薄毛

2015/01/01

ミノキシジルは生え際に効果があるのか?

ミノキシジルは生え際に効果があるのか?

男性にとって深刻な悩みである薄毛ですが、生え際の後退や頭頂部の薄毛など人によって症状は様々です。生え際には、ミノキシジル配合の育毛剤は効かないのかという相談をいただいていますが、実際はどうなのでしょうか。

40代男性からの相談:「ミノキシジルは生え際の薄毛には効かないのか?」

今リアップを使っているのですが、ミノキシジルは生え際にはあまり効果が期待できないということを聞きました。どちらかというと生え際の方が気になって育毛剤を使い始めたので、これが本当だと別の育毛剤に変えた方がよいかとも思っています。ミノキシジルは生え際に効果がないのなら、どのような育毛剤を使えばよいですか。

生え際にはプロペシアが有効

ミノキシジルは生え際に全く効果がないということはないのですが、どちらかと言えばプロペシアが適しているようです。薄毛は、生活習慣など様々なことが原因となっているので、育毛剤については専門医とよく相談の上使用するとよいでしょう。

生え際は、ジヒドロテストステロンの影響を受けやすい部分で、このジヒドロテストステロンの生成を阻止するならばプロペシアという内服薬が有効です。生え際が気になるようでしたら、プロペシアとミノキシジルを併用するとよいでしょう。(看護師)
薄毛の原因には遺伝・体質・ストレス・生活習慣などがあり、生え際の薄毛はストレスや頭皮の血行不良が原因で起こると言われています。ミノキシジルは薄毛に効果があると推奨されていますが、血行が悪いと栄養が行き渡らないため、生え際にはあまり効果がないようです。(看護師)
育毛剤やサプリの使用は個人差があるので、どれがお勧めというものはありません。薬剤師や専門医に相談してご自分にあったものを使用してください。(看護師)

食事や生活習慣、シャンプーの仕方に気を付けよう!

不規則な生活や偏った食事、間違ったシャンプーの仕方なども薄毛の原因となってしまうようです。ストレスを溜めない正しい生活習慣を身に付け、髪の毛の洗い方にも気をつけるようにしましょう。

不規則な生活はストレスがたまりやすく頭皮の血行も悪くなりますし、睡眠不足もホルモンの生成を悪くします。また、脂っこいものや高脂肪のものは皮脂の分泌が多くなるので、血液をサラサラにする緑黄色野菜や海藻類、肉より魚、果物や大豆製品などバランスよく食べるように心がけ、外食やインスタント食品などは避けるようにしてください。(看護師)
こめかみの上や頭頂部に薄毛対策のツボがあるので、そこを刺激するようシャンプー時にマッサージしてください。髪の汚れはお湯でほとんど落ちるので、ごしごし洗う必要はなく、シャンプーが残らないように十分すぎるほどよくすすいでください。シャンプーや水分が残っていると、毛根に雑菌が付着しやすく抜け毛の原因になるので、洗髪後はドライヤーでよく乾かしましょう。(看護師)

ミノキシジルは、血行が悪く薄毛になってしまった生え際にはあまり効果が期待できないようです。プロペシアとの併用がよいとアドバイスをいただきましたが、ストレスを溜めないようにする、食べるものに注意するなど普段の生活習慣を見直すことも大切です。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加