薄毛

2014/12/27

AGAの遺伝子検査、具体的に何がわかるのか?

AGAの遺伝子検査、具体的に何がわかるのか?

AGA(男性型脱毛症)のリスクを調べる遺伝子検査に興味のある男性から、具体的にどのようなことがわかるのか、リスクが高いとわかった場合には早期にリスクを回避する策があるのかどうかという質問をいただきました。

30代男性からの相談:「AGAの遺伝子検査について」

AGAになりやすいか、なりにくいか、がわかる遺伝子検査があるそうですが、具体的にはどんなことがわかるのでしょうか。リスクが高い場合に、早期に治療して薄毛にならないようにする方法はあるのでしょか。

原因を突き止め、必要な治療と生活指導を受けられる。

薄毛といってもさまざまな原因があり、原因によって対処法が違います。AGAの遺伝子検査では、リスクの高低のみならず、その原因と、原因に応じた治療法や生活改善の方法がわかります。病院に行って検査するほか、自宅でサンプルを採取し、専門機関に送って分析してもらうという手軽な方法もあるようです。

AGA遺伝子検査では、将来の脱毛進行度、AGA治療薬が効果的かどうか判定することができます。(看護師)
最近は自宅でできる検査キットがあるようで、ご自身の口の粘膜を一部採取して、AGAかどうか判断します。病院では、毛根で検査します。その際に遺伝によるものか、ホルモンによるものかなど原因を調べます。それによって、生活指導や治療法を教えてくれます。ホルモンによるものなど、必要な方は病院での治療を勧められると思います。ストレスや生活習慣によるものでしたら、生活指導が受けられます。 (看護師)

こまめな水分補給が対策になることも。

どんなに予防や治療を頑張っていても、的外れな努力では効果は期待できません。AGA遺伝子検査によって本当の原因が分かれば、早い段階から的確な措置をとることができ、リスクの回避につながります。

薄毛は進行していくので、いずれにしても早めに予防したほうがいいでしょう。(看護師)
治療を早期に行えば、進行を防ぎ、治療の効果を期待できるかと思います。(看護師)
治療だけでなく、日頃の食生活、日常生活、喫煙されているなら禁煙されるなど生活の改善も必要となります。髪のみだけでなく、身体の中から変わっていきますのでこの機会に一度、生活を振り返るといいかもしれません。(看護師)

最近は、薄毛も肥満も遺伝子検査を行なって、科学的に解決を図る時代となりました。自分の体質において何が問題の原因となっているのかが分かれば、努力の的を絞ることができ、いわゆる「永遠の課題」を終わらせることが可能になりそうです。AGA遺伝子検査に興味のある方は、早いうちに真剣に検討してみてはいかがでしょうか。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加