薄毛

2015/01/03

育毛サプリの中でも、よさそうなものはどれ?

育毛サプリの中でも、よさそうなものはどれ?

シャンプーの時や、朝起きたら枕に付いてる抜け毛。特別な対策はまだ必要ないだろうと思いながらも、気になるものです。今回は、抜け毛が気になり始め、育毛サプリメントでの対策を始めようと考えている男性からの相談です。

30代男性からの相談:「育毛サプリメントでよさそうなものが知りたい」

抜け毛が気になり始めたのですが、まだ治療するような段階でもないので、生活習慣やサプリメントで改善しようと思っています。育毛サプリメントを検討しているのですが、どんな成分がおすすめなのでしょうか。また、成分の組み合わせなども重要と聞きます。組み合わせて一緒にとったらよい成分などはあるのでしょうか。教えてください。

薄毛対策に効果のあるとされる食品と栄養素。

サプリメントのほかに、薄毛には食生活の見直しが重要ということはよく知られていますが、具体的にどういった食品、栄養素が効果的なのでしょう。また、それらを摂取するうえでの注意点はあるのでしょうか。

イソフラボンは身体に優しく、育毛やストレスによる脱毛に効果があると言われています。イソフラボンのサプリメントは不要な含有物を含まないものもありますので、アレルギーの心配も少なく、普通の育毛サプリメントよりは安く手に入ります。試してみてはいかがでしょうか。(看護師)
薄毛にいいといわれる亜鉛は牡蠣、帆立などの貝類や、レバー、鶏肉、チーズ、卵黄、うなぎ、納豆、アーモンド、落花生などにも含まれています。(看護師)
亜鉛は吸収されにくいので、ビタミンCやクエン酸と一緒にとると吸収率が高くなると言われています。たとえば、鶏肉のソテーにレモンをかけたものと、チーズ、ゆで卵をいれた野菜サラダを一緒に食べるという組み合わせです。(看護師)
貝類やレバーを食べた時は、サプリメントの服用は少なめにしたほうがいいと思います。(看護師)

しかし亜鉛やイソフラボンは万能ではない?

栄養素の摂取という点だけ見ると、食品やサプリメントでの亜鉛やイソフラボンの摂取は薄毛に効果的なようですが、それ以外にも留意すべき点があるようです。

ミネラルを含む海藻類や魚類などの摂取も忘れずに。バランスのとれた食事を心がけましょう。(看護師)
脂っこいものは、血液をどろどろにし、頭皮の血行も悪くします。とりすぎには注意してください。(看護師)
なるべく規則的な生活をすること。ストレスをためないこと。飲酒、喫煙は控え、適度な運動も心がけてください。(看護師)

薄毛に効果的な栄養素を摂取しても、それを相殺するような食生活や生活習慣では効果は半減してしまうことも。薄毛対策には、サプリメントの摂取だけに頼らず、生活習慣全体を見直していくことが良いようです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加