健康

2017/03/29

ブリッジがすぐに外れる…どんな対処が正解?

ブリッジがすぐに外れる…どんな対処が正解?

歯の治療でつけることになったブリッジ。それがすぐに外れてしまい、困っているという相談者さん。このようなケースではどのような対処が正解なのでしょうか。専門家にお聞きしました。

50代男性からの相談:「ブリッジがすぐに外れてしまいます」

現在下1か所、上2か所、合計3か所のブリッジ歯を付けています。いずれも10年位前の同時期に虫歯治療で抜いた後に装着したのですが、そのうち上の1か所1年から2年ペースで外れてしまい、行きつけの歯科医の話では接着面が狭いので両脇の歯を削って新しい物に変えた方が良いとの事でした。自分としては健康な歯を削るのは虫歯になりやすそうで抵抗があるのでどうすればいいのか悩んでいます。
このまま外れる度に付け直したほうが良いのか、削らなくても外れなくなる様な良い方法があるのか教えてください。歯の場所は左上の親知らずを抜いた後の奥から3番目です。2番目と4番目の歯でブリッジしている状態です。

似た質問もチェックしてみましょう

>>歯が浮くような痛みや違和感に隠された病気とは?

ブリッジがすぐに外れてしまう…そんな時にどう対処すべきか

歯の専門家にブリッジがすぐに外れてしまうケースでどのような対処が必要になってくるのかをお聞きしました。その具体的な例についてご紹介します。

ブリッジが外れやすくてお困りということですが、とれやすいと困りますよね。ブリッジの場所がどうなっているのかが、いまいちよくわからないのですが、2番目と4番目にかけているということは、3番目(犬歯)の歯を抜歯したということなのでしょうか? 犬歯が喪失歯の場合、ブリッジをするためには2番目と4番目だけでは不足なので、もう1本土台となる歯が必要となります。(歯科医)
しかし、ブリッジの設計が適切であってもブリッジが外れてしまうことはあります。ブリッジが外れる原因はいろいろあります。虫歯の再発による場合、ブリッジの土台となる歯の状態が弱い場合、上下の噛み合せが変わってきた場合、歯ぎしりや食いしばりなどの癖がある場合、そのほかにもたくさんあります。(歯科医)
外れるたびに付け直すべきか、作り替えるべきかは、外れる原因がなにかによって変わってきます。単に接着剤の経年劣化により外れているのなら、付け直しでいいと思います。しかし、虫歯の再発、歯ぎしりや食いしばりなどの癖、噛み合せの変化によるものであれば、作り直した方がいいと思われます。(歯科医)
もしも噛み合せの変化や癖が生まれているのなら、そのまま付け直すことは、場合によってはブリッジの土台の歯が折れてしまうことに繋がることもあります。(歯科医)
確かに歯を削ることは、虫歯になるリスクがありますが、歯を守る場合にはやむを得ないこともあります。土台の本数が不足する場合も避けられません。その点のリスクを考えて、決めることが大切です。(歯科医)
ブリッジがすぐに外れてしまうのですね。健康保険で治された銀歯のブリッジであれば銀歯自体も錆びているでしょうし、どちらにせよ再治療なさった方がいいかもしれません。(歯科衛生士)
あとは、接着面を増やすために、再度削り直す=健康な歯を削るとは限りません。支えとなっている2本の歯に神経は残っていますか? 神経のある歯であれば、確かに健康な歯を少し削ることになるかもしれません。しかし、神経のない歯であれば、おそらく土台となっている部分はご自分の歯ではなく、金属か樹脂ですので、それを削って外れにくいブリッジが作れるのであれば、その方がいいのではないかと思います。(歯科衛生士)
また、健康保険内の治療ではあまり使われませんが、最近ではかなり接着力の強い接着剤も存在します。歯科医師とよく相談される、もしくはセカンドオピニオンされてみてはいかがでしょうか。(歯科衛生士)

歯の治療方針については、歯科医としっかり相談することが大切になってきます。きちんと納得できる治療を行ってくれる歯科医を受診するのがいいでしょう。いくつかの歯科医院で相談をして比較をしてみるのもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加