タバコをやめずに自宅で手軽に歯を白くする方法を教えて!

  • 作成日:2017.03.15
  • 更新日:2017.03.14
健康

タバコを吸っている人にとって、歯が黄ばんでしまうのは悩みの種の1つです。ここでは、タバコをやめずに自宅で手軽にできる歯を白くする方法について専門家のアドバイスを紹介しています。

30代男性からの相談:「黄ばんだ歯を手軽に白くする方法を教えて下さい」

私は歯の黄ばみに悩んでいます。歳を重ねるたびに、どんどん歯が黄ばんでいるような気がしてします。私は喫煙者ですので、タバコが原因なのだろうと思っています。
一応、歯磨きは念入りに行なっているのですが、それでもダメです。歯は一向に白くなりません。タバコをやめればいいだけの話なのかもしれませんが、なかなかやめることができず、黄ばみは取れません。
よくテレビを見ていると、出演している芸能人の歯はきれいですよね。真っ白でうらやましく思います。おそらく歯医者さんに通って白くしているのでしょうが、そこまでお金をかける余裕は私にはありません。
歯を白くするために自宅ででもできる方法はないでしょうか。教えてください。

似た質問もチェックしてみましょう

>>歯を磨いても黄ばむのはなぜ?

自宅でできる手軽に歯を白くする方法

専門家がおすすめする歯を白くする方法をご紹介します。自宅で手軽にできるものとして、様々なグッズを用いるといいといいます。

「自宅で」「手軽に」「費用を掛けずに」タバコや加齢で黄ばんだ歯を白くすることは…はっきりいって難しいです。(歯科衛生士)
まず、加齢によって黄色くなってきた歯の色は、自宅で歯磨きを頑張る、歯の汚れを落とすといったことでは改善されません。歯の内側の象牙質という層の色と、歯の外側の層であるエナメル質の色の問題ですので、歯科医院でホワイトニングを行うなどしなければなかなかきれいに白くするということはできません。(歯科衛生士)
ご自宅で手軽にということであれば、タバコによる着色を少しでも落とせるようにするというのが現実的かと思います。これには、音波ブラシの使用や、ポリリン酸という成分の入った自宅用のホワイトニング剤(実際にはホワイトニングというよりも着色除去)を使用すると、歯の表面に着いた着色は比較的きれいに落とせるようになってくると思います。(歯科衛生士)

歯を白くするために最も効果的な方法とは?

専門家がアドバイスする最も効果的に歯を白くする方法はなんなのでしょうか?

歯の色が黄ばんでくると、めだちますから悩みますね。永久歯は乳歯の様に真っ白ではなく、ある程度は黄色みがかっているものです。しかし、年とともに進んだ黄ばみがかなり強いということですが、相談者さんは、喫煙者とのことですので、タバコからの影響が大きいと思います。(歯科医)
タバコによる黄ばみはなかなかとれません。歯科医院で専用の器械を使っても、歯と歯の隙間まで完全に取り除くのはとても難しいです。一番の対応は禁煙です。健康面からもタバコを控えた方がいいのは周知の通りかと思います。(歯科医)
もし、自分で禁煙するのが難しいのなら、禁煙外来を受診するのも手です。歯科医院には通いにくいということですので、自宅でできる対策としては、タバコをやめる以外に、歯磨き粉を汚れを落としやすいタイプに変え、リステリンのようなデンタルリンスを併用するという方法になります。しかし、汚れの除去力は歯科医院で専用の器械を使うことに比べると落ちます。(歯科医)

タバコを吸っていると、歯が黄ばんでしまうのは避けられないことです。タバコを吸いつつ歯を白くしたいのであれば。毎日歯のケアを欠かさずに手間暇をかける必要があります。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。