薄毛

2014/12/31

AGAの治療費用って大体いくらかかるの?

AGAの治療費用って大体いくらかかるの?

AGAの治療を始めたいけど、費用がどれぐらいかかるのか気になっているという方は多くいらっしゃいます。AGA治療は継続的に行ってこそ、効果が期待できるもの。継続して治療するためにも、はじめの段階で毎月どの程度費用がかかるのか理解しておきたいですね。


最新の技術で男の悩みにアプローチするAGAクリニックがこちら


40代男性からの相談:「AGAの内服治療を始めたいのですが、費用が不安です」

薄毛で薬を飲むというのは少し抵抗がありましたが、実際に体験談などを拝見すると、育毛剤や育毛サロン にとてつもないお金を使うよりも、思い切って薬を飲んだ方が良いのでは、と思うようになりました。ただ金額が病院によって違っていて、毎月いくらかかるのだろうかと不安です。

AGAの治療費用を知る前に


3224_1

AGAとは

まずはじめに、AGAについて知っておく必要があります。それは、AGAは放置していたら悪化し化しないということ。

AGAは男性型脱毛症といいます。AGAは男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の作用によって引き起こされます。DHTはテストステロンが5αリダクターゼによって代謝されることで生成されます。このDHTの受容体の性質を決めるのが、男性ホルモン受容体遺伝子です。つまり、現在のところ、AGAの根本的な要因は遺伝子によるものと考えられているのです。

AGAの原因であるテストステロン代謝に対して、シャンプーや育毛剤だけで戦おうとするのは無謀です。きちんとしたAGA対策があってはじめてAGA改善へと踏み出すことができるのです。

AGA治療に保険は適用されない

そんなAGAですが、治療をしようとしても保険が適用されません。AGAは美容整形などと同じように病状ではなく見た目を回復するものだとみなされており、AGA治療は自由治療なのです。そもそもAGAの治療は、検査代も投薬代も全てが保険外診療であることを理解しましょう。

AGAの治療に関しては自由診療(美容整形のように保険がきかないもの、料金はその病院が決められる)なので、費用は全て自己負担になります。病院が値段を決める権利を持っているので、費用が異なるのです。(看護師)

AGAの治療費用のだいたいの目安は?


3224_2
具体的に毎月かかる費用の目安です。
一般病院:約8000~15000円
AGA専門クリニック:約15000~30000円
(看護師)

AGAの治療費は目安では、一般的な病院の方が安くなっています。年間に直せば、

  • 一般病院:96000~180000円
  • AGA専門クリニック:180000~360000円

と無視できない金額になってきます。

基本的に、AGAの治療には4つのパターンがあります。

  • 内用薬による治療
  • 外用薬による治療
  • 注入薬による治療
  • 補填による治療(植毛)

一般的な病院ではない要約による治療のみを行います。AGA専門クリニックでは、その人に合わせた治療を行っていくため、一般的な病院よりも2倍以上のコストがかかることになります。

しかし、見方を変えれば、お金をかけることでより高度なAGA治療を受けられるということです。AGAは50代以上の半数以上が悩まされているといいます。それゆえに、研究も進み今では様々な処置を受けることができます。一説によれば、ヘアケア市場規模は5000億円ともいわれています。


おすすめAGAクリニック


3224_3

AGA治療には、それを専門にするクリニックに身を委ねるのが最も賢い選択でしょう。というのも、一般的な病院では5αリダクターゼによるテストステロン代謝を抑える薬が処方されるのみで、発毛や育毛といった面では、少し物足りなさを感じてしまうからです。

そこで、オススメのAGAクリニックをご紹介します。

おすすめクリニックの紹介

新宿AGAクリニック




医学的な根拠に基づくAGAへのアプローチに加えて、心療前に気軽にメールカウンセリングができます。頭皮画像を送ると医師が診断をしてくれます。様々な脱毛症の実績があり、AGAでなかったとしてもきめ細やかな対応が受けられます。他のクリニックでダメだった…という人も満足感を得ることができるでしょう。


新宿美容外科Men’s新宿院




「丁寧なカウンセリング」「高い技術」「安心できる料金設定」の3本柱を掲げている、信頼と安心のAGAクリニックです。どんな小さな悩みや疑問にも丁寧に答えてくれ、納得ができて治療に進むことができます。そして、最新の技術を治療に反映させていくため、より効果的な処置が受けられるでしょう。


