薄毛

2017/04/25

早いうちからの薄毛予防って…なにをすればいいの?

早いうちからの薄毛予防って…なにをすればいいの?

将来ハゲてしまうのは避けたいもの。そのために、早めの薄毛対策をしたいと考えている人も多いかもしれません。しかし、何をすべきなのでしょうか。専門家に早めの薄毛予防についてお聞きしました。

30代男性からの相談:「早めの薄毛防止対策を教えて下さい」

そろそろ頭髪のことが気になってきました。祖父が頭髪がない状態だったため、隔世遺伝があるのではないかと少し心配していますし自分自身の頭髪も少し気になってきている状態です。この場合の早期予防策があれば教えて欲しいです。手ごろなところでマッサージの仕方だったりとか、ふだんの生活、食事で積極的に摂取するものだったりとか身近なところから継続して出来る予防策があれば教えて欲しいです。シャンプーがいいのがあればそれもあわせて教えて欲しいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>ブラシで頭をトントン…この薄毛対策は正解なのか?

薄毛予防のために何をすればいいのか?

将来の薄毛を防ぐために何をすべきなのか、専門家の解説です。

遺伝的なものは予防しようがありませんが、その他のことは予防策もあります。頭皮マッサージは頭皮の血行を促進して新陳代謝を高め、薄毛予防に効果が見込めます。指の腹を頭皮に当てて、こすらない様に頭皮をグニグニとスライドさせるようにしてみましょう。(看護師)
髪も頭皮も身体の一部です。食事・栄養は「これを摂取!」というよりも栄養バランスのとれた食事が重要です。シャンプーは洗浄剤がキモです。多くはアルコール系洗浄剤ですが、アルコールで頭皮を洗うと考えると頭皮に優しいわけがありません。できれば頭皮や髪に優しいアミノ酸系洗浄剤のものを探してみましょう。(看護師)
ストレスも薄毛の原因となります。睡眠は最大のストレス発散方法です。睡眠をしっかりとったりストレスを発散していきましょう。(看護師)
若いうちから薄毛に悩んでいる人は、増えてきています。薄毛は早めに対処することができます。そのままにしておくと、手遅れになってしまうことがあります。(看護師)
薄毛になる原因は、遺伝や環境、ホルモンバランスが崩れることでなります。相談者さんの場合には、遺伝性の可能性もありますがストレスや睡眠不足・偏った食事など生活習慣の乱れということも考えられます。(看護師)
予防策としては、生活習慣を見直して睡眠や栄養のある食事にするなどしたり脱毛予防の育毛剤やシャンプーを使用したりストレスを改善したりするといいです。どの育毛剤やシャンプーが合っているのかは、人によって違うので色々と使ってみて自分に合うモノを選びましょう。髪を洗った後には、しっかり乾かしましょう。(看護師)

薄毛にならないためには、早めのケアが大切です。まずは、規則正しく栄養バランスのいい生活を送るといいでしょう。ホルモンバランスが崩れることで、薄毛が引き起こされる可能性もあります。そうならないように、生活を見直してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加