門家にお聞きしました。

部分入れ歯は、おっしゃる通り毎食後洗ってきれいにしないといけません。入れ歯洗浄剤まできちんとお使いになっているということですから、入れ歯のお手入れに関して、とても意識の高い方であるとお見受けします。(歯科医)
疲れた時や、飲み会があった時、入れ歯を外すのを忘れることは、珍しい話ではありません。たまに忘れるくらいならば、それほど心配することはないでしょう。しかし、これがずっと続くとなると話ば別です。(歯科医)
まず、入れ歯を入れ続けると、歯茎が炎症を起こし、腫れてきます。腫れた歯茎は、今度は入れ歯が食い込んできますので、入れ歯による傷を作るようになります。また、腫れた歯茎は、歯磨きがしにくくなりますので、むし歯や歯周病、口臭の原因になります。そして、歯磨きの度に出血するようになってきます。(歯科医)
入れ歯を着けたまま寝てしまうことのデメリットは、寝ている間は口腔内の唾液量が減るため、自浄作用が低下し、入れ歯が触れている部分の歯茎が不衛生になるためと、部分入れ歯が小さい場合には万が一の誤飲のリスクです。(歯科衛生士)
寝ている間は義歯を外すようにと言うのは、歯茎(粘膜)部分を衛生的に、尚且つ、1日中入れ歯による刺激を受けている歯茎を休ませるという目的があります。(歯科衛生士)
それよりも、質問者様が入れ歯をしたまま寝てしまうという状況は、おそらくですが、歯磨きをしていない、もしくは、入れ歯を入れたまま歯磨きをなさって、そのまま寝てしまうという状況なのではないかと感じました。それは問題です。(歯科衛生士)
部分入れ歯を掛けている歯は非常に汚れやすく、負担も大きいため、丁寧に清掃しておく必要があります。例えば、ですが、入れ歯を外して歯磨きを丁寧にした後に、きれいな口腔内にきれいな入れ歯を入れたまま寝るのであれば、たまにであれば大きな問題はありません。(歯科衛生士)
入れ歯に関しても、入れ歯の表面にカンジダと呼ばれるカビが生えてくることがあります。ですので、入れ歯は、やはり寝る前には外して洗い、歯茎を休めてあげることが大切と言えるでしょう。(歯科医)

部分入れ歯をつけたまま寝ることで、口内環境は悪化してしまいます。そんなことが常態化していたら今すぐに改善するのが望ましいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加