健康

2017/03/21

DHA・EPAが豊富に含まれる「きなり」の成分・効果は?

DHA・EPAが豊富に含まれる「きなり」の成分・効果は?

DHAとEPAが含まれ、高血圧の改善やLDL(悪玉)コレステロールを減少させる効果があるといわれるきなりはどのような成分が作用し、どのように効果が現れるのでしょうか。

きなりの成分・効果を徹底分析してみようと思います。



きなり



きなりに含まれる成分は?


s_pixta_6580074_M

きなりに含まれる成分はDHA・EPAを主成分とし、アスタキサンチンを含むクリルオイルやナットウキナーゼなどコレステロールや中性脂肪を低下させる効果のある成分が8種類含まれています。

これらの成分が具体的にどのような作用があるのか説明します。


DHA

DHAはドコサヘキサエン酸とよばれる魚油に主に含まれるn-3系多価不飽和脂肪酸に分類される脂肪酸です。
必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸のひとつで、体内で合成できないため、食品から摂取する必要のある人体にはなくてはならない重要な栄養素です。

主にマグロやサバといった青魚の油やえごま油や亜麻仁油などの植物油に多く含まれ、生活習慣病の予防・改善に効果があるとされています。
DHAの効果は具体的には、中性脂肪の低下、LDLコレステロールの低下、動脈硬化の予防、脂質異常症の改善、高血圧の抑制といった血液の浄化作用があります。

その他にも、脳の海馬や目の網膜の栄養となることで学習能力の向上や視力の回復、抗アレルギー作用、運動能力の向上といった幅広い効果が期待できる成分です。

食品からDHAを摂取する場合は生で食べることが大切です。
なぜならば、DHAは熱に弱く、焼魚と煮魚では20%、揚げた場合はおよそ半分もの栄養素が失われてしまうため、DHAが含まれる食品を摂取しても充分に消化吸収されていない場合が多いのです。


EPA

EPAはエイコサペンタエン酸とよばれる魚油に主に含まれるn-3系多価不飽和脂肪酸に分類される脂肪酸です。
こちらも人体では合成することのできない必須脂肪酸で、食品からの摂取が不可欠な栄養素です。

効果は動脈硬化の予防、中性脂肪の低下、血栓の予防など、生活習慣病を予防してくれる面ではDHAと同じ働きがあります。

また、白血球の一種であるマクロファージから放出されるサイトカインの抑制により、抗炎症作用もあり、アトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー症状の改善効果が期待できます。
EPAを継続して摂取し続けることによって、脳内の神経伝達物質のセロトニンの働きを活性化させ、精神安定をもたらし、抗うつ作用もあります。

さらに、EPAを多く含む青魚をよく食べている人は食べていない人に比べて癌になりにくいという研究結果が報告されています。
癌促進因子であるアラキドン酸の合成を抑制する作用があり、癌細胞の増殖速度を低下させ、抗癌作用や癌予防に効果があるとされています。

食品から摂取する際はやはり生での摂取が一番効果的で、EPAとDHAは合計で1日1000mg以上の摂取が望ましいとされています。


アスタキサンチン

甲殻類の殻やサケの赤身部分に含まれる、βカロテンやリコピンと同じカロテノイドの一種です。

人間は酸素をエネルギーとして使った場合、活性酸素というものが発生し、細菌などを殺菌する役割を持ちますが、必要以上に発生してしまうことによって細胞が酸化し傷つけられてしまいます。
それにより、老化の原因や動脈硬化などによる生活習慣病を引き起こすなどの悪影響が引き起こされてしまいます。

アスタキサンチンの持つ抗酸化作用は強く、活性酸素の酸化作用を弱め、過剰に生成された活性酸素を除去する働きがあります。
この活性酸素の活動を抑制することによって動脈硬化の予防やLDLコレステロールの減少とHDLコレステロールの増加、疲労回復などの効果が期待できます。
また、アスタキサンチンは脳内にも入ることのできる成分なので脳梗塞などの予防にも適しています。

アスタキサンチンが多く含まれている食材としては、紅鮭、いくら、オキアミ、筋子、エビの殻、カニの甲羅などです。
摂取する際はアスタキサンチンが脂溶性のため、油と同時に摂取すると吸収率が上がり、より効果的に摂取できます。


ナットウキナーゼ

納豆に含まれるネバネバ成分のナットウキナーゼは納豆菌が大豆に作用する際に生成される酵素で、納豆にのみ含まれる栄養素です。

心筋梗塞や脳梗塞の予防に効果的とされていて、ナットウキナーゼは血栓分解酵素であるウロキナーゼの前駆物質であるプロウロキナーゼを活性化させることによってウロキナーゼの生成を促し、血液中の血栓を融解し、血液をサラサラにしてくれる働きが期待できます。

さらに、ナットウキナーゼはビタミンK2を生成することができます。
ビタミンK2はカルシウムを骨にするときに必要な栄養素で骨が丈夫になり、骨粗しょう症の予防にもなります。
また、納豆菌自体がプロバイオティクス効果を持っているので、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑えることで腸内環境の改善も期待できます。


