髭・体毛

2017/03/19

髭を抜くと太くなる? 髭を抜くときの注意点

髭を抜くと太くなる? 髭を抜くときの注意点

髭の処理は様々です。毎朝剃っているという人もいれば、毛抜きで1本1本抜いているという人もいます。今回の相談者さんは髭を抜くことで太くなるのではと感じています。髭を薄くする方法やそのときの注意点についてまとめました。

20代男性からの相談:「髭を抜くと太くなる? 髭を薄くする方法とその利点・欠点は?」

私は昔からよく髭をピンセットで抜いています。剃るよりもしばらく生えてこないし、青くなることもないのでこちらのほうが良いと思って習慣的にしていました。しかし太くなる可能性があるということを聞き、言われてみればそうなってきている気もし、どうすべきか迷っています。
また、今後抜かなくてもいいように髭を薄くする方法を試したいと思っていますが、食べ物やスキンケアなどの他にも、脱毛などの方法についての各メリット、デメリットを教えて頂きたいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>ヒゲを毛抜きで抜くのはNGか?

髭を毛抜きで抜く時の注意点

どうしても髭を毛抜きで抜いて処理したいという人のための注意点について専門家にお聞きしました。

髭をピンセットで抜くことは、若いと代謝もいいためトラブルになりにくいです。ですが、年齢を重ねると代謝が落ちるために、抜いた後の毛が皮膚の中に埋もれてしまいニキビのような炎症や色素沈着を起こしてしまうことがあります。(看護師)
どうしても薄くしたいのであれば、毛を抜く前に温めたタオルで肌を温めて毛穴を開かせてピンセットで抜くといいです。毛が途中で切れると、肌のトラブルになりやすいので全てを抜ききるようにしましょう。そして、抜き終わった後は皮膚を冷やしアルコールの入った化粧品で保湿しましょう。(看護師)
金銭的に余裕があるのであれば、クリニックなどで脱毛をしてもらうといいです。プロなので、キレイに脱毛をしてくれます。デメリットとしては、プロでも失敗してしまう可能性もあることです。(看護師)

髭を薄くする方法

髭を抜く以外に薄くする方法はあるでしょうか。そのメリットやデメリットについて専門家の解説です。

髭は、その人のホルモンによって、多い少ない太い細いとなります。髭を薄くするのは難しいでしょう。髭をなくすのなら医療レーザーによって永久脱毛があります。ただし、リスクもあります。人によっては赤くはれたり、シミになったりしますので注意が必要です。(医師)
リスクを伴う方法ではありますが、髭を薄くする方法はあります。男性ホルモンをなくする方法ですが、健康で何も病気がない状態で行うことはできません。身体の免疫の低下にもつながり病気になりやすくなりますので、しないほうが賢明です。(医師)
質問の薄くする利点は見た目が良い、清潔感があるぐらいですね。欠点は見た目の清潔感がなくなるともいいますが、髭を伸ばしている方でもきちんと揃えていたりしている人はいます。(医師)

髭の脱毛にはいくつかの手段があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。それらを把握しておくことで、どれを選択すればいいのかという判断がつきやすくなるかもしれません。自分に合った方法を探すのはもちろんのこと、専門家の意見を聞くことも大切です。できるだけ自分にとってリスクの少ない方法を選べるように、様々な情報を取り入れていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加