メンタル

2017/04/27

仕事のストレスで不眠に…病院に行くべきか?

仕事のストレスで不眠に…病院に行くべきか?

毎日仕事のストレスと闘って疲れていませんか? 今回の相談者さんはストレスで不眠になってしまったといいます。この場合、病院に行くべきなのでしょうか。

20代男性からの相談:「仕事のストレスでよく眠れません。診てもらうべきですか?」

仕事のストレスが原因で眠れない日々が続いています。職場の直属の上司からの度重なる叱責が原因で寝れない日々が続いています。日によって差はあるものの平均して2時間ほどしか眠りにつけない日もあります。それまでは平均して毎日6時間以上の睡眠がとれていました。睡眠が少なくなると仕事の効率も悪くなり、上司からの叱責もより酷くなる悪循環の毎日です。心療内科などで診てもらい、眠剤など専門的な薬を処方してもらうのが良いのでしょうか?教えていただければ幸いです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>必ず夢を見るのは、睡眠の質が悪いからですか?

仕事のストレスから来る不眠にどう対処すべきか

仕事のストレスで不眠になってしまったとき、推奨される対処法について専門家に解説していただきました。

仕事のストレスで眠れないのですね。食事は食べられていますか? 睡眠は脳と体の両方の休息のために必要なものです。ストレスがかかった状態での睡眠は、たとえ長い時間眠っていたとしても、交感神経が興奮したままで深い眠りが取れていないといわれています。ましてや、平均2時間程度では、心も体も疲れがたまる一方で、仕事の効率も悪くなりますし、体を壊してしまいます。すぐにでも心療内科を受診して、今の状況を説明してほしいと思います。(心理カウンセラー)
また、同僚や友人、ご家族などに相談し、あなたの力になってくれる人を見つけてください。エネルギーが足りないときは、自分ひとりで上司に何かを言えることもできないと思いますし、できれば職場のメンタルヘルスを担当している部署にも相談に行っていただけたらと思います。まずは、仕事を休んで、病院に行きましょう。(心理カウンセラー)
医師と相談して、場合によっては診断書を書いてもらいましょう。体と心を休めて、そのうえで、次の対策を周囲の人に助けを求めて考えていきましょう。あなたの体は、一つしかないのです。上司や会社のために、あなたの体が壊される必要はないのですよ!(心理カウンセラー)
私たちが健康な生活を送っていく上で、睡眠はとても重要なものです。睡眠中には、ストレスの解消、成長ホルモンやその他ホルモンの産生、新陳代謝の促進・傷などの回復、血液成分の産生というように重要な役割があります。睡眠が不足してしまうことで前述したようなことが不十分となります。(看護師)
そのようなことで糖尿病や高血圧症、動脈硬化から狭心症・心筋梗塞などを発症してしまうリスクが高くなってくることもわかってきています。このように、睡眠は健康な生活を続けていく上でとても重要なのです。(看護師)
そのため、対症療法になってしまいますが、心療内科などを受診して、睡眠導入剤などの処方を受けるのはもちろんですが、対処法のアドバイスなどまで受けた方が良いでしょう。(看護師)

仕事のストレスから来る不眠には十分な休養が必要になります。仕事のことを考えずに、より良い方向へ向かっていけるように行動してみるといいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加