DHAとEPAの違いは

DHAもEPAはどちらも青魚の油に含まれ、動脈硬化や生活習慣病の予防に効果的な成分ですが、2つの成分に違いはあるのでしょうか?
似たような成分ですが、実は働きかける人体の部位や具体的な効果の面で違いがみられます。

DHAは摂取して小腸で吸収されると、血液をめぐって脳まで送られます。
脳の入り口に血液脳関門といわれる脳に必要な成分かどうか判断し、必要な成分のみを通過させる関門があります。
この関門を通過できるのはDHAのみで、主に脳の海馬に集中し、脳の活力をあげる働きがあります。
EPAには血液脳関門を通過できないので、脳への効果はありません。
またDHAは血液網膜関門も通過することができるため、視力の改善効果も見込めます。
DHAは網膜の脂肪の40%~60%を占めていることからもわかる通り、目にとって欠かせない栄養素なのです。

一方EPAはDHAより、動脈硬化や生活習慣病の予防する効果が強いといわれています。
EPAは血小板凝集抑制作用によって血栓ができないように働きかけるため、DHAの血管の細胞膜を柔らかくして血流をよくする効果よりも高い血流改善効果があるといえます。

DHAもEPAもバランスよく摂取することが大切です。
血液をサラサラにする効果はEPAのほうが高いですが、EPAだけ摂取すればいいというわけではなく、それぞれの働きかけが違うため、相乗効果によってより血行を促進する作用をもたらします。



コレステロールとはどういうもの?


摂取した脂質は小腸で吸収され、肝臓でリポタンパク質として合成させ、血液中に放出します。
このリポタンパク質にはHDL、LDL、VLDL、カイロミクロンという4種類があり、コレステロールを運搬する役割があるのがHDLとLDLでHDLによって運ばれるコレステロールをHDL(善玉)コレステロール、LDLによって運ばれるコレステロールをLDL(悪玉)コレステロールを呼びます。

これらHDL(善玉)コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールはそれぞれ体内では違った働きをする物質です。
健康診断でよく問題となり、悪い物質だと思われるLDL(悪玉)コレステロールにも実は重要な働きがあります。

LDLコレステロールは血液中に放出されると、コレステロールを全身の細胞に運びます。
コレステロール自体は細胞膜やホルモンの材料となるため、不足すると身体は正常な働きができなくなってしまいます。
しかし、余ったコレステロールは血中にとどまり、やがてコレステロールが酸化し血管内にコレステロールを蓄積させます。
そのような仕組みで動脈硬化や心筋梗塞の原因となるのです。

HDL(善玉)コレステロールは余ったコレステロールを回収するため、酸化し、コレステロールが血管内に溜まるのを防ぐ働きがあります。

健康診断では総コレステロール値、LDL(悪玉)コレステロール値、HDL(善玉)コレステロール値が検査されますが、LDL(悪玉)コレステロール値が高くてもHDL(善玉)コレステロール値も高ければ、余分に生成されてしまったコレステロールを回収する力も強いので健康には問題ない場合もあります。

また逆にLDL(悪玉)コレステロールの値が正常値でもHDL(善玉)コレステロールの値が低い場合、余ったコレステロールを回収する働きが弱く、血中に余ったコレステロールが残ってしまう状態が続いてしまうため、 動脈硬化になる危険性が高い場合もあります。

要するに、LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールの比率が大切ということになります。


関連記事
LDLコレステロール値、どれくらいなら大丈夫?
悪玉コレステロールの数値、本当に危険な数値はどれくらい?



きなりの効果は?


pixta_28211129_M

中性脂肪を減少

中性脂肪は、消費しきれずに余ってしまったエネルギーが合成され、体内に蓄積されたもので蓄積されすぎてしまうと生活習慣病などの引き金になってしまいます。
きなりに含まれるDHA・EPAは体内で脂肪を合成する物質を減らし、中性脂肪の合成を抑制します。
さらに、脂肪分解酵素の生成を促進するため、脂肪自体が分解されるようになり、中性脂肪が減少します。
あくまで余分に作られてしまった中性脂肪を減少させるため、正常な値を維持するようになります。
DHAに関しては脂肪を脂肪酸に分解する脂肪分解酵素であるリパーゼを活性化させることで脂肪燃焼効果もあり、ダイエットにも効果的です。


コレステロールを減少

コレステロールは肝臓で生成され血液中に放出されていきます。
余分に生成されたコレステロールは血管壁に貼りついて血行を悪くします。
また血管が硬化し、血栓もできやすくなるため、生活習慣病の原因になるのです。
DHAやEPAはLDLコレステロールを減少させる効果だけでなく、HDLコレステロールを増加させる働きもあります。
HDLコレステロールは血中に溜まってしまった余分なコレステロールを回収し、肝臓へ運ぶ働きがるので、コレステロールのLH比を改善することによって動脈硬化を予防し、生活習慣病になるのを防ぎます。


