健康

2017/05/14

歯の矯正にはどんな種類があるの?

歯の矯正にはどんな種類があるの?

歯並びを治すことで得られるメリットは多数あります。そして、その方法も多くのオプションから選択できるようになっています。ここでは、歯科矯正の種類についてご紹介します。

20代男性からの相談:「歯科矯正にはどのような種類があるのでしょうか?」

私は歯並びが悪く、それが原因で悩むことが多々ありました。例えば、子どもの頃からご飯を食べる時にはよく舌や口の中を噛み、出血してしまいます。また仕事柄、人前に出て話をすることが多いので、少しでも自分自身の印象を変えたいと思いました。

そこで、数ヶ月前から家族や友人などに相談し、いざ歯の矯正を行おうと検討しましたが、どのような種類の治療方法があるのかがいまいち分かりません。教えていただけないでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう

>>歯の矯正はどれくらいの期間で終わる?

歯科矯正の種類について

歯の専門家に歯の矯正方法についてお聞きしました。歯科矯正にはいくつもの方法があります。

歯並びは、顔の表情に影響してきますので、悩みますよね。歯並びを治すのは、矯正歯科治療になります。矯正歯科治療の方法は、いくつかありますが、基本となるのはマルチブラケットと呼ばれる方法です。これは、歯の表にブラケットと呼ばれる金属製の金具をつけて、全ての歯をワイヤーでつなぎ、ワイヤーの力で歯を動かすという方法です。歴史もあり、矯正治療の方法として確立された方法です。(歯科医)
歯列矯正には様々な種類がありますが、一般的なものをいくつかご説明します。
1、ワイヤー&ブラケット矯正:矯正治療と言うとイメージされるもので、歯にブラケットと呼ばれる小さい装置を着けて、それに1本のワイヤーを引っ掛けて歯に力を加えていく矯正方法です。

2、裏側矯正:ワイヤー&ブラケット矯正を歯の裏側で行う矯正装置です。目立たない矯正治療をしたいと言う方に人気の治療法です。

3、マウスピース矯正:専用のマウスピースを自分で装着して進める治療法です。1日に16時間から20時間ほどはマウスピースを装着しないといけないので、思ったよりも大変です。装置が外せるので、食事や歯磨きはしやすいです。
(歯科衛生士)
最近では、目立ちにくいように、金属ではなく白いプラスチック製のものが発売されたり、歯の表側ではなく裏側にブラケットをつける方法が開発されています。裏側にブラケットをつける方法は、歯磨きもしやすいという利点もあります。(歯科医)
また、これとは全く異なる方法として、マウスピースを使って歯を動かす方法もあります。マウスピースを使う方法も目立ちにくいです。どの方法も、それぞれに特徴があります。費用も方法によって異なってきます。どの方法が、一番適しているのかは、担当の歯科医師とよく相談して決めるようにしてください。(歯科医)
このほかにも、インプラント矯正、コルチコトミーなど様々なものがあります。また医院によっても取り扱っている、施術可能なものが異なります。(歯科衛生士)

状況に合わせて多くのオプションが用意されているのが歯科矯正です。どれが自分に一番適しているのか、歯科医としっかり相談をして決めていきましょう。快適に歯並びを治すことができれば、ストレスなく治療していくことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加