歯の欠損が多い時、どうやって治療や対策をするの?

  • 作成日:2017.05.20
  • 更新日:2017.05.15
健康

生まれつき歯の欠損が多い人がいます。そんな人はどのように歯並びなどを治したり対策したりするのでしょうか。

30代男性からの相談:「歯の欠損が多い時、どのような治療が行われるのでしょうか?」

歯並びについてです。自分は上の歯が欠損が多く前歯がだいぶ空いています。子供の頃から前歯が空いていて、小学生の時に歯医者さんにいったら、ゴムを渡されました。「これで挟んでなおせって事?」と小学生ながら信用出来ず、もう諦めていました。

大人になっても歯が空いているので、最近はもう長い付き合いで慣れてきてしまったのですが、そういう時はどうやって治したり対策するのかなと言うのが今でもとても気になります。同じような境遇の人にアドバイス出来たらと思います。

似た質問もチェックしてみましょう

>>歯並びが悪くても健康な歯を維持することはできる?

歯の欠損が多い時の処置はどのようなものがある?

歯の欠損が多い時にはどのような処置があるのでしょうか。歯の専門家にお聞きしました。

前歯の歯並びは目立ちますので悩みますよね。御質問者様のお話を考えると、『欠損が多く』とありますが、歯と歯の隙間が広いという意味でしょうか?(歯科医)
隙間が広いということであれば、矯正歯科治療で治すことになります。この場合に行なわれる矯正治療の方法は、マルチブラケット法という方法が一般的です。これは、歯の表面にブラケットとよばれる金属製の矯正治療用の金具をつけて、ブラケットにワイヤーを通して、ワイヤーの働きで歯を動かしていく方法です。前歯の隙間だけが気になる場合でも、全ての歯にブラケットを付けることになります。(歯科医)
最近では、マウスピースによる矯正歯科治療も行なわれるようになってきました。また、前歯の隙間が、歯科医師からみて、軽度であると判断出来る場合はMTMとよばれるごく一部だけの矯正治療も可能な場合があります。(歯科医)
MTMにはいろいろな方法があります。矯正歯科治療と同じ様にブラケットをつけてゴムで動かす方法もあれば、マウスピースで治す方法もあります。ですから、まずは前歯の隙間がどの程度のものかを診断してもらうようにしてください。(歯科医)
まず、子供のうちは、ゴムを使ったり、割り箸を噛むなどするだけでも、歯並びが治ることがあります。逆に、ちょっとした爪を噛む癖や下の癖で歯並びが悪くなることもあります。(歯科衛生士)
一般的に、欠損が多いときの治療法とのことですが、その本数によってですが、矯正治療で隙間を埋める、足りない部分にインプラントを入れる。両隣の歯を削ってブリッジを入れるなどがあります。(歯科衛生士)
質問者様の場合は、おそらく前から2番目の歯が2本ともなかったのではないかと思いわれます。この歯と、前から5番目の歯は、永久歯の先天欠損が起こりやすく、小学校でもクラスに1人か2人は、欠損している人がいるくらいの割合です。(歯科衛生士)
このような場合には、やはり小児期に矯正治療で隙間を埋めた叙状態で歯並びを構築する治療が一般的です。しかし、矯正治療しなくても、自然と奥の歯がよってきて並ぶケースもあります。(歯科衛生士)

歯には永久歯の欠損が起こりやすく、悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。もし歯並びを治したいという場合には、様々な方法が用意されていますので、歯科医院で相談してみると解決法が見つかるかもしれません。

【9月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
圧倒的なコスパ!15円でオメガプラスを摂取!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!