健康

2017/03/16

目やには身体の異常を知らせるヒントになる! 健康のための小さなヒントを見逃すな!

目やには身体の異常を知らせるヒントになる! 健康のための小さなヒントを見逃すな!

気がつくと目頭や目じりにこびりついている目やに。この目やにの状態で身体にどのような異常が現われているのかチェックすることができます。専門家の意見をもとに自分の身体に異常がないか見ていきましょう。

30代男性からの相談:「目やにが多く出るのは病気ですか?」

最近、目やにの多さが気になっております。朝、起きたときに鏡を見ると、目頭にびっしりとついているのです。顔を洗えば取れますので生活に支障が出ているということではありませんが、年々目やにの量が多くなっている気がします。
今までに目やにの件で眼科医に診てもらったことはありませんが、もしかして病気ではないかと不安になっています。当然、今まで以上にひどい状態になれま専門の眼科医に診てもらおうと思っているのですが、目やにが多い人に考えられる病気があれば教えてください。

目やにの状態をチェックして身体の異常に気づこう

目やにの中にも異常であるものとそうでないものがあります。異常な目やにとはどのようなものなのか、専門家に解説していただきました。

相談者さんの目やにの色は、どのような色でしょうか。細菌によって感染すると、黄緑色でドロッとした目やにが出ます。花粉症などのアレルギーが原因の場合には、サラサラとした目やに、ウイルスなどの感染が原因であれば白くネバネバしたような目やにが出ます。(看護師)
目やにの形状はどのようなものでしょうか。目頭にカサカサしたものが起床時だけ付着しているようであれば、あまり問題ない場合がほとんどです。(看護師)
ネバネバした目やにがべったりと付着して目が開けられないような時や、日中も目やにが多い時や、目やにの色が緑っぽい色の時などは、注意しましょう。風邪やアデノウイルスなどの感染症によって目に炎症が起きていたり、結膜炎になっていたりする可能性があります。(看護師)
どのような目やにが出るのかで、薬は違いますが市販で売られている目薬をさして様子をみてもいいですが、ひどくなるようであれば眼科で診てもらった方がいいです。(看護師)

目やには鼻の状態によっても出ることがある

専門家によれば。目やには目だけの異常で出てくるのではないといいます。

目も他の身体と同じように、代謝をしています。つまり、古くなったものを出して新しくするということです。目やにが出るというのは、正常に代謝されている証拠です。かといって、目やにの量が多くなり目が開けられないほど出るのは嫌だと思います。(看護師)
涙の管と鼻は繋がっているため、鼻づまりや鼻の病気によっても目やにが増えることがあります。副鼻腔炎や蓄膿症が原因で目やにが増えることもあります。(看護師)
涙の管が詰まっているような場合でも、目やにが増えて、涙が溢れてくることがあります。目やにの色や形状によっては、目やにを採取して、培養検査に出すこともあるため、眼科を受診するのがいいでしょう。(看護師)

身体から出るものはどれも自分自身の健康状態を知らせてくれるヒントになっています。目やには身体の異常を知る1つの指標です。異常な目やにが出た時には、日々の生活に気をつけてみたり、改善を図ってみるなど早期のケアができるかもしれません。

様々な症状は、深く進行してしまった後では自分自身で改善させることは至難の業です。しかし、些細なヒントを見逃すことがなければ健康な生活を手に入れることもできるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加