カニは高コレステロール? ギフトで送るのはマズイ?

  • 作成日:2017.03.24
  • 更新日:2017.03.23
健康

カニはコレステロールが高いのでしょうか? 今回の相談者さんはカニをギフトとして贈ろうとしたところ、妻に止められてしまったといいます。カニとコレステロールの関係について専門家の回答です。

40代男性からの相談:「コレステロールを気にしている人にカニはNG?」

カニはギフトとしてはうってつけだと思うのですが、プレゼントする相手が健康に気を遣っている人だと困ってしまいます。コレステロールを気にしている相手にカニを贈ろうとしたところ、妻からは「身体に悪いからやめた方がいい」といわれてしまいました。
カニが痛風によくないというのは聞いたことがありますが、コレステロールも高めてしまうのでしょうか? カニとコレステロールの関係について教えて下さい。

似た質問もチェックしてみましょう

>>イカのコレステロールは本当に高い?食べても大丈夫?

カニはコレステロールが高いのか?

カニとコレステロールの関係について専門家にお聞きしました。

カニやエビはコレステロールも多く含まれますが、同じくコレステロールを下げる作用のある成分が含まれていることが最近では分かっています。そのために昔ほど食べてはいけないといわれなくなりました。(看護師)
昔はよく、カニはコレステロールが高いと言われていたようですが、最近の研究では特別に高いわけではないことが分かっています。また、カニの甲羅にはキチンという、コレステロールを下げる栄養素も含まれています。ですので、カニ鍋などにすると健康にいいと考えられます。(看護師)
ただし、かにみそにはコレステロールが高濃度に含まれています。また、カニにはプリン体が多いから食べすぎると痛風になるといわれる人もいますが、カニが特に高いというわけではないため、避けるべき食品とまではいえません。(看護師)
中にはまだまだカニはコレステロールが高い、痛風になる、と思っている人が多いのも現状です。カニを毎日食べるというわけでもなく、ギフトとして贈るのであれば、いいのではないかと思います。(看護師)
プリン体は多いので、痛風の人が食べると痛風発作の原因になります。年齢が高い人ほど食べてはいけないと思っている人が多いと思います。贈る相手が痛風やコレステロールが高く、健康に注意しているのであれば、ギフトに食べ物を贈るときには注意が必要です。糖尿病、高脂血症、高血圧と複数の病気を持っている人も多いので、食べ物以外をギフトを選ばれるほうが無難です。(看護師)
肉類、魚卵、イカ、エビ、貝類もコレステロールが多くなります。肝臓が悪い人はお酒も禁忌です。(看護師)

カニは確かにコレステロールは高めかもしれません。しかし、エビと同じように殻にコレステロールを下げる働きを持っています。食べすぎることがなければ、問題はないといえるでしょう。しかし、カニに対するイメージというものがあります。ギフトとして贈る場合には、再考する必要がありそうです。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。