ED

2017/05/02

テストステロンで精力アップ! 妻との性生活を円滑にするために

テストステロンで精力アップ! 妻との性生活を円滑にするために

若い頃の精力を失った…そんな悩みを抱えてはいませんか? 精力減退にはどのような方法が有効なのでしょうか。専門家からはテストステロンの分泌量がカギを握るといいます。

40代男性からの相談:「妻との性生活を円滑にするために何が必要でしょうか?」

最近、いわゆる夜の夫婦生活のことで悩んでいます。10歳年下の妻と結婚して8年になり、子供も2人とも小学校に上がったところです。子育ても一段落して、まだまだ体力のある妻は、この頃特に性生活に関して積極的になってきました。私の方は年齢もありますが、管理職になったこともあり、帰りも遅くなったり、精神的にも疲れて帰ってきます。正直、きついなと思うこともありますが、できるだけ妻の要求には答えてあげたいと思いますし、自分で言うのなんですが、まだまだ若くて魅力的な妻にはそれなりに催すものもあります。しかし、いざとなるとなかなか今までのようにはいかないことが多くなってきています。かといって目の前でドリンクなどを飲むのも気が引けます。何かいい方法はないでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう

>>EDでセックスがうまくいかない時の解決法とは?

テストステロンがもたらす男性機能への働きとは?

精力減退にはテストステロンが有効です。では、テストステロンは男性機能に対してどのような役割を持っているのでしょうか。専門家の解説です。

健康的な身体と精力は密接に関係しています。ですので、健康的な生活をまずは試みてください。体力増進のための運動、そして、バランスのとれた食事です。ご夫婦で一緒になって健康生活に取り組むことも、コミュニケーションの一つになりますので良いでしょう。(薬剤師)
精神や身体の疲れやストレスは、男性ホルモンの分泌を減らし、精力や性欲に影響を及ぼすといわれています。さらに、睡眠不足も男性ホルモンの分泌を減らします。体内のテストステロン(男性ホルモン)の分泌量を増やすことで、精力、性欲を高めることができます。(薬剤師)
ストレスを溜めないために、仕事の区切りには、休憩時間を作ってリラックスできる時間を持ち、ストレスはその都度発散しましょう。また、なるべく規則正しい生活を心がけ、睡眠をしっかりとることが大切です。良質な睡眠は、疲労を回復し、男性ホルモンの分泌を促します。(薬剤師)
テストステロンは、コレステロールを原料として作られます。その他にもアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどもテストステロンが作られるために重要な要素です。食事の際は、魚や肉類、卵など質の良いコレステロールを摂るのはもちろんですが、偏った食事はよくなく、栄養バランスの取れた食事をしましょう。また、適度な運動も筋肉が刺激され、テストステロンの分泌を増やします。(薬剤師)
また、精神的な面も、とても影響しますので、うまくいかないのではないかと、気負わずにいることも大切です。最近では、泌尿器科にて、男性のアンチエイジングや男性更年期の相談や治療を受け付けてくれるクリニックも増えてきました。(薬剤師)
ED(勃起不全)症状がある場合でしたら、ED治療薬があります。個人差はありますが、服用後、長時間(20時間以上)作用するタイプのものもありますので、前もって服用しておくという方法もあるでしょう。しかし、ED治療薬は、身体の状態により使用できない場合や併用できない薬があります、さらに、副作用を十分に理解して使用することが大事ですので、使用の際は、医師に相談しましょう。(薬剤師)
ひとつの目安として、朝立ちの状態を確認してみてください。もし、朝立ちが全くない、頻度が減ってきているなどありましたら、男性ホルモンの低下や血管障害のリスクもありますので、上記のようなクリニックに相談してみてください。(薬剤師)

精力減退に悩んでいるなら、テストステロンを増やす工夫を日常的に行っていきましょう。コレステロールを気にするあまり、テストステロンの原料が不足する状況は精力減退のきっかけとなってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加