アレルギー体質を改善

今現在アレルギー体質の人は昔よりも増加している傾向にあります。
昔よりもハウスダスト、スギ花粉などのアレルゲンが増え、大気汚染などによる増悪因子が増え、食生活が乱れてきているためだと考えられています。
DHAには炎症の原因となる炎症性サイトカインと呼ばれるホルモンの生成を抑制する働きがあります。
EPAにはアラキドン酸から生成されるプロスタグランジンという痛み物質の合成に必要な酵素のシクロオキシゲナーゼ、リポキシゲナーゼの働きを抑制する効果があります。
結果的にマクロファージから放出されるサイトカインの放出を抑制することができます。
これによって花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎といったアレルギー症状の緩和に繋がる仕組みです。


学習能力の向上

きなりに含まれるDHAは脳の栄養素ともいわれており、海馬の中に多く存在しています。
摂取したDHAは脳の入り口にある血液脳関門を通過することができ、脳に送られます。
そして海馬に届けられ、細胞膜を柔らかくし、シナプスを活性化させ、脳の神経伝達物質を受け取るニューロンの感度を上げます。
これにより脳が活性化し、学習能力の向上につながります。
また認知症の予防にも効果が期待できます。


視力回復

網膜に存在している脂肪の4割~6割はDHAだといわれており、視力に大きく影響する成分です。
DHAは目の入り口にある血液網膜関門も通過することができ、通過すると網膜へ運ばれます。
網膜でも細胞膜を柔らかくし、網膜の反射機能を向上させる働きがあるため、視力が回復する効果が期待できます。


精神の安定・抗うつ効果

うつ病などの心の病気を抱える患者は年々増え続けています。
うつ病とは単に心の問題ではなく、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの動きが鈍化していることが原因となっています。
きなりに含まれるDHAは脳内に送られると海馬で細胞膜に働きかけ、神経伝達物質を受け取るセンサーであるニューロンの感度を向上させることによってセロトニンの効果を増強する作用があります。
また、EPAには抗うつ作用を持っており、うつ病患者は赤血球膜のアラキドン酸とEPAの比率がうつ病の症状が重いほどアラキドン酸の割合が高いという関係があります。
EPAを摂取することによって、EPAの割合を増やし、うつ改善に効果が期待できます。



きなりの口コミ


30729_1

楽天の口コミ

昨年、中性脂肪の値が基準値ぎりぎりで危なかったので2か月ほど飲み続けて健康診断に望んだところ、中性脂肪の値が昨年は145だったのに対し、今年は114と下がっていました!
昨年は健康診断1か月前から食生活に気を使っていましたが、今年はきなりを飲む以外は特になにもせず普段通りの生活をしていました。
もう少し運動を行うとより効果があるかもしれません。


amazonの口コミ

11日間飲み続けてLDL-コレステロールの数値が10減りました。
毎日夕食後に4粒飲みました。2日間夕食を食べれなかった時も飲みました。
運動は普段全くせず、仕事が不規則なため、栄養が偏ってしまうので飲んでみました。
もう少し飲み続けてみようと思います。



効果的な飲み方は?

きなりは1日に4粒の摂取を推奨しています。
医薬品ではなくサプリメントのため、特に食後であったり決まった時間に飲まなくてはいけないわけではありません。

しかし、成分がより効果的に吸収するには胃腸が活発になっている食後に摂取するのが吸収されやすく効果的だといえます。1日3度の食後に1粒ずつ服用していき、もう1粒は寝る前に摂取するのがよいでしょう。


副作用は?


32439_L

医薬品ではないので副作用は特にありません。
しかし、DHAとEPAは血液に働きかける栄養素なので、血圧の薬など循環器系の医薬品を飲み続けている方は注意が必要です。

過剰摂取しすぎると下痢や吐き気、鼻血などの症状が起こることもあるので1日4粒目安に飲むようにしましょう。また、甲殻類アレルギーの方は、クリルオイルというオキアミから抽出したオイルを配合しているため注意が必要です。


きなりはどこで買うのがお得?


sample_3

公式サイトでの購入が圧倒的に安い!

きなりを販売している主な通販サイトは公式サイト以外には楽天、amazonがありました。
この3つのサイトを比較してみましょう。


購入サイト 購入価格
公式サイト 初回1,980円(送料無料)
2回目以降3,790円(送料無料)
楽天 5,846円(+送料)
amazon 3,500円(+送料)


主な通販サイトを調べてみると、公式サイトが一番安く購入できます。

楽天やamazonなどの販売店は公式からの転売で他の業者が販売しているので価格が高くなっています。公式サイトで買うと初回1980円(送料無料)なのでお得です。


きなり


まとめ

きなりは体内で合成できない必須脂肪酸であるDHA・EPAを主成分にアスタキサンチンなどを含んだ中性脂肪・コレステロールを下げる効果のあるサプリメントです。

コレステロールを下げる以外にも学習能力の向上や視力の回復にも効果が見込めるので幅広く健康にいい効果があります。

購入するのは公式サイトからの購入が一番安く、2回目以降も33%オフでの購入ができるのでオススメです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加