新宿メディカルクリニック




悩みに応じたフレキシブルな治療が受けられるAGAクリニックです。治療範囲や機関を考慮して設定されている価格には、安心・納得です。そして、発毛成長因子による先進的なAGA治療を受けることができ、男の自信を取り戻すことができます。20~40代の男性の絶大な人気を誇っています。


ゴリラクリニック




AGAが気になる人も本格的にAGA治療を受けたいという人にも対応できる信頼のAGAクリニックです。MSD社製プロペシアや再生医療技術を応用した最新のHARG治療といったバリエーション豊かなプログラムが用意されています。カウンセリングでは、AGAを予防するアドバイスも聞くことができます。


AGAスキンクリニック




なんと99.4%の方が発毛を実感しているというAGAクリニック。AGAに特化したオリジナルのプログラムで発毛のサイクルに働きかけます。AGA治療にはつきものの痛みもクリア。2010年「男性型脱毛症診療ガイドライン」で最高のAランク評価を受けています。


AGAクリニック費用比較

おすすめAGAクリニックの中でも、AGAの治療費用は様々に設定されています。そこで、ここでは、各項目に分けでAGAの治療費用の比較を行っていきます。AGAクリニックを選ぶ際の参考にしてみて下さい。


クリニック名
初診料
検査料
内用薬料
外用・注入薬料
リンク
新宿AGAクリニック
無料
一般血液検査:2回無料
DHT検査:15000円
遺伝子検査:20000円
4200円/月~
7000円~
新宿AGAクリニック
新宿美容外科Men’s新宿院
4000円/月
9800円
新宿美容外科Men’s新宿院
新宿メディカルクリニック
公式サイトをチェック
全額返金制度あり
新宿メディカルクリニック
ゴリラクリニック
無料
血液検査:5000円
5αDHT検査:15000円
遺伝子検査:30000円
9800円/月
8000円
ゴリラクリニック
AGAスキンクリニック
無料
血液検査無料キャンペーン
3400円/月~
14000円~
AGAスキンクリニック

※価格は変更になっている場合があります。詳しくは公式サイトをご覧ください。
※無料・割引キャンペーンにつきましては終了している場合がありますので、詳しくは公式サイトの情報をご覧ください。

クリニックの中にはまずはWEB上で無料の相談ができるサービスを実施しているところもあります。自分に合ったAGAクリニックを探して男としての自信を取り戻しましょう。


なにがAGAの治療費用を左右するのか


3224_4

そもそも、なにがAGAの治療費用を左右するのでしょうか。ここでは、内用薬、外用薬、注入薬について詳しく見ていきます。

内用薬

現在、AGAの原因であるDHT作用するAGA治療薬として認可されているのはフィナステリドとデュタステリドの2つだけです。AGAクリニックでは、内側からもAGA対策を施すために、こうした医薬品を処方しています。

フィナステリドを含む医薬品は以下のものがあります。フィナステリドを含む医薬品はだいたい6000円~の費用がかかります。

  • プロペシア
  • クラシエ
  • サワイ

デュタステリドを含む医薬品は以下のものがあります。フィナステリドを含む医薬品よりも2000円~ほど割高になっています。

  • ザガーロカプセル

デュタステリドは、フィナステリドよりも効果が高いとされており、そのため、費用もデュタステリドを含む医薬品の方が割高なのです。

AGA治療薬については、「薄毛治療に用いられる薬についてどこまで知ってる?」のページで詳しく解説していますので、ご一読ください。

AGA専門クリニックでは、上記の医薬品にさらに改良を加え、様々な有効成分を含む独自のブレンドのAGA治療薬を開発しています。そのため、AGA治療薬の費用はクリニックによって幅があります。クリニックによっては、最初の1ヶ月は内用薬が半額になるキャンペーンもありますので、チェックしてみましょう。

外用薬

AGA治療に用いられる外用薬にはミノキシジルという成分が含まれています。外用薬の相場はだいたい7000円~といったところです。

こちらもクリニックによって、オリジナルの配合になっている外用薬もあります。その場合は、少し割高になっているようです。

注入薬

各クリニックが力を入れているのがこの注入薬によるAGA治療です。医学的根拠に基づいた薬品を用いた液体を頭皮に直接注射するというものです。各クリニックによって様々な呼称がありますが、いずれも注入薬によるAGA治療になります。

  • メソセラピー
  • 毛髪再生グロスファクター注入法
  • HARG治療
  • ヘアマトリックス
  • AGAメソセラピ―

注入によるAGA治療の費用はクリニックによってばらつきはありますが、1回50000円~が相場になっているようです。高額ではありますが、海外で開発され効果が期待できるとされている技術などを用いているクリニックもあります。より髪の根付きを実感するには、こうした最新の治療を受けるのがいいかもしれません。


AGAの治療費用を安くするには?


