メタボリック

2017/03/15

レコーディングダイエットは本当に痩せるの? そのポイントを紹介!

レコーディングダイエットは本当に痩せるの? そのポイントを紹介!

レコーディングダイエット、またの名をカロリー計算ダイエット。その名の通り、自分の食べたものや運動量を数字化して記録していくダイエット法です。そんなので本当に痩せられるのか? とお思いかもしれませんが、そんな疑り深い方のために今回はレコーディングダイエットでどのようにして痩せていくのか、便利な記録の付け方などを解説してきます。

カロリー計算でダイエットできる?

・カロリーとダイエットについて知ろう

そもそもカロリー計算は大きくわけて二種類あります。ひとつは食事から得られる「摂取カロリー計算」(食事カロリー計算)。もうひとつは体が消費する「消費カロリー計算」です。

消費カロリー計算はさらに二つに分けることができ、運動をすることで消費する「運動カロリー計算」と、体の体温維持や基礎代謝、新陳代謝などから消費する「代謝カロリー計算」があります。

この摂取カロリーと消費カロリーを計算して、自分のカロリーがどのくらい摂取されたのか、消費されたのかを記録していきます。

一日の適切なカロリーの量と比べて自分のカロリーの量がどうだったのかを数字化することにより、危機感が生まれ、自分の中で食べ物に対するストッパーが働いたり、あとどのくらい運動をするといいのかなどの目安になります。

これがレコーディングダイエットというダイエット法です。簡単に説明すると、

消費カロリー > 摂取カロリー

になるように食事や生活を見直していくことがこのダイエットの基本になるわけです。

例えば、30~49歳の男性の場合、平均体重の68kgで計算すると一日の必要摂取カロリーが約2230kcalになります。1日の基礎代謝量が約1530kcalなので、計算としてはあと約700kcal消費カロリーとしてどこかで消費しなければいけないということになります。


レコーディングダイエットで痩せるために…摂取カロリーを知ろう

・数字化して記録してみよう

まずは自分が、普段からどれくらい食べてるかを知りましょう。一日にどのくらいカロリーを摂取していて、どのくらいカロリーを消費しているのか。

また、どのくらい必要摂取カロリーをオーバーしているのか、これがわかるようになれば、減量すべき摂取カロリーがわかるのです。

レコーディングダイエットで自分のカロリーを記録しはじめると、意外とカロリーオーバーしている人も多いのです。自分のカロリーが数字として見え始めれば、自然と食べることに対して抵抗感がうまれます。

・主な食品の摂取カロリーを知ろう

また、ある程度自分の好きな食べ物や、よく食べるもののカロリーを把握することでも、意識的に抵抗感がうまれます。自分の一日の必要摂取量がわかっているので、例えばポテトチップス1袋=500kcalと知っていれば自然と食べたくなくなったり、食べたとしても半分だけにするなどの対策をとりたくなります。

【良く好まれる食べ物のカロリー】

  • コーラ1杯・・・・・・・・83kcal
  • 生ビール中ジョッキ1杯・・200kcal
  • チョコレート1枚・・・・・279kcal
  • ショートケーキ1/8個・・・366kcal
  • ラーメン1杯・・・・・・・500kcal
  • ポテトチップス1袋・・・・500kcal
  • 牛丼並盛1杯・・・・・・・660kcal
  • ビーフカレー1人分・・・・960kcal

一日の必要摂取カロリーが約2230kcalなので、これらのものをたくさん摂取してしまうと簡単にカロリーオーバーしてしまうことがわかります。

・おすすめのカロリー計算アプリ

最近では簡単にカロリーを計算できるアプリも増えてきました。面倒なカロリー計算をやってくれて手軽に管理ができます。

今回は「BeCalendar」というアプリをおすすめします。このアプリは、」外食メニューやコンビニの商品など約8万5千件ものカロリーデータを搭載しており、消費カロリーやBMIも自分の体重に合わせて表示してくれる優れものです。

あとどのくらいカロリーを摂取してもいいかがわかるのもおすすめポイントです。


レコーディングダイエットで痩せるために…消費カロリーを知ろう

・レコーディングダイエットで消費カロリーを知る

消費カロリーを知る方法はいくつかあります。その中から今回は2つ紹介します。

まず、1つ目に活動量計という歩数計のようなものがあります。これは、一日持ち歩くことによって、通勤時の徒歩や階段の上り下り、家事やデスクワーク、運動など様々な活動を記録して一日の消費カロリーを計算してくれるものです。

2つ目にアプリです。最近は消費カロリーも計算してくれるアプリがあります。こちらも活動量計と同じく、持ち歩くだけで一日のだいたいの消費カロリーを測定してくれます。

iPhoneであれば、「Withings」という無料アプリがおすすめです。iPhoneと連動して、歩いた数から移動距離・消費カロリー・基礎代謝カロリーを測定してくれます。

Androidであれば最初からインストールされている「Lifelog」というアプリがおすすめです。こちらも持ち歩くだけで、歩数から運動で消費したカロリーや安静時に消費したカロリーを自動で計算してくれます。

・主な運動の消費カロリーを知ろう

どんな運動をするとどのくらいで何キロカロリー消費できるのかを数字的に知っておけば運動へのモチベーションも違います。ここではダイエットの際によく行われる運動の消費カロリーを紹介していきます。

【普段の生活ではどんな行動でどれくらいカロリーを消費する?】
※男性:35歳・75kgの場合

  • 電車移動(立ち)30分・・・70kcal
  • 歩き30分・・・・・・・・・80kcal
  • 階段のぼり10分・・・・・・90kcal
  • 自転車30分・・・・・・・・130kcal
  • デスクワーク3時間 ・・・・340kcal

【ダイエット向きな運動一覧】
※男性:35歳・75kgの場合

  • ウォーキング30分・・・・・180kcal
  • ランニング30分・・・・・・240kcal
  • 水泳(クロール)30分・・・・240kcal
  • 筋トレ(腹筋など)30分・・・240kcal
  • 水泳(平泳ぎ)30分・・・・・300kcal

このように、数字的に消費カロリーを知っておけば、「摂取カロリーが200kcalオーバーしたから明日はランニング30分しよう」という思考になりやすいのです。


レコーディングダイエットを成功させる3つのポイント

  • アプリを入れて満足しない
  • 運動をしてない人はウォーキングからはじめる
  • どうしても食べたいときは消費カロリーと相談

便利な世の中になり、アプリを入れるだけで面倒な計算もせずダイエットが手軽にできるようになりましたが、アプリをインストールして三日坊主…なんてこともありますよね。アプリを入れただけで、記録を付けるだけで痩せられるわけではありません。

当たり前のことですが、減量する努力をしないと何の意味もないのです。ダイエットして痩せようという明確な目標を立て、それに向かって努力することが大切なのです。

また、普段から運動不足の人はウォーキングから始めてみましょう。いきなりランニングや激しい運動をはじめてしまうと体がついていかないので運動すること自体を辛く感じてしまいダイエットが長続きしません。膝や足などを怪我してしまうこともあります。まずは、やさしい運動からはじめて体を運動のできる体にしていきましょう。

最後に、どうしても食べたいときは我慢は体に毒です。余計にストレスが溜まってしまい、反動でたべすぎてリバウンドをしてしまい、ダイエットに失敗する恐れがあります。そうなるよりかは、お菓子を食べた分、明日は長めにランニングをするなどと自分に交換条件を付けて楽しんでダイエットに臨みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加