善玉コレステロールを増やすためにやるべき2つのこと

  • 作成日:2017.05.09
  • 更新日:2017.05.02
健康

コレステロールには悪玉と善玉がありますが、善玉コレステロールが低いことでも身体に悪い影響があると考えられています。善玉コレステロールが異常値の時、どうやって正常に戻せばいいのでしょうか。

50代男性からの相談:「HDLコレステロールを正常にするには何をすればいいの?」

会社の健康診断でHDLコレステロールの数値が37と基準値より低いので動脈硬化や糖尿病などに注意が必要と言われました。また、医師には改善するためにバランスの取れた食事を摂ることと適度な運動を勧められましたが、私は野菜もそれなりに食べますし、必ずしも毎日ではありませんが散歩もしています。なのにHDLコレステロールが低いと言われたのは今回が初めてではなく、過去にも何度かありました。亡くなった母親も糖尿病を患っていましたし、身内にも高血圧や糖尿病を持病に持っている者もいますので、今後加齢に伴ってとても心配なのですが、どうすれば実際に改善できるのか教えていただきたいと思います。

似た質問もチェックしてみましょう

>>イカのコレステロールは本当に高い?食べても大丈夫?

善玉コレステロールを増やすには運動と食事の見直しから

善玉コレステロールを増やすための方法を専門家にお聞きしました。

HDLコレステロールは善玉コレステロールと言われています。このコレステロールは、悪玉コレステロールを回収して外に出す働きをしてくれます。その為に、このコレステロールが低いと悪玉コレステロールLDLが低くても注意しなければいけません。HDLの数値が低いと脳梗塞の発症のリスクが高くなります。LDLの数値が高くなるとリスクはますます高くなります。(看護師)
まずはLDLの数値を上げないように脂質の多い食事を避け、バランスの良い食事をすることが大切です。青魚にはHDLを多く含む成分が多く含まれています。魚を食事に多くと入れるのも大切です。(看護師)
HDLコレステロールが低い原因には、一番には食事に対して明らかに運動が不足していることにあります。これは体内で使いきれないコレステロールが脂肪に変わるためです。食事に対して見合う量の運動量を増やすことで、HDLコレステロールは増えてきます。(看護師)
ただ歩いているだけでは運動にはなりません。HDLを増やすためには汗をかくくらいの運動量が必要です。ウォーキングをする場合には、きちんと背筋を伸ばして、大きくお腹を動かすことを意識してください。また、歩幅はいつも歩行しているよりも一歩を大きく、しっかりと手を振り上げて歩行することを意識して、少しずつ距離を増やしてください。(看護師)
食事は毎日するものです。それに合わせるのであれば、運動も毎日行う習慣をつけることが大切です。ぜひ頑張って続けてください。(看護師)
アルコールも1日1杯程度ならHDLを増やすのに効果があるようです。過度の飲酒は健康にのよくありません。糖尿病になると脳、心疾患のリスクが高くなるので要注意です。(看護師)

コレステロールは食事と運動に気を配っていれば、正常な値に近づいていくと考えられます。脂質異常ということは何らかの原因があるということ。まずは自分でできる改善策を継続して、数値の推移を見守っていくといいかもしれません。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。