頭皮にいい整髪料で薄毛は予防できる?

  • 作成日:2017.05.03
  • 更新日:2017.04.26
薄毛

薄毛が気になっていて頭皮のケアもしている…だけど、身だしなみを整えるのに整髪料は必要。整髪料は使い続けても問題ないのでしょうか。専門家にお聞きしました。

30代男性からの相談:「髪にいい整髪料と正しい使い方について教えて下さい」

高校生になった頃から髪を伸ばし始め、その時から整髪料をよく使うようになり今に至っています。最近では年齢とともに髪の抜ける量が日に日に増してきています。整髪料もなるべくムースやジェルを使わずスプレーを少々使うだけにしています。
シャンプーも頭皮の脂をとる専用のものに変えて、髪を洗う時はゴシゴシ洗わず頭皮をマッサージするように洗っています。気を遣っていたつもりでも最近では頭部の右側が激しく抜けてきてしまっています。このような状態でも整髪料は使い続けても良いのでしょうか。
身だしなみとして使わなければならないのですが髪に良い整髪料や専門家から見た正しい使い方があれば教えて頂きたいです。よろしくお願いいたします。

似た質問もチェックしてみましょう

>>頭頂部の薄毛は放っておくと進行してしまいますか?

薄毛に整髪料は厳禁なのか?

薄毛が気になる人にとって整髪料は使ってはいけないのでしょうか。整髪料の正しい使い方などについて専門家の回答です。

一般的な抜け毛は頭頂部や前頭部が薄くなる男性型脱毛症や、血行不良などから頭部全体的に薄くなることが多いものです。なかなか珍しいタイプの抜け毛・薄毛なようですね。このような薄毛は局所的な頭皮の異常が考えられます。(看護師)
頭皮にかゆみや痛みなどの情報がないのでそのような異常はないものとしてアドバイスします。頭皮の異常によるものだと考えられるので原則整髪料は使用すべきではありません。頭皮にとって健康的な整髪料などありません。どうしても使用しなければならないのであれば、整髪料が頭皮につかないように工夫してください。(看護師)
整髪料と言えば、頭皮や髪にダメージを与えやすく薄毛になってしまう原因の1つなので使い過ぎは良くないなどといったイメージがあるかもしれません。様々な種類がある整髪料は、どれを選んだらいいのかわからないこともあります。どれを選んでも同じだからと何を選んでもいいと言うわけではありません。(看護師)
頭皮の状態によっては良くないモノもあります。選び方としては、自分の頭皮の状態によって整髪料を変えるといいです。整髪料の商品を一つ一つ見てみると、成分に育毛剤の含まれているモノもあります。頭皮の薄毛に悩んでいる場合には、育毛剤の含まれているモノを選びましょう。(看護師)
使い方としては、整髪料を頭皮に直接つけないことが大切です。その他、長時間つけたままにしたり洗い残しのないようにアミノ酸が含まれているシャンプーなどを使用したりするといいです。(看護師)
また「脂をとる専用のもの」というのが気になります。皮脂を程よく残すことができる無添加で「アミノ酸系洗浄剤」のことなのか、それとも「皮脂をごっそり落とす」タイプなのかです。前者ならいいのですが、後者であれば逆効果です。(看護師)
皮脂は頭皮の保湿・保護作用があるため、すべて取り除くのは頭皮環境が悪化して薄毛の原因となります。できればアミノ酸系洗浄剤のシャンプーに変えてください。(看護師)

薄毛予防したいなら、整髪料などが頭皮につく状況を避けましょう。頭皮の毛穴などを塞いでしまうことが薄毛の原因になってしまいます。頭皮ケアは常に意識するようにしましょう。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。