慢性化すると手がつけられなくなる切れ痔…改善する薬や工夫とは?

  • 作成日:2017.03.24
  • 更新日:2017.03.23
健康

切れ痔で排便のたびに辛い思いをしている方も多いでしょう。そんな人のために、切れ痔に有効な薬や日々の工夫についての専門家のご意見を紹介しましょう。

30代男性からの相談:「切れ痔で便をする時に痛い…改善する薬やサプリはありますか?」

私は昔から便をした際にお尻の穴が切れてしまい、痛くていつも困っております。切れるたびに病院へ行くわけにもいかず、自分なりに柔らかい便を出せるように水分をよく取るようにしてみたりなどして努力しているのですが、なかなか治ることがありません。
毎回気を遣いながら便をするのがとても嫌でストレスがたまります。なので何か良い薬やサプリメントなどがあるのであれば教えてもらいたいです。普段の生活の中で解決する方法などがあるのであればそれも教えてもらいたいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>排便時の裂けるような痛み…切れ痔の改善方法とは?

切れ痔を改善する市販薬

切れ痔を改善するための市販薬について専門家にお聞きしました。

切れ痔に対する市販薬としては、ボラギノールやプリザエースなどがあります。どちらも抗炎症薬としてステロイドが配合されています。ボラギノールには、ステロイドが入っていないタイプ(ボラギノールM)もあります。(薬剤師)
初めての方が利用しやすいのは注入軟膏です。容器がプラスチックなので、そのままでは挿入の際痛みを感じる場合がありますので、軟膏を少し出して挿入部分全体に塗ると、スムーズです。これらの薬にはステロイドが配合されていますので、漫然と長期間の使用はおすすめしません。症状が続く場合は病院で診察を受けてください。(薬剤師)
市販の薬を10日間使用しても症状に改善が見られない場合や再発を繰り返す場合は、病院を受診して治療しましょう。(薬剤師)

切れ痔を予防・悪化させない工夫とは?

切れ痔を悪化させない方法と予防についてお聞きしました。日々の生活で工夫して行けるポイントがあります。

普段の生活の中でケアするには、まずは、便の硬さが丁度よい状態となるよう、腸内環境を整えるようにしてみましょう。硬い便はもちろん、下痢状の便も肛門周辺の皮膚をただれさせ、切れ痔の原因となってしまいます。食物繊維の多い食べ物や、発酵食品を多く食べるよう心がけてください。(薬剤師)
肛門周辺は清潔に保つように心がけ、トイレットペーパーでお尻をふく際は、優しくふきましょう。ウォシュレットも有効です。その上で、痛みが強い場合は市販の注入軟膏、座薬を使用してみてはいかがでしょうか。(薬剤師)

慢性化すると恐ろしい切れ痔

切れ痔は何度も繰り返すことで慢性化し、しまいには手がつけられない状況になってしまうといいます。

切れ痔は裂肛ともいわれ、便が硬いことで起こりますが、頻回な下痢でも起こることがあります。切れ痔は、再発を繰り返すと慢性化してしまうこともあり、切れ痔の治療は痛みがなくなっても、しばらくは治療を続けることが必要です。(薬剤師)
切れ痔を繰り返して慢性化してしまうと、肛門の皮膚がもろくなり、少しの刺激でも破れるようになり、肛門の筋肉が広がりにくくなってしまうことがあります。(薬剤師)

痔というと、自分の手に負えなくなるまで病院に行かないという人もいるかもしれません。しかし、その判断がのちの人生に与える影響は決して小さなものではありません。まずは、自分で治すという意識を改革しなければなりません。

【9月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
圧倒的なコスパ!15円でオメガプラスを摂取!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!