メンタル

2017/03/07

イライラしてしょうがない! どうすれば穏やかになれる?

イライラしてしょうがない! どうすれば穏やかになれる?

日々様々なシーンでイライラしてしまう…。通勤途中の駅で、電車の中で、会社で…。こんなイライラを和らげるにはどうすればいいのでしょうか。専門家にお聞きしました。

50代男性からの相談:「イライラが募って、自分のことが不安に感じてしまいます」

私は生来、せっかちな性格ですが、その傾向がこの年齢になって、さらにひどくなってきたようなのです。
自分がせっかちなだけでなく、人がぐずぐずしているのを見るとそれに耐えられなくなります。イライラして、家族を怒鳴ってしまうこともめずらしくありません。イライラする対象は家族だけではありません。たとえば、銀行のATMなどで、前の人が少々手間取ったりしていると、思わず注意したくなるような衝動に駆られます。通帳記入で少し時間がかかっているだけでも、許せない気持ちになってしまうのです。
この傾向がさらに進むと、やがて人に対して暴力をふるうようになってしまうのでないかと、不安になります。何か、改善する方法はないでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう

>>ちょっとしたことで怒ってしまう自分を変えたいです

イライラを和らげる方法とは?

専門家にイライラを和らげる方法についてお聞きしました。

イライラする原因として、自分の思い通りに行かないことでストレスがたまっている場合、肝機能が低下しているなど体の不調が原因の場合、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルやビタミンBやビタミンCといった栄養素が不足している場合などがあります。そして、不安になると交感神経が刺激されるために余計にイライラしやすくなります。(医師)
相談者さんの場合、元々の性格はあるにしても、最近、イライラが強まっているようですが、何かストレスになるようなことが身の回りで起こっていることはないでしょうか? 睡眠不足や疲れがたまっていませんか? 健康上の問題点などはないでしょうか? もし、あるようでしたら、まずは、かかりつけ医の先生でもいいので相談してみてはいかがでしょうか。(医師)
以下は、イライラを和らげる対処法となりますので、試してみてはどうかと思います。(医師)
手首の小指側の少しくぼんだ部分(神門というツボ)を親指で押します。1・2・3・4・5と徐々に力を入れて押していき、今度は、5・4・3・2・1と徐々に力を抜きながら指圧します。神門は、セロトニンという気持ちを安定させる働きを持つ脳の伝達物質の分泌を促すツボです。(医師)
その他、手の甲で親指と人差し指から伸びている骨が交わるところの窪み(合谷というツボ)を指圧することも、活発になった交感神経の働きを抑え、気持ちを穏やかにする効果があります。(医師)

自分自身と向き合う時間が必要

心理カウンセラーからは自分自身と向き合うことの大切さについて解説していただきました。

イライラが募って、家族や周囲の行動が気になってしまうのですね。あなたは、何にそんなに焦りを感じているのでしょうか。自分自身の社会的な立場の揺らぎでしょうか、仕事が忙しすぎて余裕がないからでしょうか。(心理カウンセラー)
ATMが混むのも、おっとりとした人がいるのも、機械に弱く時間がかかる人がいるのも、最近増えたわけではなく、あなた自身のイライラが、相手に投影されているだけだと考えることができます。自分のペースで過ごしている相手に対して理不尽な怒りを抱く前に、自分がなぜ、理不尽な怒りを抱くようになったのかを自問自答することが大切です。(心理カウンセラー)
もしかしたら、不眠や体調不良などの体調の不安を抱えていませんか? 自分の身体や能力が年齢とともに、衰えている不安を感じていませんか? 怒りの原因の多くは、自分の価値観とぶつかったときにおこるといわれています。なぜ、最近になって他人の行動に怒りを抱くまでになったのでしょうか。(心理カウンセラー)
あなたは、今、自分を大切に感じていますか? 今のあなたは、自分の感情を優先して、相手をコントロールしたいと感じていることになります。あなた自身も、誰かに、何かにそうされているのでしょうか。まずは、自分自身の気持ちを掘り下げてみてください。同時に、十分な睡眠をとり、体を動かし、自然の移り変わりに目を配る心の余裕を持つように心がけて欲しいと思います。(心理カウンセラー)
自然はずっと変わらずに四季の変化を届けてくれています。焦らずに、生きるヒントをくれるはずです。怒りを抑える方法を学ぶなら、アンガーマネジメントを学ぶとよいと思います。(心理カウンセラー)

ついイライラしてしまうことはありますが、それが自分自身を苦しめてしまうのであれば、変わる必要があります。まずは、イライラを和らげるツボを押してみましょう。そして、深呼吸して自分自身を見つめ直す時間を設けるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加