3224_5

各クリニックのキャンペーンを利用する

AGA専門の各クリニックでは、様々なサービスやキャンペーンを実施しています。こうした制度を利用して賢く安くAGAを治療していくこともできます。

新宿AGAクリニック

半額モニターキャンペーン

施術を体験し、アンケートに協力するだけで施術料が半額になるというおいしいキャンペーン。気軽に始められてお得です。

他にも初診料や血液検査2回が無料になるキャンペーンも実施しています。


新宿美容外科Men’s新宿院

初回費用が大幅に割引されるキャンペーンを実施しています。

  • AGA治療薬の効果を予測するうす毛検査キットは通常39800円のところ、19800円
  • ミノキシジルは1ヶ月10000円のところ、初回限定で4000円
  • 毛髪再生グロスファクター注入法も通常は45000円のところ、初回限定価格9800円

これからAGA治療を始めたいという人にはぴったりのキャンペーンとなっています。


新宿メディカルクリニック

通常10000円の育毛・美髪点滴が初回5000円になるキャンペーン、効果が見られない場合は治療費用全額を返金するという全額返金制度がありますので、安心して治療に入ることができます。


ゴリラクリニック

1時間の無料ヘアチェック&シャンプーサンプルプレゼント、独自配合のAGA治療薬ミノフィアGが30日分16000円のところを初月9800円に割り引くなどの特別企画を実施中です。


AGAスキンクリニック

初診料・血液検査が無料になるキャンペーン実施中。また、オリジナル発毛プランとAGAメソセラピーのセットが最大30%OFFになるキャンペーンも行われており、経済的で効率的にAGA治療を進めていくことができます。


一般の病院でAGA対策をする

AGA専門のクリニックと一般病院とでは治療費に差があります。AGA専門のクリニックでは診察ごとに頭部の写真撮影や細やかなカウンセリングを受けることが出来ますし、お薬もプロペシアやミノキシジルなど複数の選択肢から患者に合ったものを選んでくれます。一般の病院では簡単な問診とプロペシアの処方というのが基本です。費用はAGA専門のクリニックが一般病院に比べて約2倍かかると言われています。(看護師)

AGA専門クリニックに比べると安価な一般病院でのAGA治療ですが、デメリットばかりではありません。一般病院でのAGA治療は、薄毛の進行を抑えるためのAGA治療薬が処方されます。

つまり、いち早くAGAに気づき治療を始めれば、薄毛の悪化を防ぐだけで十分なわけです。それより先の発毛に進む必要がなければ、費用も安く抑えられます。

薄毛の遺伝子を持っている場合は、早めに一般病院を受診してAGAの進行を抑えるというのも一つの手段といえるでしょう。


ジェネリック医薬品を選ぶ

病院やクリニックによってはAGA治療薬のジェネリック医薬品を利用することもできます。リスクなどを勘案したうえで選択できるのであれば、ジェネリック医薬品を積極的に選ぶようにしましょう。


まとめ


3224_6

AGAの治療費用についてまとめました。AGAは早めに発見できれば、コストが比較的かかからずに済むというメリットがあります。もし不安な人は、できるだけ早めにAGA治療を行っている皮膚科などを受診するといいかもしれません。また、クリニックによって実施されているキャンペーン内容が違いますので、十分に吟味して選ぶのがいいでしょう。AGA治療は、実は夏前に最盛期を迎えます。夏になって頭皮の環境が悪化しやすい時期は抜け毛も目立ちます。もともと、動物は夏の時期には毛が抜けるものですから、もしかすると進化の名残なのかもしれません。AGA治療は数ヵ月継続が必要なものです。できるだけコストを抑えれば、続けやすく、だからこそ男としての自信を取り戻すことができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加