ED

2014/12/25

ED治療薬のジェネリックは先発品とは何が違うの?

ED治療薬のジェネリックは先発品とは何が違うの?

ED治療薬として人気を誇るバイアグラの主成分、「シルデナフィル」の特許が切れ現在続々と後発品メーカーからバイアグラのジェネリック医薬品が販売されています。今回の相談者の男性もバイアグラのジェネリックに興味を持っていますが、先発品のバイアグラとの違いは価格だけでしょうか?それとも何か違いがあるのでしょうか?

40代男性からの相談:「バイアグラのジェネリック医薬品を使ってみたいです」

バイアグラのジェネリック医薬品に興味がある相談者の男性。バイアグラとの違いや価格が気になっています。

最近EDの治療薬であるバイアグラのジェネリックがあることがわかりました。以前は価格が高かったのであきらめていたのですが、ある程度安く飲めそうです。いくつか種類があるようですが、違いはあるのでしょうか?また、価格の違いなどもあれば教えてください。

特許が切れたバイアグラ。各製薬会社からジェネリック医薬品が出ています

ジェネリック医薬品は先発品に比べ開発費用がかからないため、先発品よりも安い価格で利用することができます。

バイアグラは保険が適応されていませんから、もともと高価なものです。ファイザーのバイアグラ50ミリは一錠1500円だったようですが、現在明らかになっている国内のジェネリックでは、キッセイ薬品工業が50ミリで一錠1000円、トーワが一錠1200円とのことです。その他、武田薬品、陽進堂、富士化学工業など続々と販売予定です。(看護師)

薬の効用には差はないが、飲みやすさや利便性で各社の工夫あり

各社同じ成分を利用しているため、基本的に薬の効用も副作用も変わりはありません。

基本的に薬の成分は同じものを使っていて、試験もしていますので、効能に差はないはずです。ただ、添加物は異なっている場合があります。富士化学工業はバイアグラと同じ添加物だそうです。(看護師)

効用は一緒ですが、水なしで飲めたり、味が数種類あったり、服用量に合わせて調整できるよう割り線が入っていたりと、それ以外の部分で各社が様々な工夫をしています。

バイアグラとは形が同じであったり、丸くなっていたり、色が青やピンクのもの、割り線があったりなかったりと、それぞれ様々です。(割り線が入っていれば、50ミリではなく25ミリを使用していた人に便利です)トーワのは、水なしで飲めるOD錠になっています。味もコーヒー風味とレモン風味があります。(看護師)

<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加