食後のしゃっくり…48時間止まらないのは危険信号!

  • 作成日:2017.04.13
  • 更新日:2017.04.12
健康

食後にしゃっくりが出てなかなか治まらないというお悩みをお持ちの相談者さんから質問が届きました。この症状は何らかの病気なのでしょうか。専門家からは危険と判断されるボーダーラインがあるといいます。

30代男性からの相談:「食後にしゃっくりが出るのは何が原因でしょうか?」

私は食事をした後、時折しゃっくりが止まらなくなる時があるのですが、これはどこか体が悪いなどで起こる事なのでしょうか?
いつもは気にせずしゃっくりが治まるのを待っているだけなのですが、私の場合結構な頻度でしゃっくりが出てしまいます。いつもはしばらくすると治まるのですが、ついこないだはいつもより治まるのに時間がかかりました。どこか体が悪い原因でしゃっくりが出るのか、とても気になるので教えてもらいたいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>うどんなどの胃に優しい食べ物で胃痛が起こるのはなぜ?

食後にしゃっくりが出る原因と危険ラインとは?

食後にしゃっくりが出てしまう原因は一体何なのでしょうか? そして、しゃっくりがなかなか止まらない時には、どのような危険が潜んでいるのでしょうか。専門家の回答です。

しゃっくりというのは胃の近くにある横隔膜のけいれんが原因で起こります。ですが、長時間続くしゃっくりは病気が隠されていることもありますが、その場合はしゃっくりだけでなく他の自覚症状を認めることが少なくはありません。(看護師)
しゃっくりは横隔膜の痙攣により起こる現象です。横隔膜周囲の筋肉と声門の動きが何らかの原因でずれると起こります。食後のしゃっくりの原因は、早食い、食事量が多い、刺激物を食べた、熱いまたは冷たいものを食べた、喋りながら飲み込んだなどが挙げられます。(看護師)
早食いや食事量が多いと胃が膨らみ横隔膜も圧迫されます。刺激物などが胃に入ると横隔膜も刺激されます。喋りながら飲み込んだりすると声門が閉じるタイミングが合わずにしゃっくりが出ることがあります。病気ではないことがほとんどで、一種の生理現象です。(看護師)
食後のしゃっくりは大抵の場合は、胃に食物が溜まったことで横隔膜が押されてけいれんを起こしているので一時的なことが多く、体の器質的な病的な異常が認められないことがほとんどです。(看護師)
食後のしゃっくりも短時間で一時的なもので落ち着くようなら、そのまま様子を見てもいいかと思います。ですが、一度起きたしゃっくりが一日中続いて収まらない、頭痛や吐き気も伴うような場合は脳疾患や膠原病を疑う病気が隠されている可能性もありますので、一度病院に受診することをおすすめします。(看護師)
いつまでも出続けるような場合には、消化器系や肝臓や肺や脳の疾患の可能性もあるため、医療機関を受診しましょう。特に48時間以上続く場合には注意が必要です。(看護師)

長く続くしゃっくりには注意が必要です。たいていは数時間で治まるものですが、48時間を超えてもなおしゃっくりが出続けてしまう場合は、早めに医療機関を受診するのが望ましいでしょう。

【9月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
圧倒的なコスパ!15円でオメガプラスを摂取!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!