頭頂部の薄毛が治らない…どうしたら毛が生えてくる?

  • 作成日:2017.04.23
  • 更新日:2017.04.20
薄毛

薄毛のケアをしているのに、頭頂部の薄毛が治らないという相談者さん。どのようにすれば髪の毛が生えてくるのかについて、専門家にお聞きしました。

20代男性からの相談:「頭頂部の薄毛が治りません。どうすればいいですか?」

数年前から頭頂部の髪の毛が薄くなっている気がします。まだ20代のため薄毛になるとは思っていなかったのでショックを受けました。最近になり育毛剤や育毛ケア商品など、いろいろと試すようにしていますが、髪の毛の量はまったく変わりません。若い人専用の育毛商品もあまりないため、どのようにしたら髪の毛が生えてくるのか悩んでいます。年齢がまだ25歳の私がどのようにしたら髪の毛が生えてくるのか、解決策を教えてくださると嬉しいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>頭頂部の薄毛は放っておくと進行してしまいますか?

頭頂部の薄毛の原因とその対策について

頭頂部の薄毛はなぜ起こってしまうのでしょうか。そして、その対策として考えられるのはどのようなことなのでしょうか。専門家に解説していただきました。

20代で薄毛になると、ショックを受けてしまうと思います。ですが、若い人の薄毛は多くなってきています。人によって、どこの部分から薄毛になるのかどのような状況で薄毛になるのかは違います。(看護師)
薄毛の原因はさまざまですが、薄毛の改善に重要なのは「薄毛の原因に適応した対策をとること」です。例えば、頭皮のアトピーが原因で薄毛である場合はアトピーの治療が最優先です。しかし全く関係のない血行促進の対策をしたところで改善はできないでしょう。(看護師)
頭頂部の薄毛は、「男性型脱毛症」ということが考えられます。原因としては、遺伝が大きいとされているので親族に薄毛の人がいるとなりやすいです。その他は、食事や生活習慣の乱れやストレスなども原因として挙げられます。(看護師)
対策としては、食事や生活習慣を規則正しく直したり運動やストレスを解消させたり頭皮マッサージを行ったりするといいです。頭頂部の状態を詳しく知りたかったり対策をしても、改善が見られない時には専門家に相談しましょう。(看護師)
質問者さんはどんな育毛剤を使用してあるのでしょうか。頭頂部の薄毛は「男性型脱毛症(AGA)」であることがほとんどです。男性型脱毛症の原因は「テストステロン」という男性ホルモンが、「5αリダクターゼ」という酵素と反応することで【ジヒドロテストステロン】という男性ホルモンに変化します。このジヒドロテストステロンが頭頂部や前頭部の髪の毛の寿命を極端に短くし、脱毛させてしまうものです。これに効果があると医学的に証明されているのは「フィナステリド」という成分です。(看護師)
他にも男性型脱毛症を改善できると言われている成分はありますが、医学的な立場からはフィナステリドをお勧めします。これは基本的には病院で処方してもらうものなので病院を受診しなければなりません。現在では通販でもあるようですが、副作用もあるとされているので病院での処方をしてもらうほうがいいでしょう。(看護師)

薄毛の原因には様々な要因が考えられます。その原因によって対処法は異なります。現在は薄毛改善に対していくつものアプローチが存在していますので、医療機関やクリニックを訪れて、しっかりとした対策を始めるのが最も賢い選択だといえそうです。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。