親知らずの手術で入院? 親知らずを抜くときの注意点とは

  • 作成日:2017.04.14
  • 更新日:2017.04.13
健康

大人になって親知らずが顔を出すという経験をされた方もいらっしゃるでしょう。今回の相談者さんは、親知らずを抜くために入院が必要だといわれてしまったようです。親知らずを抜くときには、どのようなポイントが病院での処置に違いをもたらすのでしょうか。

20代男性からの相談:「親知らずの手術は入院しないとダメ?」

ここ半年程前から左右の奥歯のところに2本親知らずが生えてきました。最初のほうは少し顔を出す程度だったのですが、最近になり急激に親知らずが伸びてくるようになり、歯磨きをする時なども違和感を感じるようにもなってきました。
親知らずは抜いたほうがいいとよく言われていますが、虫歯や歯並びが悪くなくても抜いておいたほうが良いのでしょうか? また、仮に治療するとなったら入院することになるらしいのですが、日帰りでも治療できないのでしょうか? ご教示のほど宜しくお願い致します。

似た質問もチェックしてみましょう

>>親知らずで起こる口臭をどのようにケアすればいいのか?

親知らずは入院しないと抜けない?

親知らずの手術は入院が必要なのでしょうか。専門家に聞きました。

親知らずは、入院しなくでも抜くことができます。もちろん、ケースによっては入院をすすめられることもあるかもしれませんが、一般的には通常の来院で抜歯することが可能です。特に、相談者さんの親知らずは頭も出ているということなので、入院というのは少し大袈裟な気がします。(歯科衛生士)
虫歯や、歯並びが悪くなければ、もちろん抜かなくても大丈夫です。特に歯並びに影響を与えず、まっすぐ生えてくるようであれば、磨くことができていれば何の問題もありません。むしろ、正常に生えている親知らずを抜く必要はありません。(歯科衛生士)
親知らずを抜歯した方がいいケースは、主に親知らず自身の虫歯、歯列からそれていて磨けない、他の歯に悪影響を与える可能性が高い、歯周病になっている場合です。それ以外の場合であれば、無理に抜く必要はありません。口腔外科出身の先生を探して一度ご相談してみてはいかがでしょうか。(歯科衛生士)
急激に親知らずが生えてきたら、不安に思いますよね。親知らずを抜いた方がいいかどうかは、その生え方によります。まっすぐきちんと生えていれば、抜く必要はありません。しかし、斜めに生えていたり、一部だけ生えていて、歯茎に覆われていたりするのなら、抜いた方がいいかもしれません。なぜなら、このような状態にある親知らずは歯磨きがしにくいので、将来的に虫歯になったり歯茎を腫らしたりするリスクが高いからです。(歯科医)
親知らずを抜くのなら、若いときの方が骨が軟らかいので抜きやすい上に、抜いた後の治りもいいので、若いうちに抜く方が、ご本人にとっても楽です。(歯科医)

入院が必要になる親知らずとは

親知らずも状態によっては入院が必要になるケースがあるといいます。

抜歯に際して入院をすすめられたということですが、もしかしておっしゃる親知らずが下顎で、その根が下顎管という神経と動脈の走っている下顎骨の中のトンネルに当たっているという状態なのでしょうか。もしくは、上顎なら上顎洞という上顎骨の上、目の下にある大きな空洞に近いところに親知らずがある、またはそこに親知らずが深く食い込んでいるという状態なのでしょうか。もしそうなら、入院したほうがいいかもしれません。日帰りでの入院抜歯もできます。(歯科医)
主治医の歯科医師に親知らずがどのような状態にあるのかを、よくお聞きになってはいかがでしょうか。(歯科医)

親知らずは状況によっては入院が必要になる場合があります。親知らずを抜く際には自分の歯の状態をしっかりと把握し医師と相談してから望むといいでしょう。きちんと納得してから手術を受ける方が安心できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。