うなぎはコレステロールが高い? 蒲焼と白焼きコレステロールが高いのはどっち?

  • 作成日:2017.04.19
  • 更新日:2017.04.19
健康

うなぎはコレステロールが高いといわれています。コレステロールを気にしている人は食べても問題ないのでしょうか? また、調理法によってもコレステロールに違いが出るといいます。専門家の回答です。

30代男性からの相談:「うなぎは魚なのにコレステロールが高いんでしょうか?」

うなぎは精力を高めるといわれていますが、コレステロールも高いというのを見ました。うなぎのコレステロールが高いというのは本当でしょうか? 勝手な考えなんですが、魚類はコレステロールが低いものだと思ってました。もしうなぎのコレステロールが高いとすると、うなぎって健康にいいのか悪いのか分からないですね。うなぎは頻繁に食べませんが、夏場に食べるというのはコレステロールが高いというのも関係しているんでしょうか。コレステロールを多く摂ると夏の暑さを乗り切れる効果があるとか?

似た質問もチェックしてみましょう

>>コレステロールを下げるための3つのポイントって?

うなぎはコレステロールが高いから危険? うなぎと健康について

うなぎは身体にいいのでしょうか? うなぎが持つ健康効果にはどのようなものがあるのでしょうか。専門家にお聞きしました。

うなぎに含まれているコレステロールは、100gあたり230mgです。うなぎの肝は100gあたり430mgです。比較としては、卵が100gあたり480mg、イワシが100gあたり110mg、サバが100gあたり5mg、ブリが100gあたり72mgです。(看護師)
確かに、他の魚類に比べるとコレステロール値は高めです。しかし、うなぎには、ビタミンA、ビタミンE、ミネラル、DHA、EPAが豊富です。ビタミンAやビタミンEやミネラルは、抗酸化作用や疲労回復効果があります。夏バテしやすい時期に食べると滋養強壮に良いという意味で昔から夏に食べられていますが、理にかなっていると言えます。(看護師)
また、コレステロールの中にも様々な種類があり、近年問題視されているのは、酸化したコレステロールが動脈硬化を引き起こすと言われています。善玉コレステロールと言われるものは、血液中の不要物を回収して排出させる効果があり、一定量以上必要と言われています。(看護師)
うなぎなどの魚類に含まれているコレステロールは、善玉コレステロールを上げる効果も期待できるので、適量食べるのは健康に良いと言えます。(看護師)
魚は肉類に比べて、確かにコレステロールは低いかもしれません。けれども魚卵や内臓も食べる魚、脂の多い魚、イカ、たこ、エビ、カニはコレステロールが多くなります。(看護師)
うなぎは栄養価が高く、身体に必要な栄養素が殆ど含まれていると言ってもよい食品です。けれども脂も多くカロリーやコレステロールも高くなります。夏場でで元気のないとき、体力低下しているときに食べると効果的な食べ物です。けれども普段から食べるとカロリーやコレステロールの摂り過ぎになってしまう可能性があります。(看護師)
蒲焼と白焼きでは白焼きの方がカロリーが多くなります。蒲焼きは二度焼きするので、その間に油が多く落ちるからカロリーも下がります。また、コレステロールが多い=元気になるというわけではありません。うなぎは前に説明したとおり栄養素が豊富に含まれているからです。(看護師)

うなぎは栄養価が高い食べ物です。コレステロールが高いという以上に食べることで身体にいい影響をもたらすことができます。もちろん、食べ過ぎるのはよくないですが、体力をつけたい時などに食べるといいでしょう。

【9月最新】健康促進サプリランキング
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
圧倒的なコスパ!15円でオメガプラスを摂取!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!