ED

2015/01/10

EDの原因は何?身体が健康でも発症することも

EDの原因は何?身体が健康でも発症することも

年齢も若く、身体も健康なのにもかかわらず、性欲が薄くED気味だという男性から、どこかおかしいのか、何が原因なのかという相談です。

30代男性からの相談:「20代の半ばからED気味に感じています」

もともと友人たちに比べると、自分は性欲が薄いほうかもしれないと感じていましたが、20代の半ば頃から、しようと思った時に立たないことがありました。 その他ではスポーツもやっており、健康診断でも特に悪いところを指摘されるわけでもありません。自分はどこかおかしいのでしょうか。何が原因なのか、このまま衰えていくのかと思うと、不安です。

身体が健康でも起こりうる、心因性EDの可能性が。

若い世代に多いという、心因性のED。ストレスなどさまざまな原因によって引き起こされるため、原因に応じた対処法が求められます。

20代、30代でもEDに悩んでいる方が多く、そんな方に多いのが「心因性ED」です。身体には不調がないのにいざという時に勃起しないのは、日常生活のストレスや緊張により神経に性的興奮がうまく伝わらないことや、血流の悪さなどが原因かと思われます。「器質性ED」とは異なり、「心因性ED」は人によって様々な原因がありますので、その原因を解決していくことが重要です。(看護師)

ひとりで焦らず、パートナーや専門家と協力を。

ひとりで悩み、解決しようと焦ると、かえってストレスとなり逆効果に。パートナーや専門家の協力を求めるのが近道かもしれません。また、性欲が薄いのはスポーツをしている若い人にはありうる現象とのこと。気にしすぎることなく様子を見るのも良いでしょう。

「心因性ED」に悩む男性は、一人で様々な努力をおこなうものの、かえって性行為に対して緊張感や焦りが出てしまい、失敗するケースが多くみられます。そのため、一人で解決しようとせず、パートナーに相談し、二人三脚で協力しあうことが重要です。また、医師に相談しED治療薬を服用することも一つの方法です。(看護師)
最近ではスポーツをしている人の方がしていない人よりも性欲が薄いことがわかっています。しかも若い人にはそれが顕著に表れているようですので、あまり気にしなくてもよいと思います。しかし、そういう人でも30代半ばになると性欲が増してくるようですので、あまりセックスの回数にこだわらない女性と付き合うとよいのではないでしょうか。(看護師)

EDは年齢や健康だけの問題ではなく、精神面とも深くかかわっているようです。規則正しい生活、十分な休息、上手な息抜きなどで、心因性EDの原因になりがちなストレスを減らすよう心がけるとともに、悩み過ぎずに一緒に向き合ってくれる人の助けを借りるようにしましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加