メンタル

2017/03/12

心療内科ってどういう時に行くものなの?

心療内科ってどういう時に行くものなの?

心療内科で治療の対象となる便秘や頻尿。心の病にはなっていないけど、こうした症状がある場合は心療内科を受診すべきなのでしょうか?

30代男性からの相談:「私は心療内科に行くべきなのでしょうか?」

心療内科と精神科の違いはなんなのかネットで調べた時に心療内科は、心の病気がきっかけになり、体に症状が現れた場合に治療をするところとありました。
朝がつらくて仕事に行けない人、動悸、息切れする人、めまいがする人、下痢、便秘が続く、尿の回数が多い人は心療内科に通ってくださいと書いてあったのですが、自分は便秘もするし、尿の回数も多い方だと思うのです。
しかし心の病気にはなっていないので病院に行ったら検診するのは、内科でいいのでしょうか? それともさっきの書いていた通り、心療内科に通った方がいいのでしょうか?よろしくお願いいたします。

似た質問もチェックしてみましょう

>>心臓の鼓動音が気になって眠れない…これってうつ病?

どういった場合に心療内科を受診すればいいのか?

専門家に心療内科を受診するきっかけはどのようなものなのかについてお聞きしました。身体的な問題だけであったとしても心療内科を受診するものなのでしょうか。

精神科と心療内科の違いは、うつ病や統合失調症などの心の病気を扱うのが精神科で、ストレスによる体の症状たとえば頭痛や胃痛などを扱うのが心療内科ですが、実際は区別がなく、精神科ですと、受診しにくいイメージがあることから心療内科という科が生まれたという経緯もあり、受診する際は、精神科も心療内科も同じと考えていいです。(医師)
相談者さんの場合、日々の生活の中でストレスを感じておられたり、何かしらストレスを感じるような出来事があり、便秘や頻尿が起こっている場合は、内科ではなく、心療内科を受診するのがいいかと思います。(医師)
特にストレスは自覚しておらず、単に便秘や頻尿で困っており、それらの症状を改善したい場合は、心療内科ではなく内科を受診する方がいいかと思います。(医師)

まずは、症状に合った診療科を選ぶのが先決

例えば、うつなどの心の病では、本人がストレスを自覚していないにもかかわらず身体に異常が現われることがあるといいます。大切なのは、どの診療科を受けるかを自分で判断しないということかもしれません。

ネットで調べたら、自分が感じている症状とあてはまり、気になってしまったのですね。心療内科のもう1つの特徴として、検査所見ではそれほど体の症状が出るはずがないのに、身体症状を強く感じている方が対象になることです。(心理カウンセラー)
あなたの便秘や尿の回数が多いのは、どのような感じなのでしょうか。尿回数が多いといいますが、どの程度なのでしょうか。コーヒーなど利尿作用がある飲み物やアルコールを飲む人は、尿回数が多くなりますが、これは異常ではないですよね。原因がはっきりしています。(心理カウンセラー)
便秘についても、毎日でない程度なら何も問題ないですが、下剤を使用しないと出ない、毎日出ているが便が硬く苦しいなどの症状があれば、消化器内科の医師の診察を受けてみるとよいと思います。(心理カウンセラー)
まずは、自分が感じている体の症状が、異常なのか正常なのかを見極めることが大切です。精神症状がなく、身体症状だけであれば、なおさら心療内科ではなく、体を中心に見てくれる医師にかかることが優先されます。まずは、内科におかかりください。(心理カウンセラー)

心の病のセルフチェックなどで、全ての項目に当てはまるといっても、心の病ではないこともあります。セルフチェックはあくまで目安。医療機関を受診するきっかけにすべきものです。まずは、病院で自分の症状について相談し、どの診療科を受診すべきなのかを判断してもらうといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加