薄毛

2015/01/02

プロペシアは効かない人もいるの!?

プロペシアは効かない人もいるの!?

薄毛に効果があるとされるプロペシアですが、誰が使っても効果はあるのでしょうか。人によって生えたり生えてこなかったりしないのか、自分はどっちのタイプなのか。プロペシアが効く薄毛とはどのようなものなのか見てみましょう。

30代男性からの相談:「プロペシアの効き目。使う人によって違いはある?」

プロペシアができてから、薄毛になっても薬があるので安心と思っていたのですが、あまり効果がない人もいるのではないかと感じています。効く人、効かない人の違いはあるのでしょうか。自分がどちらのタイプなのか、事前に判断することはできるのでしょうか。

生活習慣なども関係するため、自己判断は難しい

効果の現れ方などは、使う人によって個人差があります。一言で薄毛と言っても、生活習慣などその原因は様々なので、専門医を受診して判断してもらうとよいでしょう。

薬やサプリの効果は個人差があるので、使ってみないと効果が出るかどうかの判断は難しいでしょう。しかし服用前にカウンセリングを受けて、生活習慣や頭皮の状態や体質などから、自分にあった薬や治療法を選ぶことはできるようです。(看護師)
増毛の薬はすぐに効果が現れるわけではなく、長期にわたって服用しなければなりません。費用もかかるので、専門医の指導のもと、よく検討されてから服用するとよいでしょう。(看護師)

人によってはプロペシアの効果がないことも

薄毛の原因となるホルモンの生成を抑えるプロペシアですが、人によっては効かないこともあるようです。また、AGA(男性型脱毛症)以外の薄毛だと、効果は無いと看護師さんは説明しています。

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが酵素によりジヒドロテストステロンに換えられ、それが髪の成長サイクルを乱すために起こります。プロペシアはこの酵素を阻害してジヒドロテストステロンの生成を抑えるものですが、人によっては効果が出にくいようです。(看護師)
髪を作り出す毛母細胞が弱っている場合は薬剤の効果が出にくく、この細胞が死んでしまっている場合は効果が出ません。またAGAではなく、他の原因による脱毛(円形脱毛症や側頭部の薄毛など、血流不良による薄毛)にも、効果はないようです。(看護師)

プロペシアは薄毛に効果がある薬ですが、これがあるから安心というわけではなさそうです。自分の薄毛が、どのタイプによるものなのかを知ることが大切なので、プロペシアを使う前に専門医のアドバイスを受けた方がよいかもしれません。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加