口臭を改善する口内ケアとは?

  • 作成日:2017.04.26
  • 更新日:2017.04.26
口臭

口臭が口の中で起こっている時、嫌なニオイを撃退するためにはどんな方法があるでしょうか。歯の専門家に具体的な対策についてお聞きしました。ぜひ参考にしてみて下さい。

50代男性からの相談:「口臭を消すには歯のクリーニングを受け続けないといけない?」

口臭がきつくなったと家族に言われて困っています。半年前に虫歯が痛くなって歯医者さんに行きました。その時に、歯のクリーニングもお願いしました。虫歯の治療が終わって、最後にもう一度歯のクリーにングを受けました。その直後は口臭もだいぶ治まったと思います。その後は歯磨きをマメにする様になりました。そのためか以降、虫歯で歯が痛むことは無くなりましたが、口臭がひどくなってきたと思います。口内をクレンジングする薬剤を試してみようかとも思いますが、殺菌がきつそうなので不安です。また歯のクリーニングを受ければ良いかも知れませんが、長時間、歯のクリーニングを受け続けることがかなり苦痛に感じました。私の様な場合、どの様に処置するのが最適なのかわかりません。

似た質問もチェックしてみましょう

>>歯を磨いても口が臭い…口臭を引き起こす3つの病気とは?

口の中の嫌なニオイを消すにはどうすればいい?

専門家に口臭を消すための口内ケアについて解説していただきました。

口臭を指摘されると不安になりますよね。口臭は、生理的口臭と病的口臭に分けられます。生理的口臭は、朝起きたときの口臭や食後の口臭です。食後の口臭といえば、にんにくが有名ですよね。これら生理的口臭は、治療の対象とはなりません。(歯科医)
一方、病的口臭は、治療の対象となってきます。病的口臭で最も多いのが、歯周病による口臭です。もちろん、おっしゃるとおりむし歯があって磨き残しがそこについていたりすることでも口臭が生じてきます。こうしたお口に原因がある口臭は、歯科医院でお口のケアを受けることが効果的です。(歯科医)
しかし、おっしゃる通り、短時間の処置ではないので、長い間お口を開け続けなければならないため、やはりしんどいものです。しかし、一度で終わらせる必要はありません。歯科医院側は、何度も来院してもらわなくてもいいように、長い時間を確保して行なっているだけですから、何回かに分けて行なってもらうよう、伝えていただければいいと思います。(歯科医)
お口のうがい薬などは、刺激の強いものから、低刺激のものまでいろいろな種類があります。不安なのでしたら、アルコールが含まれていない様な低刺激性のものから使ってみてはいかがでしょうか。(歯科医)
口臭にお悩みとのことですね。歯医者でクリーニングを行うと症状が和らぐと言うことは、口臭の原因は細菌性のものである可能性が高そうです。(歯科衛生士)
歯磨きはしっかりしているということですが、歯と歯の間の清掃には歯間ブラシなどは使っていますか? ご年齢的によほど状態が良くなければ、歯間ブラシは使用しないと磨き残し=歯垢が残り、それが口臭の原因になっているということも考えられます。(歯科衛生士)
また、歯周病菌などの口腔内の細菌バランスは、一度クリーニングでほとんどの細菌を取り除いていても数カ月で元の細菌バランスに戻ってきてしまうと言われています。(歯科衛生士)
口内クレンジングする薬剤は、ドラックストアなどで市販されているものであれば、通常の使用であれば害はありませんので試してみていただいても良いのではないかと思います。ですが、ご年齢的には、数カ月に一度は歯科でのクリーニングを受けるのがよいかと思いますので、大変かもしれませんが、ご検討ください。(歯科衛生士)

口臭の原因は様々ですが、口の中に原因があるのであれば、今回ご紹介したケアを実践することで軽減させることもできるかもしれません。こまめなケアが口臭を撃退するのです。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。