薄毛

2015/01/09

抜け毛を予防するシャンプーはどんなものがある?

抜け毛を予防するシャンプーはどんなものがある?

抜け毛が気になり始め、抜け毛予防効果があるというヘアケア製品を使い始めたものの、効果が見られないという男性。今回は、自分に合った製品の選び方についての相談です。

40代男性からの相談:「抜け毛予防に効くシャンプーの選び方」

最近特に抜け毛が気になり始めたので、テレビコマーシャルを見て抜け毛予防に効果があるというものをドラッグストアで購入しました。シャンプーだけでなくコンディショナーも同じシリーズのものを購入して使用開始から2カ月が経つのですが、抜け毛の量は変わりません。残念ながら効果がなかったと思うのですが、自分に合った抜け毛予防のシャンプーを選ぶには、どこを見ればよいのでしょうか。

ヘアケア製品の選び方。

相談者も認識しているとおり、ヘアケア製品は自分に合ったものを選ぶことが大切です。抜け毛対策が目的の場合、製品の選び方のポイントは何なのでしょうか。

シャンプーは界面活性剤を含まない刺激の少ないもの、無添加やノンアルコール、天然素材、アミノ酸系のものがいいかと思います。(看護師)
利用している理容院の方に相談して、髪質や頭皮を見てもらってはいかがでしょうか。乾燥がひどくフケが多い人、油分が多く汚れが目立つ人、毛根から髪が一本しか生えていない人など、自分では意外に気づかない髪や皮膚の性質を見てくれるでしょう。そのうえで自分の髪に合うものを選んではいかがでしょうか?(看護師)
女性より男性の方がコンディショナー使用による肌トラブルが多いです。昔から使用していたのであればいいのですが、最近使用し始めたのならコンディショナーの使用はあまりおすすめしません。コンディショナーを使用せずに様子を見るのもいいかもしれません。(看護師)
大抵のシャンプーやサプリメントはすぐに効果が出るものではありません。薬剤師に相談したり、説明書をよく読んで選ぶといいでしょう。(看護師)

ヘアケア製品以外に注意すべきこと。

正しいヘアケア製品選択のほかにも、薄毛対策にはいろいろ注意すべき点があります。日常的にはどのような点に気をつけたら良いのでしょうか。

外食やインスタント食品、ジャンクフード、高カロリー、高脂肪のものは控え、髪によいミネラル(海藻類)、たんぱく質(卵、魚類、大豆製品など)、ビタミン(野菜や果物)などをバランスよくとってください。(看護師)
生活習慣を見直してください。不規則な生活は疲れやストレスがたまり、抜け毛の原因になります。できるだけ規則的な生活を心がけるようにしましょう。(看護師)
飲酒、喫煙を控え、運動や趣味などで気分転換してください。(看護師)
洗いすぎはよくないので、シャンプーは1日1回。髪の汚れはお湯でほとんど落ちるので、シャンプーの前によく洗い流しましょう。その後、シャンプーを手で泡立て、頭皮をマッサージするように優しく洗います。水分やシャンプーが残っていると毛根に雑菌が繁殖し抜け毛の原因に。シャンプー後は十分にすすぎ、ドライヤーでよく乾燥させます。また、シャンプーの後に頭皮のマッサージをすると、血行がよくなり抜け毛対策になります。(看護師)

抜け毛には、食生活、生活習慣全体が関与しています。規則的な生活やバランスのとれた食生活、健やかな髪を育てるケアを根気よく続けることが抜け毛解消につながるでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加